登里享平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
登里 享平 Football pictogram.svg
名前
愛称 ノボリ
カタカナ ノボリザト キョウヘイ
ラテン文字 NOBORIZATO Kyohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-11-13) 1990年11月13日(26歳)
出身地 大阪府東大阪市
身長 168cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション MF / DF
背番号 2
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009- 川崎フロンターレ 109 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

登里 享平(のぼりざと きょうへい、1990年11月13日 - )は、大阪府出身の日本サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー/ディフェンダーJリーグディビジョン1 (J1)川崎フロンターレ所属。

来歴[編集]

香川西高等学校で1年生からレギュラーに定着し、全国高等学校サッカー選手権大会に3年連続で出場した。とくに、3年生の時に出場した第87回大会では、名門の船橋市立船橋高校を相手に2-1で勝利するジャイアントキリングに貢献するなどの活躍をし、選手権後には高校選抜にも選出された[1]2009年4月にドイツデュッセルドルフで行われた国際ユースサッカー大会では日本高校選抜メンバーとして参加し、チームは勝ち星無しに終わったが、登里は4試合に出場し3得点と結果を残した。

2009年シーズンより、川崎フロンターレに入団[2][3]。2009年6月20日のJ1第14節、対大分トリニータ戦で途中出場しプロデビューを果たす。この時、登里はファーストタッチでシュートを打った[4]。同年10月25日のJ1第30節、対サンフレッチェ広島戦では、途中投入されると中村憲剛のゴールをお膳立てしプロ初アシスト、またその1分後には初ゴールを記録した[5]。2014年からDF登録になり、サイドバックとしてプレーする機会が増えた。2016年より背番号が「2」に変更となった。

所属クラブ[編集]

プロ入り前
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2009 川崎 23 J1 2 1 1 0 2 0 5 1
2010 9 0 0 0 1 0 10 0
2011 19 2 3 1 2 0 24 3
2012 16 2 4 0 3 0 23 2
2013 29 0 7 0 3 0 39 0
2014 19 1 3 0 0 0 22 1
2015 1 0 0 0 0 0 1 0
2016 2 14 0 2 0 4 0 20 0
2017
通算 日本 J1 109 6 20 1 15 0 144 7
総通算 109 6 20 1 15 0 144 7
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2009 川崎 23 0 0
2010 6 0
2014 3 0
2017 2
通算 AFC 9 0

代表歴[編集]

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 登里享平(川崎フロンターレ/香川西高出身)第1回「快速ドリブラーの原点」”. 二宮清純 責任編集 SPORTS COMMUNICATIONS(スポーツコミュニケーションズ). 2017年3月2日閲覧。
  2. ^ 登里享平選手加入内定のお知らせ”. 川崎フロンターレオフィシャルサイト (2008年9月17日). 2017年3月2日閲覧。
  3. ^ 香川西高・MF登里、J1川崎と仮契約”. 四国新聞 (2008年9月18日). 2017年3月2日閲覧。
  4. ^ http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20090620-508851.html
  5. ^ http://www.frontale.co.jp/goto_game/2009/j_league1/30.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]