本山雅志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本山 雅志 Football pictogram.svg
名前
愛称 モト、マサシ
カタカナ モトヤマ マサシ
ラテン文字 MOTOYAMA Masashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-06-20) 1979年6月20日(37歳)
出身地 福岡県北九州市若松区
身長 175cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ギラヴァンツ北九州
ポジション MF / FW
背番号 43
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2015 鹿島アントラーズ 365 (38)
2016- ギラヴァンツ北九州 36 (0)
代表歴
1998-1999  日本 U-20
2000  日本 U-23
2000-2006 日本の旗 日本 28 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

本山 雅志(もとやま まさし、1979年6月20日 - )は、福岡県北九州市若松区出身のサッカー選手ギラヴァンツ北九州所属。ポジションミッドフィールダーフォワード[1]。元日本代表選手。

来歴[編集]

1979年6月20日、北九州市若松区で鮮魚店を営む一家に生まれる。地元の二島小学校に入学し、1年生からサッカーをはじめた[2]二島中学校を経て1995年に福岡県の強豪校、東福岡高校に進学した。高校では1年生からボランチでレギュラーになり、3年時の1997年に、攻撃的MFとしてインターハイ全日本ユース選手権高校選手権で優勝し、高校サッカー史上初の3冠を達成した。なお、高校選手権の決勝は、後に鹿島のチームメイトになる中田浩二がいる帝京高校との対戦であった。

1998年に鹿島に入団(同期は小笠原満男、中田浩二、曽ヶ端準山口武士中村祥朗)。その年の天皇杯で4試合に出場し、3得点を挙げた。同年のAFCユース選手権ではチームの準優勝に貢献するとともに、自身も高原と並び大会得点王を獲得した。続く1999年には、ナイジェリアで開催されたU-20世界選手権(ワールドユース)の日本代表の一員として準優勝に貢献し、小野伸二と共にベストイレブンに選ばれた。 また、この年から鹿島でもリーグ戦にコンスタントに出場するようになり、翌2000年にはシドニーオリンピックに出場するとともに、A代表に選出され、6月18日ボリビア戦で代表デビューを果たした。さらには2000年、2001年の鹿島のリーグ連覇にスーパーサブとして貢献した[2]

2002年からは、前年限りで退団したビスマルクの背番号10を継承し、名実ともに鹿島の中心選手となった。しかし代表では主戦場としていた左サイドはチーム最大の人材過多のポジションであり、小野、中村俊、三都主、服部、三浦淳らが候補としてひしめいていた。特にスーパーサブのドリブラーとしての役割まで重なり2001年になって帰化した三都主が大ブレイク中であった事もあり、日本と韓国で開催された2002 FIFAワールドカップの代表には選出されなかった。

ジーコが代表を率いるようになった2003年からは代表に招集される機会が多くなり、FWもしくはトップ下としてAFCアジアカップ2004などに参加したものの、ある程度の出場機会が与えられたにも関わらず最後まで無得点だった事でアピールできず、ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップの代表からは外れた。

2007年には6月16日サンフレッチェ広島戦でリーグ戦通算200試合出場を達成し、同試合で鹿島ホーム通算500得点目の記念ゴールを決めた。またプロ10年目にしてはじめてリーグ戦全試合出場を果たし、6年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

2008年から移籍した柳沢敦から鹿島の選手会長を引き継ぐ。シーズン中盤の6月に先天性水腎症を患っていることが判明したが、リーグ戦終了までごく近い関係者にしかその事実を明かさず[3]、国際試合のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含めてほぼフルに出場、リーグ連覇を果たした。12月25日水腎症の手術を受けた。

2014年7月27日のJ1第17節・浦和戦で、クラブ最長の17シーズン目で通算500試合を達成した。

2015年シーズンでは僅か6試合計139分間の出場にとどまったため、「まだピッチに立ち続けたい。プロ選手として、あるべき姿を追い求めたい」との願いから、11月26日、18シーズン在籍した鹿島を退団することが発表され[4][5]12月26日ギラヴァンツ北九州に加入した[1]

2016年11月21日、右ひざ前十字靭帯損傷と診断され、手術をすると発表された[6]

評価・プレイスタイル[編集]

