森岡隆三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森岡 隆三 Football pictogram.svg
名前
愛称 モリ
カタカナ モリオカ リュウゾウ
ラテン文字 MORIOKA Ryuzo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-10-07) 1975年10月7日(41歳)
出身地 神奈川県横浜市青葉区
身長 180cm[1]
体重 71kg[1]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1991-1994 桐蔭学園高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1995 鹿島アントラーズ 1 (0)
1995-2006 清水エスパルス 277 (9)
2007-2008 京都サンガF.C. 29 (1)
代表歴2
1995  日本 U-20
1999-2003 日本の旗 日本 38 (0)
監督歴
2015-2016 京都サンガF.C.U-18
2017- ガイナーレ鳥取
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月31日現在。
2. 2003年6月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森岡 隆三(もりおか りゅうぞう、1975年10月7日 - )は、神奈川県横浜市青葉区出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー(センターバック)。元日本代表。

来歴[編集]

現役時代[編集]

一般受験で桐蔭学園中学に入学。中学時代のポジションはMFで無名の存在であったが、高校時代に当時監督の李国秀に見出されDFにコンバート。これがサッカー選手としての成功の礎となった。

1994年に鹿島アントラーズに入団。1995年途中に清水エスパルスにレンタル移籍しそこで頭角を現しそのまま清水へ完全移籍をする。

2005年8月28日大宮アルディージャ戦/熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)、試合終了後に競技場内のトイレの壁を蹴って破損、3試合の出場停止処分を受けた。その事件以降レギュラーを剥奪される。

2006年は若手の台頭により出場機会が激減。本人の意向により12月5日に移籍リストに登録されることが発表され、約11年間所属した清水を退団。同月28日に京都サンガF.C.への移籍が発表された。

2007年はキャプテンとしてチームを牽引しJ1昇格に貢献したが、2008年増嶋竜也などにポジションを奪われリーグ戦は7試合の出場に留まり、シーズン終了後に現役を引退した[1]

日本代表[編集]

フィリップ・トルシエ体制の日本代表では3-5-2システムのフラット3の中心選手だった。 2002年、怪我による離脱をするがトルシエからの信頼は絶大で、ケガの完治と同時に代表復帰しレギュラーを奪回した。 2002 FIFAワールドカップではチームキャプテンを務めたが、グループリーグ第1戦のベルギー代表戦で相手との接触プレーから負傷し、それ以降出場できなかった。

ジーコ体制下では序盤こそレギュラーを務めるが2003年6月8日キリンカップサッカーアルゼンチン代表戦での4失点以降は名良橋晃、秋田豊、服部年宏らと共に代表から遠ざかることとなった。

現役引退後[編集]

現役最後の試合となった最終節は奇しくも彼が11年間所属をした清水戦だった。チームは負けてしまったものの、試合後のセレモニーでは京都の選手・スタッフから花を手渡された他に、清水側からも全選手のサイン入りユニフォームが伊東輝悦によって贈られ、号泣する姿に両チームのサポーターから歓声が上がった。セレモニー終了後には京都サポーターおよび清水サポーターの所に行き、清水退団時にすることができなかった最後の挨拶を行なった。

2009年、京都のコーチに就任。2011年にJFA 公認A級コーチジェネラルを取得した[2]2014年は京都のトップチームから離れ、派遣という形で佐川印刷京都のヘッドコーチに就任[3]。2014年12月よりJFA 公認S級コーチのライセンスを取得するため、イタリアで海外研修を受けることとなった[4]

監督時代[編集]

2015年、京都のU-18監督に就任[5]し、2年目の2016年度の第24回Jリーグユース選手権大会で3位に入賞するなどの結果を残した。契約満了により2016年をもって退任した[6]

2017年ガイナーレ鳥取の監督に就任[7]。3月12日、J3開幕戦のガンバ大阪U-23戦ではフラットスリーを組んだ宮本恒靖と監督として対戦して初勝利を飾った。

エピソード[編集]

2002 FIFAワールドカップではアゴカルテット(森岡、秋田豊楢崎正剛曽ヶ端準の4人)として「六月の勝利の歌を忘れない」を盛り上げた。

清水では1997年からJリーグが固定背番号制になるに当たり「前年のレギュラーが一番つけていた背番号を優先的に与える」という基準で背番号を与えた。このため前年、たまたま空いていたことから11番をつけることが多くなった森岡の背番号は11となり、その後10年の長きに渡りDFとしては珍しい背番号を背負って清水でプレイした。

ORANGE RANGEと親交があり、自身のホームページに一緒に写っている写真が掲載されている。ただしこの頃のORANGE RANGEはブレイク前であり、現在も親交があるかどうかは定かでない。

猪木信者としても有名で、自身の猪木のモノマネが原因で、離婚危機になった事もある。

仲間内3人で「KHR international」発足、東京原宿にて「グラムス」という衣料ブランドを立ち上げ販売業を営む。 一時期、三宿で洋服屋を経営していた。

また、2010 FIFAワールドカップにおけるNHK-BSのサッカー関連番組において、巻誠一郎とともに解説を務めた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1994 鹿島 - J 1 0 0 0 0 0 1 0
1995 0 0 - - 0 0
清水 25 1 - 0 0 25 1
1996 23 0 16 1 3 0 42 1
1997 11 30 1 6 0 3 0 39 1
1998 26 0 3 0 5 0 34 0
1999 J1 26 1 4 0 0 0 30 1
2000 27 0 2 0 5 0 34 0
2001 30 1 1 0 5 2 36 3
2002 3 1 2 0 1 0 6 1
2003 25 3 4 1 4 1 33 5
2004 29 0 6 1 1 0 36 1
2005 23 1 6 0 5 0 34 1
2006 10 0 1 0 0 0 11 0
2007 京都 6 J2 22 1 - 0 0 22 1
2008 J1 7 0 3 0 0 0 10 0
通算 日本 J1 285 9 54 3 32 3 371 15
日本 J2 22 1 - 0 0 22 1
総通算 307 10 54 3 32 3 393 16

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 清水 11 3 0
通算 AFC 3 0

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 38試合 0得点 (1999-2003)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1999 7 0
2000 14 0
2001 11 0
2002 2 0
2003 4 0
通算 38 0

個人タイトル[編集]

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦 備考
順位 勝点 試合 Jリーグカップ 天皇杯
2017 J3 鳥取 -
J3通算 - - - - -
総通算 - - - - -

脚注[編集]

  1. ^ a b c “森岡隆三選手 現役引退のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2008年12月5日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/10136 2014年12月12日閲覧。 
  2. ^ [1]
  3. ^ 佐川印刷京都との業務提携について”. 京都サンガF.C. (2014年1月22日). 2014年1月22日閲覧。
  4. ^ “森岡隆三コーチ(佐川印刷京都SC)が京都市長を表敬訪問!”. 京都サンガF.C.. (2014年11月28日). http://www.sanga-fc.jp/blogs/diary/4872 2014年12月12日閲覧。 
  5. ^ “森岡 隆三氏 U-18監督就任のお知らせ”. 京都サンガF.C.. (2015年1月6日). http://www.sanga-fc.jp/youth_teams/game_report_detail/00000001/1812/ 2015年1月6日閲覧。 
  6. ^ “森岡隆三U-18監督 契約満了のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2016年11月17日), http://www.sanga-fc.jp/news/info_detail/34988/ 2016年12月14日閲覧。 
  7. ^ “森岡 隆三氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2016年12月15日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/35265/ 2016年12月15日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
井原正巳
日本代表 キャプテン
1999年 - 2002年
次代:
宮本恒靖