平瀬智行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平瀬 智行 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒラ、塾長
カタカナ ヒラセ トモユキ
ラテン文字 HIRASE Tomoyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-05-23) 1977年5月23日(40歳)
出身地 鹿児島県
身長 184cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ブランデュー弘前FC
ポジション FW
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1997 鹿島アントラーズ 1 (0)
1998 CFZ
1999-2002 鹿島アントラーズ 78 (18)
2002 横浜F・マリノス 19 (2)
2003-2004 鹿島アントラーズ 39 (7)
2004-2007 ヴィッセル神戸 62 (8)
2008-2010 ベガルタ仙台 38 (11)
2013- ブランデュー弘前FC 5 (1)
代表歴2
2000 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月3日現在。
2. 2000年2月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

平瀬 智行(ひらせ ともゆき、1977年5月23日 - )は、鹿児島県出身[1]サッカー選手。ポジションはFW

来歴・人物[編集]

1993年鹿児島実業高等学校に入学。3年時の第74回高校サッカー選手権で優勝(静岡学園高と両校優勝)を果たすと、1996年鹿島アントラーズへ入団[2]。同期に柳沢敦池内友彦がいる。1998年にはブラジルCFZ・ド・リオへ留学を果たし、1999年、当時の代表監督フィリップ・トルシエに見込まれ、シドニーオリンピック予選の代表に選出された。アジア予選ではゴールを量産し、チーム最多の17得点を挙げる活躍を見せ、本戦出場の原動力となった[2]

しかしシドニーオリンピック本大会では、メンバー入りしたものの高原直泰、柳沢に次ぐ3番手の扱いとなり、チーム戦術も試合後半にFWを減らし1トップにシフトする戦術を取ったため出番は限られ、見せ場を作ることは出来なかった。一方、鹿島ではJリーグ初の三冠(J1ナビスコ杯天皇杯)制覇を経験し、フル代表にも選出された。2002年7月に横浜F・マリノスへ半年間レンタル移籍。翌年に鹿島へ復帰を果たすが、2004年8月に今度はヴィッセル神戸へ完全移籍。神戸では、サポーターから「平瀬様」「14番様」などと神様的存在で慕われていたものの、股関節の怪我に悩まされ、2007年シーズン終了を以て戦力外となり退団。

一時は引退も考えたが、旧知の仲でベガルタ仙台監督に就任したばかりの手倉森誠に請われる形で仙台へ完全移籍。仙台ではエースストライカーとして活躍し、鹿島に在籍していた2000年シーズン以来、8シーズンぶりの2桁得点を記録。チームはJ1・J2入れ替え戦(対ジュビロ磐田)に回るが、第1戦は体調不良で欠場、第2戦は後半から途中出場するが、満足な結果を残すことはできず。結局、1分1敗でJ1昇格を果たすことはできなかった。2009年はリーグ戦40試合に出場し8得点。FWとしては満足な仕事はできなかったものの、チームのJ1復帰並びにJ2初優勝に貢献。同年の天皇杯準々決勝(対川崎フロンターレ)では延長後半に決勝ゴールを挙げ、チームを初のベスト4へ導いた。

2010年11月30日、同年シーズン限りでの現役引退を発表[3]。12月4日のJ1最終節(対川崎フロンターレ)では控え選手としてベンチ入りしたもののチームが残留争いの渦中にあった上にビハインドを背負っていたために出場機会はなく、15年間の現役生活に終止符を打った。

2011年岩本輝雄の後任として仙台の第2代アンバサダーに就任[4]

2013年7月東北社会人リーグ2部ブランデュー弘前FCに入団。当初は9月22日に開催されたラインメール青森戦限定の契約だったが、その後も引き続き選手としてプレーしている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1996 鹿島 - J 0 0 0 0 0 0 0 0
1997 27 1 0 0 0 0 0 1 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1998 CFZ リオ州2部
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1999 鹿島 19 J1 22 5 2 0 2 0 26 5
2000 9 26 11 5 4 5 0 36 15
2001 23 0 3 1 3 2 29 3
2002 7 2 5 1 - 12 3
横浜FM 18 19 2 - 2 1 21 3
2003 鹿島 19 28 7 4 1 4 0 36 8
2004 11 0 5 1 - 16 1
神戸 32 10 1 - 1 0 11 1
2005 21 19 4 3 0 1 0 23 4
2006 14 J2 30 3 - 1 1 31 4
2007 J1 3 0 1 0 0 0 4 0
2008 仙台 J2 38 11 - 0 0 38 11
2009 40 8 - 1 1 41 9
2010 J1 11 0 5 0 1 0 17 0
2013 弘前 11 東北2部北 2 0 - - 2 0
2014 14 3 1 - - 3 1
2015 東北1部 0 0 - - 0 0
2016 0 0 - - 0 0
2017 - -
通算 日本 J1 180 32 33 8 19 3 232 43
日本 J2 108 22 - 2 2 110 24
日本 東北1部 0 0 - 0 0 0 0
日本 東北2部 5 1 - 0 0 5 1
ブラジル リオ州2部
総通算

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 鹿島 19 2 1
通算 AFC 2 1

その他の国際公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2000年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2000 2 0
通算 2 0

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 4歳までは東京都板橋区に居住していたため、資料によっては東京都出身としているものもある。
  2. ^ a b 33歳平瀬引退 腰痛、右足痛…限界感じる”. 日刊スポーツ (2010年11月30日). 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ 平瀬智行選手 現役引退のお知らせ - ベガルタ仙台公式HP 2010年11月30日
  4. ^ 2011ベガルタ仙台アンバサダー 平瀬智行氏就任のお知らせ 2011年1月23日 ベガルタ仙台公式HP

外部リンク[編集]