高陽ザイクロFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高陽Hi FCから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
高陽ザイクロFC
原語表記 고양 자이크로 FC
クラブカラー 白・赤
創設年 1999年
ホームタウン 高陽市
ホームスタジアム 高陽総合運動場
収容人数 41,000
監督 大韓民国の旗イ・ナギョン
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

高陽ザイクロFC(コヤン・ザイクロFC、朝鮮語: 고양 자이크로 FC英語: Goyang ZAICRO FootballClub)は、韓国の北西部、京畿道高陽市を本拠地とするサッカークラブである。

歴史[編集]

前身の一つであるハレルヤFCは、新東亜グループ総帥であり当時の大韓サッカー協会会長でもあった崔淳永の支援によって、韓国で最初のプロサッカークラブとして1980年に創設された。ハレルヤFCはキリスト教の宣教を目的としており、キリスト教徒の選手たちが創設の中心になった[1]。初代監督は金容植だった。1983年に発足した韓国スーパーリーグ(現Kリーグ)では初代王者となった[2]。1984年は8チーム中4位、1985年は8チーム中最下位に終わった。1983年に創設されたもう一つの前身チームであるインマヌエルFC全国実業サッカー連盟戦で戦うキリスト教系クラブで、1985年にハレルヤとインマヌエルはキリスト教系クラブ同士の合同を行い、インマヌエルFCはハレルヤの2軍としてシーズンを送った。同シーズン終了後にハレルヤはアマチュアに転向し、プロリーグから撤退した[3]

その後はハレルヤもインマヌエルも宣教目的のアマチュアチームとして実業サッカー連盟戦で戦った。インマヌエルは資金難から、1992年に大手小売りグループのイーランド(E-Land)に買収されイーランド・プーマFCとなったが、1998年のIMF危機により資金難に陥り、イーランドに手放され再びアマチュアのインマヌエルFCに戻った。ハレルヤFCもIMF危機により資金難に陥り、それにより同年の韓国FAカップ終了後に解散した。ハレルヤの選手たちは同じく経営的な苦境に立たされていたインマヌエルFCに合流し、クラブ名をハレルヤとして存続した[3]

2003年に始まったKリーグの下位リーグにあたるK2リーグ(現Nリーグ)には初年度から参加している。最初は全羅北道益山市に本拠地を構えていたが、同市に本部がある円仏教の信者からの抗議により、2003年前期リーグでの立ち退きを余儀なくされた[1][4]。そのため2003年後期リーグには参加できなかった[4]。2004年からは金浦市を本拠地として、クラブ名も金浦ハレルヤとした。2007年に安山市へ移転の上名称を安山ハレルヤとし、2012年には安山 H FCと改称。

2013年からクラブはKリーグ2部に相当するKリーグチャレンジに参入することとなり、チームは高陽市に移転して名称を高陽Hi FCに変更した[5]。Kリーグには前身のハレルヤFC時代以来28年ぶりの復帰となる。

高陽市移転とプロ化の際に、これまでのキリスト教色を払拭することを発表している。「Hi」という新しいチーム名は、ファンに対するこんにちはという挨拶の「Hi」であり、ファンに夢と希望を伝えるという意味の「Hope」と地域社会の調和・統合を実現しようという「Intergration」の略であり、より高いところに登って名門球団になろうという意味の「Higher」の略だと発表している[6]。しかし、2013年初頭の中南米合宿が、実際は現地チームとの対戦時に現地ファンの前で礼拝や賛美歌合唱を行う「カトリック諸国に対する宣教活動」という位置づけであり、ニューヨークの韓国人教会での歓迎会でのバナーには「高陽Hi(Hallelujah Immanuel)」という表記があり公式発表のチーム名由来と異なるなど、以前と何も変わっていないという報道がなされ[7]、結局クラブの公式ブログでも、「Hi」という新しいチーム名は前身クラブの「ハレルヤ」と「インマヌエル」の略でもあると正式に認めることになった[6]

2016年より高陽ザイクロFCに名称を変更した。しかし経営陣が政府からのアマチュアサッカー振興基金を着服したことが明るみになり、Kリーグチャレンジで11チーム中最下位に終わった。結局シーズン終了後にKリーグからの脱退を申請し、2017年1月に脱退が承認された。その後は活動していない。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

Kリーグ[編集]

年度 Kリーグ チャンピオンシップ
1983 優勝
1984 前期4位/後期4位 資格なし
1985 8位

Nリーグ[編集]

年度 前期 後期 プレーオフ
2003 3位 不参加 資格なし
2004 8位 10位 資格なし
2005 5位 4位 資格なし
2006 7位 1位 準優勝
2007 9位 7位 資格なし
2008 10位 3位 資格なし
2009 6位 8位 資格なし
2010 13位 10位 資格なし

Kリーグチャレンジ[編集]

シーズン リーグ 順位
2013 Kリーグチャレンジ 06位 35 10 11 14 43 50 −7 41
2014 Kリーグチャレンジ 08位 36 11 14 11 36 41 −5 47
2015 Kリーグチャレンジ 08位 40 13 10 17 46 68 −22 49
2016 Kリーグチャレンジ 11位 40 2 10 28 21 72 −51 16

歴代所属選手[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]