志波芳則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

志波 芳則(しわ よしのり、1950年12月1日 - )は、福岡県福岡市出身のサッカー指導者。東福岡高等学校サッカー部の元監督で現在は総監督を務めている。福岡商業高校(現福岡市立福翔高校)、日本体育大学卒(1972年)。

東福岡高等学校監督に就任すると、寺西忠成コーチ(八幡製鉄サッカー部を率いた名将)との二人三脚で1990年代を通じて高校サッカー界を代表する強豪にまで育て上げた。1997年には高校総体全日本ユース高校選手権の三冠を達成、公式戦52戦無敗記録達成した。

これまで小島宏美山下芳輝本山雅志長友佑都らを日本代表やJリーグへと送り出している。

現在は総監督の肩書で、森重潤也監督と共に東福岡高等学校サッカー部の指導を行っている。

主な功績[編集]

  • 1993年、全国高等学校選手権大会ベスト4
  • 1995年、全国高等学校選手権大会ベスト4
  • 1996年、高円宮杯全日本ユース選手権準優勝
  • 1997年、全国高等学校総合体育大会優勝
  • 1997年、高円宮杯全日本ユース選手権優勝
  • 1997年、全国高等学校選手権大会優勝
  • 1998年、全国高等学校選手権大会優勝
  • 2002年、全国高等学校選手権大会ベスト8
  • 2003年、高円宮杯全日本ユース選手権ベスト4
  • 2013年、高円宮杯プレミアリーグWEST第2位
  • 2014年、全国高等学校総合体育大会優勝

書籍[編集]