AFCチャンピオンズリーグ2018

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AFCチャンピオンズリーグ2018
AFC Champions League 2018
大会概要
日程 1月16日-11月10日
チーム数 46 (20連盟)
大会結果
優勝 日本の旗 鹿島アントラーズ (1回目)
準優勝 イランの旗 ペルセポリス
大会統計
試合数 140試合
ゴール数 418点
(1試合平均 2.99点)
総入場者数 1,990,813人
(1試合平均 14,220人)
得点王 アルジェリアの旗 バグダード・ブーンジャーアル・サッド[2](13点)
最優秀選手 日本の旗 鈴木優磨鹿島アントラーズ[1]
 < 20172019

AFCチャンピオンズリーグ2018 (AFC Champions League 2018) は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、16回目のAFCチャンピオンズリーグである (前身も含めれば37回目)。

概要[編集]

優勝チームはFIFAクラブワールドカップ2018の出場権を獲得する。

今大会より優勝賞金を300万米ドルから400万米ドルに、準優勝賞金を150万米ドルから200万米ドルにするなど賞金が引き上げられる[3]

各国出場枠[編集]

  • AFCランキング上位24協会はグループステージもしくはプレーオフに出場しうる[4]
  • 東西両地区ともに、合計12のグループステージ参加枠と4つのプレーオフ勝者枠が与えられる。
  • 東西両地区の上位2協会は3つのグループステージ出場枠と1つのプレーオフ枠を有する。
  • 東西両地区のポイント3位・4位の協会は2つのグループステージ出場枠と2つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 東西両地区のポイント5位の協会は1つのグループステージ出場枠と2つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 東西両地区のポイント6位の協会は1つのグループステージ出場枠と1つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 東西両地区のポイント7位~12位の協会は1つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 各協会の出場枠数は、各協会の国内リーグ最上位ディビジョンの総チーム数の3分の1まで認められる (オーストラリアは最上位ディビジョンであるAリーグの総チーム数が10チームなので、基準を満たしていても最高3枠までとなる)。

確定した出場枠は、2017年12月6日に発表された[5]

各国協会の評価
基準をクリア
出場枠を認められず
出場枠についての注釈
  1. ^ サウジアラビア:本来であれば、ポイントが東西各地区で2位の協会はグループステージ出場3枠とプレーオフ出場1枠を得られる(エントリーマニュアル[8] 第4.2節)ものの、サウジアラビアのチームでAFCチャンピオンズリーグのクラブライセンスを受けた5チーム[9] のうち、リーグ戦の戦績により出場できるための条件の一つである「当該協会の最上位リーグで上位半分以上の順位であったこと」(エントリーマニュアル[8] 第12.6節)を満たせたチームが2チームしかなかった[10] ため、サウジアラビアからはその2チームのみが出場する。
  2. ^ a b c イラク・シリア・レバノン:AFCチャンピオンズリーグの規定を満たすクラブライセンス制度を設けていないため、出場枠なし[9]
  3. ^ クウェート:クラブライセンス制度を設けていないため、出場枠なし[9]
  4. ^ オーストラリア:本来であれば、ポイントが東西各地区で4位の協会はグループステージ出場2枠とプレーオフ出場2枠を得られる(エントリーマニュアル[8] 第4.2節)ものの、当該協会の最上位リーグのチーム数の3分の1までしか出場枠が認められないため(エントリーマニュアル[8] 第5.4節)、出場枠が3しか認められなかった(直近のシーズンのAリーグは10チームで実施)。
  • なお、各協会の順位により本戦から出場できるチーム数を実際に認められなかった場合は、それ以外の上位の協会のチームで本来予選から出場するチームを本戦からの出場に繰り上げる(ただし1協会から直接本戦に出場できるのは3チームまで。エントリーマニュアル[8] 第5.8節・第11.3節)。サウジアラビアとイラクがこの規定に該当したため(サウジアラビア:順位による本戦からの出場枠が3あったにもかかわらず2チームしか出場できない、イラク:順位による本戦からの出場枠が1あったにもかかわらず出場できない)、イラン第3代表とカタール第3代表は予選からの出場ではなく本戦からの出場に繰り上げられた。

