ソウルワールドカップ競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソウルワールドカップ競技場
서울 월드컵 경기장
施設情報
所在地 韓国の旗 ソウル特別市麻浦区城山洞515
位置 北緯37度34分05.6秒 東経126度53分50.5秒 / 北緯37.568222度 東経126.897361度 / 37.568222; 126.897361座標: 北緯37度34分05.6秒 東経126度53分50.5秒 / 北緯37.568222度 東経126.897361度 / 37.568222; 126.897361
起工 1998年11月
開場 2001年11月
グラウンド
ピッチサイズ 105m × 68m
建設費 180 Mio. Euro
使用チーム、大会
FCソウルKリーグ・2004-)
2002 FIFAワールドカップ
2007 FIFA U-17ワールドカップ
東アジアカップ2013
収容能力
66,806

ソウルワールドカップ競技場: 서울월드컵경기장, : Seoul World Cup Stadium)は、大韓民国ソウル特別市麻浦区にあるサッカー専用スタジアム

概要[編集]

2002 FIFAワールドカップの開催を目的に作られ、2001年11月に完成。収容人員は66,806人と、サッカースタジアムとしてはアジア最大。開会式の他、開幕戦のフランスvsセネガルや、準決勝の韓国vsドイツなどが開催された。

現在は韓国代表の試合が開催されるほか、FCソウルのホームスタジアムとなっている。2013年7月、サッカー東アジアカップ2013の会場の一つとして利用された。その他ドリームコンサートなどといった音楽イベントも行っている。また、スタジアムの客席の下にはショッピングセンター(HOMEVER:旧カルフール)やシネマコンプレックスがあり、試合がない日も賑わう。

FCソウルの試合が無い日には競技場内が公開されており、観客席や選手のロッカー・ピッチサイドまで入ることができる。入場料は1000ウォン(2008年5月現在)。

当初は、上岩洞(サンアムドン)の蘭芝島ゴミ処分場跡での建設が予定されていたため、現在もこのスタジアムは「上岩」(サンアム)と呼ばれることがある。実際の建設場所は隣接する城山洞(ソンサンドン)となっており、上岩洞には5つのテーマを持つ公園からなる広大なワールドカップ公園が作られている。

ワールドカップ2002の当競技場での結果[編集]

アクセス[編集]

エピソード[編集]

外部リンク[編集]