静岡県小笠山総合運動公園スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小笠山総合運動公園 > 静岡県小笠山総合運動公園スタジアム
静岡県小笠山総合運動公園スタジアム
"エコパスタジアム"
エコパスタジアム
静岡県小笠山総合運動公園スタジアムの位置
施設情報
所在地 日本の旗静岡県袋井市愛野2300-1
位置 北緯34度44分35.55秒
東経137度58分13.83秒
座標: 北緯34度44分35.55秒 東経137度58分13.83秒
起工 1998年3月[1]
開場 2001年3月26日[1]
所有者 静岡県
運用者 静岡県サッカー協会グループ
グラウンド 天然芝(106 m × 72 m)
ピッチサイズ 105 m × 68 m
大型映像装置 2基
建設費 292億5,493百万円[1]
設計者 佐藤総合計画・斎藤公男JV[1]
建設者 鹿島・竹中・若杉・丸明JV[1]
住友・戸塚JV[1]
大林・木内・須山・川島JV[1]
銭高・石川JV[1]
大平・岡田・明管JV[1]
西原・浅岡・永井JV[1]
浅岡工業[1]
トーエネック[1]
明光・池戸JV[1]
新生・前島・川北JV
使用チーム、大会
静岡国際陸上競技大会
ジュビロ磐田(Jリーグ、不定期)
清水エスパルス(Jリーグ、不定期)
2002 FIFAワールドカップ
全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会
収容能力
50,889人
アクセス
#アクセスを参照。

静岡県小笠山総合運動公園スタジアム(しずおかけんおがさやまそうごううんどうこうえんスタジアム、英語: Ogasayama Nature and Sports Park Stadium)は、静岡県袋井市小笠山総合運動公園にある陸上競技場球技場としても使用される。愛称は、エコパスタジアム静岡スタジアム エコパ英語: Sports Park ECOPA)。施設は静岡県が所有し、静岡県サッカー協会グループが指定管理者として運営管理を行っている。

歴史[編集]

袋井市と掛川市の市境付近で整備が進められていた小笠山総合運動公園内に2001年完成。愛称「エコパ(ECOPA)」は、小笠山に近いことから「山彦」を意味する「Echo」と、友達・仲間、地域・自然との共生を図るという意味合いを込めて「友」を意味する「Pal」から合成した造語である。メインスタンドには、W杯開催スタジアムであることを示す「FIFA WORLD CUP/SHIZUOKA」と記されたレリーフが設けられている。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する清水エスパルスジュビロ磐田藤枝MYFCがホームゲームの一部を開催している。なお、スタジアムのこけら落とし試合はは2001年のJ1・1st第9節(5月12日)の清水vs磐田であり、この試合の観衆52,959人はスタジアム最多観客動員である。

2006年4月1日、静岡県サッカー協会を中心とする企業体が指定管理者となった。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • トラック:全天候舗装、400m×9レーン
    • 2004年以降、Jリーグ公式戦や国際Aマッチなどでは、ピッチの四隅がトラックに掛かるため、当該箇所に人工芝を仮に敷設する処理を行う場合がある。
  • フィールド:天然芝
  • 照明設備:屋根と一体化
  • スコアボード:大形映像装置2基(両ゴール裏サイド)
  • 収容人員:全席2層式による50,889人。このうち最前列は5,236人分の可動座席となっており、サッカーの国際試合やJリーグの試合でも特に集客の見込める試合のみで使用される。固定客席数は45,653席。
  • 構造:屋根は波打つ形状の膜屋根で、天秤式の片持ち梁構造をとっている。ピン支持された鉄骨の骨組は客席方向に張り出し、その荷重をケーブルで支えることによって成り立つテンセグリック構造となっている。

定期開催[編集]

陸上競技[編集]

サッカー[編集]

過去に開催されたイベント[編集]

公園内その他の施設[編集]

アクセス[編集]

電車[編集]

自動車[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「静岡スタジアム エコパ」、『近代建築社2001年9月
  2. ^ a b c アクセス 公式サイト 2013年7月8日閲覧

参考文献[編集]

  • 日本の構造技術を変えた建築100選(日本建築構造技術者教会編・彰国社)

外部リンク[編集]

先代:
春野総合運動公園陸上競技場
高知市
国民体育大会
主競技場

NEW!!わかふじ国体
次代:
熊谷スポーツ文化公園
熊谷市