出場チーム[編集]

出場チームの出典:[7]

  1. ^ インドネシア (IDN): リーガ1王者であるバヤンガラはAFCライセンスを取得出来なかったため、同リーグ2位であるバリ・ユナイテッドが繰り上げで予選1回戦から出場する[11]
  2. ^ イラン (IRN): ハズフィー・カップを優勝したナフト・テヘランAFCライセンスを取得出来なかったため、ペルシアン・ガルフ・プロリーグ3位のトラークトゥール・サーズィーが繰り上げでグループステージから出場、同リーグ4位のゾブ・アハンが繰り上げでプレーオフに出場する。
  3. ^ 日本 (JPN): 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の優勝がセレッソ大阪のため、リーグ4位の柏レイソルが繰り上げで出場する。 (セレッソ大阪はリーグ戦で3位以内が確定し、出場権を確定させているため。)
  4. ^ カタール (QAT): カタール・スターズリーグ4位のアル・ジャイシュ・ドーハは、レフウィヤに吸収されアル・ドゥハイルSCとなったため、同リーグ5位のアル・ガラファが繰り上げでプレーオフに出場する[12]
  5. ^ シンガポール (SIN): Sリーグ2017を優勝したのがアルビレックス新潟シンガポールであり、シンガポールを代表して出場する資格を有しないため、2位のタンピネス・ローバースFCが代わって出場する。
  6. ^ アラブ首長国連邦 (UAE): アラビアン・ガルフ・リーグ3位のアル・アハリ・ドバイアル・シャバーブドバイCSCと合併し、シャバブ・アル・アハリ・ドバイとなったが、AFCライセンスを取得出来なかったため、同リーグ4位のアル・アインが繰り上げでプレーオフに出場する (当初はAFCのライセンスを得られなかったが、後に獲得した)[13][14]
  7. ^ ベトナム (VIE): Vリーグ1優勝のQNKクアンナムはAFCライセンスを取得出来なかったため、同リーグ2位であるタインホアが繰り上げで予選2回戦から出場する[15]

日程[編集]

2018年度のAFCチャンピオンズリーグの日程は以下のとおりである[16]

区分 抽選日 第1戦 第2戦
予選ステージ 予選1回戦 抽選なし 2018年1月16日
予選2回戦 2018年1月23日
プレーオフステージ プレーオフラウンド 2018年1月30日
グループステージ 第1節 2017年12月6日
(プタリン・ジャヤ, マレーシア)
2018年2月12-14日
第2節 2018年2月19日-21日
第3節 2018年3月5-7日
第4節 2018年3月12-14日
第5節 2018年4月2-4日
第6節 2018年4月16-18日
ノックアウトステージ ラウンド16 2018年5月7-9日 2018年5月14-16日
準々決勝 2018年5月-6月 2018年8月27日-29日 2018年9月17日-19日
準決勝 2018年10月1日-3日 2018年10月22日-24日
決勝 2018年11月3日 2018年11月10日

プレーオフ[編集]

プレーオフは、予選1回戦、予選2回戦、プレーオフラウンドの計3回戦制で行われ、プレーオフラウンドに勝利した両地区の8クラブがグループステージに進出する。プレーオフの組み合わせは2017年12月6日に発表された[5][7]

1回戦[編集]

2018年1月16日に行われた。

チーム #1 スコア チーム #2
東地区
バリ・ユナイテッド インドネシア 3 - 1 シンガポール タンピネス・ローバース
シャン・ユナイテッド ミャンマー 1 - 1 (延長)
(3 - 4 p)
フィリピン セレスFC

2回戦[編集]