監督であったオズワルド・オリヴェイラは「私が鹿島からのオファーをいただいた時に、私の弟が昔フィジカルコーチをしていた。『アントラーズにはすごい10番がいるぞ、日本一のうまい選手がいるぞ』と彼から聞いて楽しみにして日本に来た。彼に接したり、プレーしている中で確かにそうだなと思った。技術もあり、ドリブルもあり、インテリジェンスという部分もあり、それをどうやって生かしていくのかというところだった。不思議なことに、日本のハーフはサイドでしかプレーしない。それだと武器をもっていても生きない。本山選手の技術や能力を考えれば、真ん中でプレーしてもおもしろいかなと。一番相手が使われたくない場所、バイタルエリアで落ち着いてプレーできるという意味で日本で一番ではないかと思う。長年サッカーの世界で生活しているが、戦術的な理解度とゲームを読む力は5本の指に入るくらいの能力を、彼は持っていると思う。唯一残念な部分は、怪我や病気などフィジカル的な問題で90分間使えないこと」と評している[7]

エピソード[編集]

  • 2008シーズンは水腎症発覚後、症状の悪化を防ぐために水分の摂取量に細心の注意を払い、引退を覚悟してピッチに立ち続けた。優勝決定直後の12月7日に公表された。12月25日手術[3]
  • 2009年、シーズンのリーグ戦5連敗中には決起集会を呼びかけた[8]
  • 歌手平原綾香とは親戚である[9]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1998 鹿島 24 J 1 0 0 0 4 3 5 3
1999 J1 18 0 2 0 0 0 20 0
2000 16 18 6 3 1 5 0 26 7
2001 21 3 3 0 3 2 27 5
2002 10 24 3 7 1 4 2 35 6
2003 20 4 4 1 4 1 28 6
2004 24 3 0 0 2 0 26 3
2005 32 5 0 0 3 1 35 6
2006 27 2 7 0 4 1 38 3
2007 34 2 9 4 5 1 48 7
2008 32 3 2 0 1 0 35 3
2009 27 2 2 0 3 0 32 2
2010 15 2 2 0 5 1 22 3
2011 13 0 1 0 3 0 17 0
2012 17 3 6 0 2 0 25 3
2013 24 0 7 1 3 0 34 1
2014 12 0 2 1 0 0 14 1
2015 6 0 0 0 2 0 8 0
2016 北九州 43 J2 36 0 - 2 0 38 0
2017 J3 -
通算 日本 J1 365 38 57 9 53 12 475 59
日本 J2 36 0 - 2 0 38 0
総通算 401 38 57 9 55 12 513 59

その他の公式戦

  • 2000年
  • 2001年
  • 2002年
    • スーパーカップ 1試合1得点
  • 2008年
    • スーパーカップ 1試合1得点
  • 2009年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2011年
    • スーパーカップ 1試合0得点
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 鹿島 10 1 0
2008 7 3
2009 6 1
2010 0 0
2011 3 0
2015 4 0
通算 AFC 21 4

その他の国際公式戦

出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

鹿島アントラーズ

代表[編集]

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 28試合 0得点(2000年 - 2006年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2000 3 0
2001 0 0
2002 0 0
2003 3 0
2004 12 0
2005 8 0
2006 2 0
通算 28 0

出演[編集]

CM[編集]

  • 日清食品「焼豚屋」(2002年)
    • 『バス篇』 - 柳沢敦との共演
    • 『飛行機篇』 - 柳沢敦との共演

脚注[編集]

  1. ^ a b 本山 雅志 選手 鹿島アントラーズより完全移籍加入のお知らせ ギラヴァンツ北九州、2015年12月26日閲覧
  2. ^ a b WEBサッカーマガジン 2001年7月26日のインタビューより[要ページ番号]
  3. ^ a b 鹿島本山、水腎症乗り越えV獲った/J1 日刊スポーツ 2008年12月7日
  4. ^ 本山選手の退団について 鹿島アントラーズ 2015年11月26日
  5. ^ “本山が鹿島退団 現役続行希望に複数クラブ興味”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年11月27日). http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/1571753_m.html 2015年12月31日閲覧。 
  6. ^ “北九州の37歳MF本山雅志、右ひざ前十字じん帯損傷で手術へ”. サッカーキング. (2016年11月21日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161121/518481.html 2016年11月21日閲覧。 
  7. ^ 2011年1月1日J`sgoal http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00112164.html
  8. ^ 2009年9月29日スポーツ報知6頁
  9. ^ http://ameblo.jp/hirahara-ayaka/day-20110306.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]