アジアクラブ選手権2001-02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アジアクラブ選手権2001-02は21回目のアジアクラブ選手権である。2002-03シーズンから大会が再編されAFCチャンピオンズリーグとなったため、アジアクラブ選手権としてはこれが最後の大会になった。

水原三星ブルーウィングス(韓国)が2大会連続2度目のアジアチャンピオンに輝いた。

1回戦[ソースを編集]

西アジア[ソースを編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
エステグラル イラン (w/o)1 レバノン アル・ヒクマ
アル・アハリ ヨルダン (w/o)2 サウジアラビア アル・イテハド
アル・クドゥス パレスチナ 2-1 イエメン アル・アハリ 0-0 2-1
ジャブレ シリア 0-2 クウェート アル・クウェート 0-0 0-2
アル・ザウラー イラク 7-1 カタール アル・ワクラ 3-0 4-1
コペトダグ・アシガバート トルクメニスタン 0-4 ウズベキスタン ナサフ・カルシ 0-1 0-3
アル・ワフダ アラブ首長国連邦 bye
ウメド・ドゥシャンベ タジキスタン bye

1 アル・ヒクマが棄権
2 アル・アハリが棄権

東アジア[ソースを編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ソンラム・ゲアン ベトナム (w/o)1 スリランカ サウンダーズSC
ハッピーヴァレー 香港 12-0 マカオ GDランパク 7-0 5-0
スランゴールFA マレーシア 0-7 中華人民共和国 大連実徳 0-2 0-5
ニュー・ラディアント モルディブ 1-3 バングラデシュ ムクティジョッダ・サングサド 1-2 0-1
BECテロ・サーサナ タイ王国 8-1 シンガポール シンガポール・アームド・フォーシズ 3-0 5-1
鹿島アントラーズ 日本 4-12 インドネシア ペルシジャ・ジャカルタ 4-1 -
安養LGチータース 大韓民国 bye
水原三星ブルーウィングス 大韓民国 bye

1 ソンラム・ゲアンが棄権
2 インドネシアの政情が不安定なため、第1戦も鹿嶋で10月24日に開催された

2回戦[ソースを編集]

西アジア[ソースを編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
アル・イテハド サウジアラビア 4-4(a) イラン エステグラル 3-2 1-2
アル・クウェート クウェート 9-3 パレスチナ アル・クドゥス 3-2 6-1
アル・ワフダ アラブ首長国連邦 3-3 (4-3p) イラク アル・ザウラー 1-2 2-1
ナサフ・カルシ ウズベキスタン 7-3 タジキスタン ウメド・ドゥシャンベ 4-1 3-2

東アジア[ソースを編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
水原三星ブルーウィングス 大韓民国 18-0 スリランカ サウンダーズSC 18-0 (w/o)1
ハッピーヴァレー 香港 1-10 中華人民共和国 大連実徳 0-2 1-8
安養LGチータース 大韓民国 11-0 バングラデシュ ムクティジョッダ・サングサド 8-0 3-0
鹿島アントラーズ 日本 3-1 タイ王国 BECテロ・サーサナ 3-0 0-1

1 サウンダーズが棄権したため第2戦行われず

準々決勝[ソースを編集]

西アジア[ソースを編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
イラン エステグラル 3 2 1 0 9 4 +5 7
ウズベキスタン ナサフ・カルシ 3 1 2 0 4 3 +1 5
クウェート アル・クウェート 3 0 2 1 3 6 −3 2
アラブ首長国連邦 アル・ワフダ 3 0 1 2 6 9 −3 1





東アジア[ソースを編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
大韓民国 水原三星ブルーウィングス 3 2 1 0 4 0 +4 7
大韓民国 安養LGチータース 3 0 3 0 2 2 0 3
中華人民共和国 大連実徳 3 0 2 1 1 3 −2 2
日本 鹿島アントラーズ 3 0 2 1 1 3 −2 2



安養LGチータース 大韓民国 1–1 中華人民共和国 大連実徳
Wang Jung-Hyun 85分にゴール 85分 Yan Song 12分にゴール 12分


準決勝[ソースを編集]


3位決定戦[ソースを編集]

決勝[ソースを編集]

優勝[ソースを編集]

アジアクラブ選手権2001-02
大韓民国
水原三星ブルーウィングス
2回目

参考文献[ソースを編集]