イリアン・ストヤノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イリアン・ストヤノフ Football pictogram.svg
Ilian Stoyanov (cropped).jpg
名前
愛称 イリアン、ストやん、Коловати
ラテン文字 Ilian STOYANOV
ブルガリア Илиян Стоянов
基本情報
国籍 ブルガリアの旗 ブルガリア
生年月日 (1977-01-20) 1977年1月20日(40歳)
出身地 キュステンディル
身長 182cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1996 ブルガリアの旗CSKAソフィア 3 (0)
1996-1999 ブルガリアの旗キュステンディル 66 (2)
1999-2000 ブルガリアの旗ヴェルヴジド1919 22 (1)
2000-2005 ブルガリアの旗レフスキ・ソフィア 90 (2)
2005-2007 日本の旗ジェフ千葉 65 (2)
2007-2010 日本の旗サンフレッチェ広島 85 (6)
2011 日本の旗ファジアーノ岡山 26 (2)
代表歴2
1998-2010 ブルガリアの旗 ブルガリア 42 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年1月10日現在。
2. 2010年9月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イリアン・ストヤノフブルガリア語: Илиян Стоянов[1]1977年1月20日 - )は、ブルガリアキュステンディル出身の元サッカー選手、指導者。

現在は山口県東部を中心に活動している(後述)。自身の、サッカーチーム、「ストヤノフアカデミー」を立ち上げ、全国大会を目指している。

人物[編集]

ブルガリア代表にも選出されたセンターバック。母国ではКоловати(Collovati)の愛称で呼ばれている。

ディフェンスの選手としては優れたボールコントロール技術の持ち主であり、最後尾からのロングパスを多用するビルドアップや鋭いオーバーラップを得意としている[2][3]。その脅威から相手FWからマンツーマンで着かれることも少なくない[4]

そのテクニックを活かしMF(ボランチ)でも起用される[3][5]。ブルガリア時代は左SBとしてもプレー。CBとしては珍しいFKの名手。

来歴[編集]

現役時代[編集]

1995年、CSKAソフィアに入団。その後レフスキ・ソフィア等でプレーし、ブルガリア代表ではEURO2004で2試合に出場した。ドイツワールドカップ予選にも出場した[6]

2005年3月からジェフユナイテッド市原・千葉に所属[6]イビチャ・オシム監督の下でリベロとしてプレーし中心選手として活躍、ナビスコカップ優勝などに貢献した。

2007年6月、アマル・オシム監督に対して批判的な発言を行い、それがスポーツ新聞により報道された[7]。これに対し千葉フロントは、同年6月16日ストヤノフを謹慎処分とし、同月17日対ヴァンフォーレ甲府戦に出場させないことを発表[7]。同月22日付けで謹慎処分は解除されたが、同月27日残留させないことを決定、事実上の解雇通告を受けた[7]。理由は「監督に対する批判を外部に行い、再三の説得に応じず謝罪を拒否した行為を、著しい規律違反と判断したため」[7]。その後、7月23日付けで契約解除が発表された[7]

同年8月12日にサンフレッチェ広島と契約[2]、MFとしてプレー[5] した後、本来のリベロでプレーするもののJ2に降格してしまう。同年の天皇杯では決勝進出に貢献した。降格により退団が予想されたが、「自分を苦しい時に拾ってくれたクラブを去るわけにはいかない。」と残留表明をする[8]。以降、リベロとして中心選手として攻守にわたり活躍した[9]

2009年2月、スタニミル・ストイロフブルガリア語版がブルガリア代表監督に就任、経験のあるDFとして指名され4年ぶりに代表に選出され[10]2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選にレギュラーとして出場した。2010年8月にも代表に選出された[11]。しかし、代表選出の影響で怪我が続き安定して出場できなかったため、サンフレッチェ広島では、2010年末に構想外となった[3][9]

2011年は、J2・ファジアーノ岡山に移籍[3]。チームがこの年から戦術を3バックに変更したこともあり、ディフェンスラインの中央で起用された。多くのプレースキックを担当しチームトップの8アシストを挙げる[12]など攻撃面では貢献したが、開幕戦で怪我をした[13] 影響もありコンディションが上がらず、シーズン終盤の4試合と天皇杯では出番を失った[14]。同年末を持って現役引退する[15]

引退後[編集]