2018年1月24日に行われた。

チーム #1 スコア チーム #2
東地区
東方 香港 2 - 4 ベトナム タインホア
ムアントン・ユナイテッド タイ王国 5 - 2 マレーシア ジョホール・ダルル・タクジム
チェンライ・ユナイテッド タイ王国 2 - 1 (延長) インドネシア バリ・ユナイテッド
ブリスベン・ロアー オーストラリア 2 - 3 フィリピン セレスFC

プレーオフ[編集]

2018年1月30日に行われた。

チーム #1 スコア チーム #2
西地区
アル・アイン アラブ首長国連邦 2 - 0 バーレーン マーリキーヤ
ゾブ・アハン イラン 3 - 1 インド アイゾール
アル・ガラファ カタール 2 - 1 ウズベキスタン パフタコール
ナサフ・カルシ ウズベキスタン 5 - 1 ヨルダン アル・ファイサリー
東地区
水原三星ブルーウィングス 大韓民国 5 - 1 ベトナム タインホア
柏レイソル 日本 3 - 0 タイ王国 ムアントン・ユナイテッド
上海上港 中華人民共和国 1 - 0 タイ王国 チェンライ・ユナイテッド
天津権健 中華人民共和国 2 - 0 フィリピン セレスFC

グループステージ[編集]

出場チーム[編集]

地区 グループ 1 2 3 4
西地区 A アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ アラブ首長国連邦の旗 アル・ワフダ アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン (プレーオフ西1)
B イランの旗 ペルセポリス イランの旗 エステグラル イランの旗 トラークトゥール・サーズィー イランの旗 ゾブ・アハン (プレーオフ西2)
C カタールの旗 アル・ドゥハイル カタールの旗 アル・サッド カタールの旗 アル・ラーヤン カタールの旗 アル・ガラファ (プレーオフ西3)
D サウジアラビアの旗 アル・ヒラル サウジアラビアの旗 アル・アハリ[note 1] ウズベキスタンの旗 ロコモティフ・タシュケント[note 1] ウズベキスタンの旗 ナサフ・カルシ (プレーオフ西4)
東地区 E 大韓民国の旗 全北現代モータース 大韓民国の旗 蔚山現代 大韓民国の旗 済州ユナイテッド 大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス (プレーオフ東1)
F 日本の旗 川崎フロンターレ 日本の旗 セレッソ大阪[note 2] 日本の旗 鹿島アントラーズ 日本の旗 柏レイソル (プレーオフ東2)
G 中華人民共和国の旗 広州恒大 中華人民共和国の旗 上海申花 中華人民共和国の旗 天津権健 (プレーオフ東4) 中華人民共和国の旗 上海上港 (プレーオフ東3)
H オーストラリアの旗 シドニーFC 香港の旗 傑志[note 3] オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド[note 3]


グループA[編集]

チーム 出場権 AHL JAZ GHA TRA
1 サウジアラビアの旗 アル・アハリ 6 4 2 0 9 4 +5 14 ラウンド16進出 2–1 1–1 2–0
2 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ 6 2 2 2 9 9 0 8[注 1] 1–2 3–2 0–0
3 カタールの旗 アル・ガラファ 6 2 2 2 12 9 +3 8[注 1] 1–1 2–3 3–0
4 イランの旗 トラークトゥール・サーズィー 6 0 2 4 2 10 −8 2 0–1 1–1 1–3
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦成績による(アル・ジャジーラ 3-2 アル・ガラファ / アル・ガラファ 2-3 アル・ジャジーラ)。

グループB[編集]

チーム 出場権 DUH ZOB LOK WAH
1 カタールの旗 アル・ドゥハイル 6 6 0 0 13 6 +7 18 ラウンド16進出 3–1 3–2 1–0
2 イランの旗 ゾブ・アハン 6 2 1 3 6 8 −2 7[注 1] 0–1 2–0 2–0
3 ウズベキスタンの旗 ロコモティフ・タシュケント 6 2 1 3 13 9 +4 7[注 1] 1–2 1–1 5–0
4 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワフダ 6 1 0 5 6 15 −9 3 2–3 3–0 1–4
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦成績による。

