大野俊三 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大野 俊三 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオノ シュンゾウ
ラテン文字 ONO Shunzo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-03-29) 1965年3月29日(54歳)
出身地 千葉県船橋市
身長 177cm[1]
体重 79kg[1]
選手情報
ポジション DF
利き足 左足
代表歴
1993 日本の旗 日本 0 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大野 俊三(おおの しゅんぞう、1965年3月29日 - )は、千葉県船橋市出身の元サッカー選手。ポジションはDF

来歴[編集]

習志野高校卒業後に住友金属工業に入社し住友金属工業蹴球団に入部。1992年に同クラブが鹿島アントラーズとなると共にプロ契約を結んだ。鹿島では、小柄ながらパワフルで粘り強いマンマークとロングスローで[2]ディフェンダー(センターバック)として活躍し、チームの黄金期を支えた。1993年には日本代表にも選出され、国際Aマッチの出場こそ無かったものの、同年10月28日のドーハの悲劇もメンバーの一人として経験している。

しかし、1995年のNICOSシリーズよりモーゼルが加入した頃からスタメンから外れる事が多くなった。1996年京都パープルサンガへ移籍。序盤こそは活躍したものの、連敗脱出のためにシーズン中に各クラブから選手を補強していった頃から、再びスタメンから外れる事が多くなり、同年限りで現役を引退した。引退後も育成部スタッフとしてクラブに残った[3]

その後は居酒屋店主・茨城放送の解説者などを経て、現在は茨城県鹿嶋市のスポーツ施設・「鹿島ハイツスポーツプラザ 」の支配人を務めている。

所属クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1983 住金 JSL2部
1984
1985 JSL1部
1986 JSL2部
1987-88 JSL1部
1988-89
1989-90 JSL2部 30 6 1 0
1990-91 5 25 0 2 0
1991-92 26 2 2 0
1992 鹿島 - J - 6 0 1 0 7 0
1993 35 1 0 0 5 0 40 1
1994 29 0 1 0 0 0 30 0
1995 25 0 - 0 0 25 0
1996 京都 10 0 4 0 2 0 16 0
通算 日本 J 99 1 11 0 8 0 118 1
日本 JSL1部 44 0
日本 JSL2部
総通算

その他の公式戦


代表歴[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『Jリーグオフィシャルガイド1996』p82
  2. ^ 『Jリーグオフィシャルガイド1993・サントリーシリーズ』p22
  3. ^ 『Jリーグオフィシャルガイド1997』p144

関連項目[編集]