宮城スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮城県総合運動公園 > 宮城スタジアム
宮城県総合運動公園 宮城スタジアム
"ひとめぼれスタジアム宮城"
MiyagiStadium2007-4-29 cropped.jpg宮城スタジアム(2007年4月29日撮影)
宮城スタジアムの位置(宮城県内)
宮城スタジアム
施設情報
所在地 宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1
位置 北緯38度20分12.913秒
東経140度57分11.185秒
座標: 北緯38度20分12.913秒 東経140度57分11.185秒
起工 1996年平成8年)10月
開場 2000年(平成12年)3月31日
所有者 宮城県
運用者 G21指定管理グループ((公財)宮城県スポーツ振興財団・同和興業・セントラルスポーツ)(指定管理者
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107m × 71m
照明 1500 lx
大型映像装置 1基
建設費 約270億円
設計者 針生阿部共同アトリエ
建設者 奥村組
使用チーム、大会
2002 FIFAワールドカップ
ベガルタ仙台(不定期)
収容能力
49,133人
アクセス
JR東北本線利府支線利府駅からバスで10分
北側から見た宮城スタジアム(連結写真)
宮城県総合運動公園南端から見た宮城スタジアムの遠景

宮城スタジアム(みやぎスタジアム)は、宮城県宮城郡利府町宮城県総合運動公園(グランディ・21)内にある陸上競技場サッカー球技場。宮城県が建設・整備し、(公財)宮城県スポーツ振興財団を筆頭とする「G21指定管理グループ」が指定管理者として管理を行っている。

2014年4月1日より全国農業協同組合連合会宮城県本部が命名権を取得し、「ひとめぼれスタジアム宮城」(ひとめぼれスタジアムみやぎ)の呼称を用いている(詳細は後述)。

概要[編集]

仙台市都心部から見て北東方向、仙台市宮城野区と利府町にまたがる松島丘陵の一角に、総事業費約270億円をかけて2000年3月31日に完成した宮城県最大の陸上競技場兼球技場で、収容人員は49,000人あまり。

バックスタンドに架かる大屋根は、伊達政宗兜の前立三日月をモチーフにデザインされたもの。陸上競技の他、サッカーラグビーアメリカンフットボールなどに利用可能。メインスタンド側には『2002 FIFA WORLD CUP/MIYAGI』という宮城会場の証し看板がある。

仙台駅から直線距離で10kmにありながらアクセス問題があり、また観客席に構造的な問題を多く抱えているため、建設費290億円、維持費年間3億円という莫大な予算をつぎ込んだ大規模施設でありながら、施設の稼働率が非常に悪く、慢性的な赤字が大きな課題となっている。箱物行政の象徴、ワールドカップの負の遺産として、ネガティブに語られることも多い。

施設命名権[編集]

2014年1月6日より2月7日まで当スタジアムなど宮城県が所有する7つの体育施設において命名権(ネーミングライツ)の募集が行われ、当スタジアムにおいては全国農業協同組合連合会宮城県本部(JA全農みやぎ)が2014年4月1日から2017年3月31日までの3年間、年額500万円で命名権を取得することで合意した[1]。これにより、「ひとめぼれスタジアム宮城」の呼称を使用している。2017年4月1日から3年間も同条件で更新している[2]

指摘されている問題点[編集]

アクセス問題を中心に多くの問題点を抱えているため、施設の利用者数は低く(→宮城県総合運動公園#利用者数参照)、赤字体質の施設と指摘されている。2006年(平成18年)に宮城県の包括外部監査を実施した鈴木友隆(公認会計士)は、「教育委員会所管を中心とした公の施設の運営状況について (PDF) 」と題した監査報告書の中で、宮城スタジアムを含むグランディ・21の各施設の稼働率の悪さを指摘し、全体的結論として「今後の利用状況の大幅な改善が見込まれない場合には、施設の解体を含め、県は抜本的な見直しを検討する必要がある」とした上で、特に宮城スタジアムについては「平日は貸切のみの利用に限定し、貸切予約のない日は閉館することで相当の費用削減を見込む(ことを検討すべき)」「冬季は休日であっても貸切の利用水準が低く、費用削減効果の観点からも、冬季期間限定の全面閉館も検討する必要がある」との提言を記している。

アクセス[編集]

宮城県総合運動公園#アクセス問題も参照

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するベガルタ仙台2002年Jリーグ ディビジョン1(J1)に昇格して以降、"準ホームスタジアム"として年間数試合を開催してきた。しかし、最寄り駅である利府駅から徒歩で50分から1時間もかかり[3]、周辺道路が片側一車線しかないためシャトルバスも増やしづらく、自家用車による渋滞も頻発する交通の便の悪さや、Jリーグ ディビジョン2(J2)降格で集客力が低下したことなどを背景に、2004年10月以降、4年余り当スタジアムでホームゲームを開催しなかった。