グループC[編集]

チーム 出場権 PER SAD NSF WAS
1 イランの旗 ペルセポリス 6 4 1 1 8 3 +5 13 ラウンド16進出 1–0 3–0 2–0
2 カタールの旗 アル・サッド 6 4 0 2 11 5 +6 12 3–1 4–0 2–1
3 ウズベキスタンの旗 ナサフ・カルシ 6 3 1 2 4 8 −4 10 0–0 1–0 1–0
4 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル 6 0 0 6 3 10 −7 0 0–1 1–2 1–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法

グループD[編集]

チーム 出場権 EST AIN RAY HIL
1 イランの旗 エステグラル 6 3 3 0 9 5 +4 12 ラウンド16進出 1–1 2–0 1–0
2 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン 6 2 4 0 10 6 +4 10 2–2 1–1 2–1
3 カタールの旗 アル・ラーヤン 6 1 3 2 7 11 −4 6 2–2 1–4 2–1
4 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 6 0 2 4 3 7 −4 2 0–1 0–0 1–1
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法

グループE[編集]

チーム 出場権 JEO TJQ KSW KIT
1 大韓民国の旗 全北現代モータース 6 5 0 1 22 9 +13 15 ラウンド16進出 6–3 3–2 3–0
2 中華人民共和国の旗 天津権健 6 4 1 1 15 11 +4 13 4–2 3–2 3–0
3 日本の旗 柏レイソル 6 1 1 4 6 10 −4 4 0–2 1–1 1–0
4 香港の旗 傑志 6 1 0 5 1 14 −13 3 0–6 0–1 1–0
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法

グループF[編集]

チーム 出場権 SSI ULS MEL KAW
1 中華人民共和国の旗 上海上港 6 3 2 1 10 6 +4 11 ラウンド16進出 2–2 4–1 1–1
2 大韓民国の旗 蔚山現代 6 2 3 1 15 11 +4 9 0–1 6–2 2–1
3 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー 6 2 2 2 11 16 −5 8 2–1 3–3 1–0
4 日本の旗 川崎フロンターレ 6 0 3 3 6 9 −3 3 0–1 2–2 2–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法

グループG[編集]

チーム 出場権 GZE BUR CER JEJ
1 中華人民共和国の旗 広州恒大 6 3 3 0 12 6 +6 12 ラウンド16進出 1–1 3–1 5–3
2 タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド 6 2 3 1 7 6 +1 9 1–1 2–0 0–2
3 日本の旗 セレッソ大阪 6 2 2 2 6 8 −2 8 0–0 2–2 2–1
4 大韓民国の旗 済州ユナイテッド 6 1 0 5 6 11 −5 3 0–2 0–1 0–1
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法

グループH[編集]

チーム 出場権 SSB KAS SYD SSH
1 大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス 6 3 1 2 8 7 +1 10 ラウンド16進出 1–2 1–4 1–1
2 日本の旗 鹿島アントラーズ 6 2 3 1 8 6 +2 9 0–1 1–1 1–1
3 オーストラリアの旗 シドニーFC 6 1 3 2 7 8 −1 6 0–2 0–2 0–0
4 中華人民共和国の旗 上海申花 6 0 5 1 6 8 −2 5 0–2 2–2 2–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法

決勝トーナメント[編集]

  ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                                             
 日本の旗 鹿島アントラーズ 3 1 4  
 中華人民共和国の旗 上海上港 1 2 3  
   日本の旗 鹿島アントラーズ 2 3 5  
   中華人民共和国の旗 天津権健 0 0 0  
 中華人民共和国の旗 天津権健 (a) 0 2 2
 中華人民共和国の旗 広州恒大 0 2 2  
   日本の旗 鹿島アントラーズ 3 3 6  
   大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス 2 3 5  
 タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド 3 0 3  
 大韓民国の旗 全北現代モータース 2 2 4  
   大韓民国の旗 全北現代モータース 0 3 3
(2)
   大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス (p) 3 0 3
(4)
 