2012年から、広島でレストラン経営[16] と若年層サッカー指導者として活躍している[17]。またフットサルチームのdios hirosima(ディオス・ヒロシマ)を立ち上げ、広島県フットサルリーグ3部で活動しながら、欧州サッカー連盟の監督ライセンス獲得を目指している[18]

2014年3月末をもって広島の店をたたみ、以前からの熱心な勧誘を受けて山口県東部へ活動拠点を移転し周南市周辺を活動範囲として"FCストヤノフサッカーアカデミー"を開校している[19][20]。なお店舗はプロデュースの形で徳山駅前にレストランを開店している[20]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブルガリア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1995-96 CSKAソフィア Aグルパ 3 0
1996-97 レフスキ・
キュステンディル
17 0
1997-98 27 1
1998-99 22 1
1999-00 ヴェルヴジド1919
キュステンディル
22 1
2000-01 レフスキ・ソフィア 20 1
2001-02 25 0
2002-03 19 1
2003-04 18 0
2004-05 8 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 千葉 5 J1 30 1 8 0 2 0 40 1
2006 26 0 10 0 0 0 36 0
2007 9 1 4 0 - 13 1
広島 2 13 0 - 5 0 18 0
2008 J2 32 2 - 4 0 36 2
2009 J1 23 4 3 1 0 0 26 5
2010 17 0 2 0 1 0 20 0
2011 岡山 5 J2 26 2 - 0 0 26 2
通算 ブルガリア Aグルパ 181 5
日本 J1 118 6 27 1 8 0 153 7
日本 J2 58 4 - 4 0 62 4
総通算 357 15 27 1 12 0 396 16
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2010 広島 2 3 1
通算 AFC 3 1
その他の国際公式戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブルガリア語ラテン翻字: Ilian Stoyanov
  2. ^ a b 元千葉DFのストヤノフ獲得へ”. 中国新聞(Internet Archive) (2007年8月12日). 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ a b c d ブルガリア代表DF ストヤノフ獲得”. 山陽新聞 (2010年12月28日). 2014年3月1日閲覧。
  4. ^ ストヤノフ、密着マークにも自信たっぷり”. 中国新聞 (2008年5月15日). 2014年3月1日閲覧。
  5. ^ a b 広島に追い風だ!ストヤノフに強力援軍”. ニッカンスポーツ (2007年10月13日). 2014年3月1日閲覧。
  6. ^ a b イリアン・ストヤノフ選手加入について”. ジェフ千葉公式 (2005年3月2日). 2014年3月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e イリアン・ストヤノフ選手について”. ジェフ千葉公式 (2007年7月24日). 2014年3月1日閲覧。
  8. ^ “激しさ”持つ助っ人・ストヤノフに期待”. スポーツニッポン (2008年1月6日). 2014年3月1日閲覧。
  9. ^ a b ストヤノフ退団 日本での現役続行望む”. 中国新聞 (2010年11月28日). 2014年3月1日閲覧。
  10. ^ ストヤノフ選手ブルガリア代表選手に選出のお知らせ”. J's GOAL (2009年2月4日). 2014年3月1日閲覧。
  11. ^ ブルガリア代表にストヤノフ選出”. 中国新聞 (2010年8月8日). 2014年3月1日閲覧。
  12. ^ TBS「SUPER SOCCER:J2アシストランキング」”. 2014年3月1日閲覧。
  13. ^ ストヤノフ選手怪我について”. ファジアーノ岡山公式 (2011年3月8日). 2014年3月1日閲覧。
  14. ^ 検証ファジJ3年目<中>守備”. 山陽新聞 (2011年12月7日). 2014年3月1日閲覧。
  15. ^ Коловати спира с футбола” (ブルガリア語). dnes.bg (2011年12月7日). 2014年3月1日閲覧。
  16. ^ 元プロサッカーのストヤノフ選手、広島にレストラン開業-引退後の夢かなえる”. 広島経済新聞 (2012年8月1日). 2014年3月1日閲覧。
  17. ^ イリヤン・ストヤノフ様”. 行政書士法人中井イミグレーションサービス (2012年3月25日). 2014年3月1日閲覧。
  18. ^ 朝日新聞 2012年7月12日夕刊4版 15ページ
  19. ^ 元サンフレ選手が児童育成へ ”. 中国新聞 (2013年12月31日). 2014年3月1日閲覧。
  20. ^ a b サッカー元ブルガリア代表 周南で少年指導”. 読売新聞 (2014年6月24日). 2014年6月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

FCストヤノフサッカーアカデミー

レストランオーセム