鉄道と徒歩の場合、地図上では利府(4.4km)ではなく新幹線総合車両センター勤務者のために設置された新利府駅(4.1km)からが最も近い、また利府と所要時間は同じながら運行本数が多い岩切駅を推奨する主催者もある[4]

2009年1月から6月にかけて、ユアテックスタジアム仙台(以下、「ユアスタ仙台」)が芝張替え工事で使用不能となるため、その予行演習も兼ねて、2008年11月に仙台のホームゲーム(対サンフレッチェ広島)を開催。チームがJ1昇格争いを繰り広げていたこともあり[注 1]、ユアスタ仙台の最大収容人員を上回る2万人を超す観衆が詰め掛けたものの、スタジアム周辺で渋滞が起きるなど、交通事情の悪さが改めて浮き彫りとなり、課題を残した。

2009年は、シーズン開幕からユアスタ仙台の工事が終了する6月末まで、12試合中11試合を宮城スタジアムで開催[注 2]。前年の反省もあり、スムーズな交通整理によって大きな混乱は起こらなかったものの、アクセスの不便さから、チームが好調だったにもかかわらず観客動員数自体が大きく低下。2001年以降1試合もなかった観客動員数1万人割れを、この11試合の間に3度記録した(うち平日開催が2日あった)。

仙台がJ1に再昇格した2010年は、リーグ戦のうち観客動員数が見込める3試合(4月4日:対鹿島アントラーズ5月15日:対浦和レッズ9月19日:対モンテディオ山形)を当スタジアムで開催、いずれの試合もユアスタ仙台の最大収容人員を上回る2万人を超す観衆が詰め掛け、特にモンテディオ山形戦ではみちのくダービー史上最高となる26391人を記録し、同年の1試合最多観客動員数となった。

2011年はJ1リーグ戦1試合(4月29日:対浦和)を開催予定だったが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)のためユアスタ仙台に変更された(公園全体が避難所、遺体安置所、及び救援物資搬送所などに利用され、一般利用に制限がかかっているため)。2012年も仙台がホームゲーム全試合をユアスタ仙台で開催するのと、震災からの復旧のための修繕工事や芝生の張替えなどのため、宮城スタジアムでの開催は無し。その後急ピッチで補修工事を行い、2012年8月に開幕した「FIFA U-20女子ワールドカップ[注 3] のグループリーグで復旧後の杮落としとなった。2013年11月10日の浦和戦でJリーグでは約3年ぶりに宮城スタジアムで開催されることとなった。

構造[編集]

メインスタンド
フィールドとバックスタンド
スタジアムフィールド部分

バックスタンドの屋根は「政宗の兜の前立三日月」というデザイン先行で設計されたことから、大きく湾曲した屋根が雨避けとしての機能を果たしておらず、少し強い雨だと、吹き込んでくる風雨により観客席はずぶ濡れになってしまう。

デザイン先行の姿勢は観客席の構造にも影響しており、スタンドは傾斜が非常に緩やかであり、球技は観客席とピッチの距離も遠いため臨場感に欠ける。

ジンクス[編集]

他にジンクス的なものとして、仙台は2008年まで宮城スタジアムで勝利なしと相性が悪く(2009年にようやく初勝利を挙げ、2010年は先述J1リーグ戦3試合で2勝1分けと無敗だった)、サポーターから嫌われている。また、2002年の日韓共催W杯において、日本代表がトルコ代表に0-1で敗れ、ベスト16で大会を去っている。

施設概要[編集]

  • 所在地 - 宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1
  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • 収容人員 - 49,133人
    • メインスタンド - 2層式
  • 照明設備 - 最大1500Lx(屋根の庇に設置、照度可変)
  • 大型映像装置 - 1基
  • トラック - 全天候型ウレタン舗装
    • 1周400m×9レーン
  • フィールド - 寒地型西洋芝
    • 各種球技対応。ただしW杯終了後にピッチを一部改修したためFIFA規定を満たさなくなったが、2005年に再改修してFIFA規定に充足し、その年の9月に国際親善サッカー試合が開催された。2009年にも開催された(当初は九州石油ドーム(現:大分銀行ドーム)で行う予定が芝生コンディション悪化のため変更されたもの)
  • 補助競技場
    • 日本陸上競技連盟第3種公認
    • トラック - 全天候型ウレタン舗装、400m×8レーン
    • フィールド - 高麗芝

大規模集客イベント実績[編集]

スポーツ[編集]