 大韓民国の旗 蔚山現代 1 0 1
 大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス 0 3 3  
   日本の旗 鹿島アントラーズ 2 0 2
   イランの旗 ペルセポリス 0 0 0
 イランの旗 ゾブ・アハン 1 1 2  
 イランの旗 エステグラル 0 3 3  
   イランの旗 エステグラル 1 2 3
   カタールの旗 アル・サッド 3 2 5  
 カタールの旗 アル・サッド 2 2 4
 サウジアラビアの旗 アル・アハリ 1 2 3  
   カタールの旗 アル・サッド 0 1 1
   イランの旗 ペルセポリス 1 1 2  
 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン 2 1 3  
 カタールの旗 アル・ドゥハイル 4 4 8  
   カタールの旗 アル・ドゥハイル 1 1 2
   イランの旗 ペルセポリス 0 3 3  
 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ 3 1 4
 イランの旗 ペルセポリス (a) 2 2 4  

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b サウジアラビア第2シードチームとウズベキスタンの第1シードチームは抽選で決定した。
  2. ^ 日本の第2シードチームは組み合わせ抽選時点で確定していなかった。
  3. ^ a b タイと香港の第1シードチームは抽選で決定した。

出典[編集]

  1. ^ Yuma Suzuki of Kashima named 2018 MVP”. アジアサッカー連盟 (2018年11月10日). 2018年11月11日閲覧。
  2. ^ Al Sadd's Bounedjah bags Top Scorer Award”. アジアサッカー連盟 (2018年11月10日). 2018年11月11日閲覧。
  3. ^ AFC increases prize money for 2018 club competitions”. アジアサッカー連盟 (2017年12月7日). 2018年1月20日閲覧。
  4. ^ REVAMP OF AFC COMPETITIONS”. AFC (2014年1月25日). 2016年4月23日閲覧。
  5. ^ a b AFC Champions League 2018 draw concluded”. アジアサッカー連盟 (2017年12月6日). 2018年1月21日閲覧。
  6. ^ a b AFC Member Associations Ranking”. アジアサッカー連盟 (2016年11月30日). 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月18日閲覧。
  7. ^ a b c d AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017 DRAW MECHANISM”. アジアサッカー連盟. 2016年12月18日閲覧。
  8. ^ a b c d e ENTRY MANUAL AFC CLUB COMPETITIONS 2017-2020”. アジアサッカー連盟. 2018年1月20日閲覧。
  9. ^ a b c List of Licensed Clubs for the 2018 AFC Champions League”. アジアサッカー連盟. 2018年1月20日閲覧。
  10. ^ Saudi Pro League Statistics 2016/2017 - League Table and Top Scorers”. サウジ・プロフェッショナルリーグ. 2018年1月20日閲覧。
  11. ^ PSSI Tolak Banding Klub Terkait Lisensi AFC” [PSSI reject club appeals related to AFC license] (インドネシア語). Goal.com (2017年10月31日). 2018年2月12日閲覧。
  12. ^ Lekhwiya, Al Jaish Clubs to Merge into One Club under the Name of Al Duhail Sports Club”. www.qna.org.qa. 2018年2月12日閲覧。
  13. ^ Al Ain ruled out of next year’s ACL”. Gulf News (2017年10月17日). 2018年2月12日閲覧。
  14. ^ Al Ain cleared to play in AFC Champions League”. Gulf News (2017年10月31日). 2018年2月12日閲覧。
  15. ^ AFC: FLC THANH HÓA THAY QUẢNG NAM ĐÁ AFC CHAMPIONS LEAGUE”. Goal.com (2017年11月30日). 2018年2月12日閲覧。
  16. ^ AFC Calendar of Competitions 2018 (PDF)”. AFC. 2018年2月12日閲覧。