城南FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
城南FC
原語表記 성남 FC
クラブカラー 黒&金
創設年 1989年
所属リーグ Kリーグ
所属ディビジョン Kリーグチャレンジ(2部)
ホームタウン 城南市
ホームスタジアム 炭川総合運動場
収容人数 16,000
代表者 パク・キュナン
監督 大韓民国の旗 金鶴範
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

城南FC(ソンナムFC、朝鮮語: 성남 FC英語: Seongnam FC)は、韓国の北西部、京畿道城南市をホームタウンとする、韓国プロサッカーリーグ(Kリーグチャレンジ)に加盟するプロサッカークラブ。

かつては「世界基督教統一神霊協会」(統一教会)系企業の一和(イルファ)をスポンサーとしており、クラブにも教団の色が現れていた。一和は高麗人参濃縮茶、メッコールの製造元。炭川総合運動場をホームスタジアムに使用している。

しかし統一教会設立者・総裁である文鮮明が2012年9月に死去した後、統一教会グループはスポーツ関連事業から手を引き、チームの財政自立を求めた。また、チームの財政難が深刻なこともあるため、2013シーズンをもって「城南一和」の名前が消えることが濃厚となっていた。ホームタウンを安山市へと移転する案もあったが、2013年10月2日、城南市は市民クラブとして城南一和を買収して再生させることを発表した。チーム名変更に伴い、エンブレムもペガサス(天馬)からカササギ(城南市の鳥)に変更されている。

一時は女子チーム「忠南一和天馬」を持ちWKリーグに参加していたが、2012年シーズン終了後に解散している。

歴史[編集]

クラブは1988年にソウル江北地区を本拠地として、一和天馬(イルファ・チョンマ、일화 천마)のクラブ名で創設された。1993年から国内リーグを3連覇、1995年にはアジアクラブ選手権にも優勝して、1996年AFC選定年間最優秀クラブ賞を受賞した[1]

1996年に本拠地を天安市に移し、天安一和天馬(チョナン・イルファ・チョンマ、천안 일화 천마)に改称。1998年から2年連続で最下位になるなど低迷した。2000年からは本拠地を城南市に移し、城南一和天馬に改称。2001年からリーグを3連覇した。豊富な資金力で次々とスター選手を獲得したことから、この時期は「韓国版レアル・マドリード」と呼ばれた[2]

AFCチャンピオンズリーグには2002年2003年開催の第1回大会で初出場したが、この時はグループリーグで敗退。続く2004年第2回大会にも出場し、決勝進出。決勝戦ではアル・イテハドサウジアラビア)と対戦し、アウェーでの第1戦を3-1で勝利するが、続くホームでの第2戦を0-5で落とし、逆転で優勝を逃す。その後、2年連続で出場を逃したが、2007年大会で3年ぶりの出場。この時は準決勝で浦和レッズ日本)と対戦し、第一戦・第二戦ともに2-2で引き分け、アウェーゴールも同点となり延長戦でも決着せず。PK戦にまでもつれ込んだが、そのPK戦を3-5で落とした。3年後の2010年大会では2度目の決勝進出。日本(東京国立競技場)で行われた決勝戦ではゾブ・アハン(イラン)を3-1で降し、初優勝。アジア代表として同年のFIFAクラブワールドカップに出場し、4位となる。

2014年のKリーグクラシックから「城南FC」でリーグ戦に参加している。2016年はKリーグクラシック11位で昇降プレーオフに出場し江原FCに敗れ、2017年からクラブ史上初のKリーグチャレンジ(2部)降格となった。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 カップ チャンピオンシップ
1989 Kリーグ 5位 - 大会なし
1990 Kリーグ 6位 - 大会なし
1991 Kリーグ 5位 - 大会なし
1992 Kリーグ 2位 - 大会なし
1993 Kリーグ 1位 - 大会なし
1994 Kリーグ 1位 - 大会なし
1995 Kリーグ 前期1位
後期7位
- 優勝
1996 Kリーグ 前期9位
後期5位
ベスト8 資格なし
1997 Kリーグ 8位 準優勝 大会なし
1998 Kリーグ 10位 ベスト8 資格なし
1999 Kリーグ 10位 優勝 資格なし
2000 Kリーグ 3位 準優勝 3位
2001 Kリーグ 1位 ベスト8 大会なし
2002 Kリーグ 1位 ベスト4 大会なし
2003 Kリーグ 1位 ベスト16 大会なし
2004 Kリーグ 前期8位
後期9位
ベスト32 資格なし
2005 Kリーグ 前期6位
後期1位
ベスト16 1回戦敗退
2006 Kリーグ 前期1位
後期9位
ベスト32 優勝
2007 Kリーグ 2位 ベスト16 準優勝
2008 Kリーグ 5位 ベスト8 1回戦敗退
2009 Kリーグ 2位 ベスト8 準優勝
2010 Kリーグ 5位 ベスト8 2回戦敗退
2011 Kリーグ 10位 30 9 8 13 43 47 −4 35 優勝 資格なし
2012 Kリーグ 12位 44 14 10 20 47 56 −9 52 ベスト16 大会なし
2013 Kクラシック 8位 38 17 9 12 51 42 +9 60 ベスト16 大会なし
2014 Kクラシック 9位 38 9 13 16 32 39 −7 40 優勝 大会なし
2015 Kクラシック 5位 38 15 15 8 41 33 +8 60 ベスト8
2016 Kクラシック 11位 38 11 10 17 47 51 −4 43 ベスト8 大会なし
2017 Kチャレンジ 4位 37 13 14 10 38 31 +7 53 ベスト8 大会なし

現所属メンバー[編集]

2015年8月29日 現在
No. Pos. 選手名
1 大韓民国の旗 GK 金東俊
3 大韓民国の旗 DF チェ・ジュンギ
5 クロアチアの旗 DF マリン・オルスリッチ
6 大韓民国の旗 MF 金ジョン鉉
7 ブラジルの旗 FW エデル
8 大韓民国の旗 MF ジョ・ヒョンウ
9 大韓民国の旗 FW チョン・サンミン
10 大韓民国の旗 MF 文相潤
11 大韓民国の旗 MF ソ・ボミン
14 大韓民国の旗 DF イ・ハクミン
15 大韓民国の旗 DF イ・ジミン
17 大韓民国の旗 MF 呉昌炫
No. Pos. 選手名
20 大韓民国の旗 MF ヨン・ジェウォン
21 大韓民国の旗 GK キム・ケンベ
30 大韓民国の旗 MF 金東煕
35 大韓民国の旗 DF ヤン・ジュンヨン
39 大韓民国の旗 FW ナム・ジュンジェ
40 ブラジルの旗 MF ムラーリャ
監督

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Award 1996”. アジアサッカー連盟. 2008年6月7日閲覧。
  2. ^ 吉崎 英治『週刊サッカーマガジン』(ベースボールマガジン社、2004年02月17日号 No.960、108ページ)

外部リンク[編集]