国民体育大会全国障害者スポーツ大会、陸上競技大会以外は、全てサッカーの大会。

月日 イベント名 結果 観客数
2000年 6月11日 キリンカップサッカー2000 日本代表 1-1 スロバキア代表 45,831人
8月26日 Jリーグオールスターサッカー J-EAST 2-5 J-WEST 32,105人
10月6日-8日 第84回日本陸上競技選手権大会
2001年 10月13日
10月18日
第56回国民体育大会秋季大会(新世紀・みやぎ国体)
10月27日
10月29日
第1回全国障害者スポーツ大会翔く・新世紀みやぎ大会
2002年 6月9日 2002 FIFAワールドカップ G組メキシコ代表 2-1 エクアドル代表 45,610人[注 4]
6月12日 F組スウェーデン代表 1-1 アルゼンチン代表 45,777人[注 4]
6月18日 決勝T 1回戦】日本代表 0-1 トルコ代表 45,666人[注 4]
2005年 9月7日 キリンチャレンジカップ 日本代表 5-4 ホンジュラス代表 45,198人
2009年 10月14日 キリンチャレンジカップ 日本代表 5-0 トーゴ代表 32,852人
2010年 9月19日 Jリーグディビジョン1 第23節 ベガルタ仙台 2-0 モンテディオ山形 26,391人
2012年 8月19日 2012 FIFA U-20
女子ワールドカップ
A組ニュージーランド代表 2-1 スイス代表 09,542人
【A組】日本代表 4-1 メキシコ代表
8月22日 【A組】メキシコ代表 2-0 スイス代表 09,061人
【A組】日本代表 2-2 ニュージーランド代表
8月27日 C組ノルウェー代表 4-1 アルゼンチン代表 01,712人
D組アメリカ合衆国代表 0-3 ドイツ代表
2013年 8月14日 キリンチャレンジカップ 日本代表 2-4 ウルグアイ代表 45,883人

宮城スタジアムカップ[編集]

2004年から当スタジアムで行われていたサッカー大会。宮城県内チームの他、2種年代の強豪チームを招待していた[5]

年度 優勝 準優勝
1 2004 東京ヴェルディ1969 帝京
2 2005 前橋育英 青森山田
3 2006 滝川第二 ベガルタ仙台
4 2007 FC東京 市立船橋
5 2008 前橋育英 野洲
6 2009[6] 東福岡 前橋育英

コンサート[編集]

月日 アーティスト名 イベント名 備考
2002年 9月21日 SMAP SMAP '02 "Drink! Smap! Tour"
2003年 9月6日 SMAP SMAP '03 "MIJ Tour" ツアーファイナル
2010年 7月17日 EXILE LIVE TOUR 2010 "FANTASY" ツアー初日
2013年 9月22日 サザンオールスターズ SUPER SUMMER LIVE 2013 「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 ツアーファイナル
2014年 9月20日 GLAY GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary 観客数5万5000人[7][8]
2015年 9月12日 Mr.Children Mr.Children Stadium Tour 2015 未完
2015年 9月19日 - 23日[注 5] ARASHI BLAST in Miyagi
2018年 9月1日 - 2日 乃木坂46 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 ツアーファイナル[9]

公園内その他の施設[編集]

  • 宮城県総合運動公園総合体育館(セキスイハイムスーパーアリーナ)
  • 宮城県総合運動公園総合プール
  • 宮城県総合運動公園テニスコート
  • 宮城県総合運動公園合宿所(リフレッシュプラザ)

アクセス[編集]

大規模イベント開催時には、JR仙台駅仙台市地下鉄南北線泉中央駅からシャトルバスが設定される例が見られる。

電車利用
高速バス利用
  • 京王電鉄バス宮城交通高速バス広瀬ライナー号」(新宿~仙台・石巻)で「利府役場前」バス停下車
    • 利府役場前からミヤコーバス菅谷台・青葉台線に乗り換えて「菅谷台3丁目」(または「菅谷台4丁目グランディ21入口」)バス停で下車。
    • 利府役場前から徒歩2.5 km(標準的な徒歩所要時間は32分だが、途中に上り坂があるため45分かかる場合あり)
車利用

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ この年、チームは最終的に3位となり、J1・J2入れ替え戦の出場権を獲得したが、J1で16位のジュビロ磐田に敗れ、J1昇格を逃した。
  2. ^ 残り1試合は、2009年5月23日に福島県営あづま陸上競技場で開催(対横浜FC)。これは、同日に当スタジアムが県高校総体会場として使用しており、代替開催となったためである。
  3. ^ 当初はウズベキスタン開催予定が治安と施設の不安から開催国を変更したもの。
  4. ^ a b c 販売数
  5. ^ 21日は休演日
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
県総合運動公園陸上競技場
富山市
国民体育大会
主競技場

新世紀・みやぎ国体
次代:
春野総合運動公園陸上競技場
高知市