宮原和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮原 和也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミヤハラ カズヤ
ラテン文字 MIYAHARA Kazuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-03-22) 1996年3月22日(21歳)
出身地 広島県広島市
身長 172cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 名古屋グランパス
ポジション DF / MF
背番号 15
利き足 右足
ユース
-2007 佐東FC(緑井小)
2008-2010 サンフレッチェ広島Jr.ユース(城南中)
2011-2013 サンフレッチェ広島ユース(吉田高)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- サンフレッチェ広島 20 (1)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 7 (0)
2017- 名古屋グランパス (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

宮原 和也(みやはら かずや、1996年3月22日 - )は、日本プロサッカー選手広島県広島市安佐南区出身[1]並木学院高等学校卒。ポジションはミッドフィールダーJリーグ名古屋グランパス所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

2人の兄がおり、自身も含め3人ともサンフレッチェ広島ジュニアユース出身で、うち長兄も広島ユース出身。小学生の頃はFWあるいは攻撃的なMFとしてプレーしている[1]

2008年、サンフレッチェ広島ジュニアユースに入団する[2]。同期に川辺駿大谷尚輝。攻撃的なミッドフィルダーとして活躍し、2010年クラブユース選手権(U-15)3位進出に貢献している[3]。中学3年ではボランチとしてプレーした[4]

2011年、川辺・大谷らと共にサンフレッチェ広島ユースに昇格する。当初は攻撃的MFを担当していた[4]。同年度の山口国体少年の部3位に貢献するがこの時はボランチ[5]2011年高円宮杯プレミアでもベンチメンバーとして大会制覇に貢献する[6]。2012年高2の時に、ディフェンダーに怪我人が続出したことからCBにコンバートされレギュラーを獲得し2012年高円宮杯プレミア連覇に貢献する[7]。同年U-16日本代表に選出され、AFC U-16選手権2012ではCBとしてキャプテンを務めた[8]

2013年高3から川辺・大谷らと共にトップチームに2種登録選手として登録され、同年3月25日川辺と共に所属はユースのままトップチームとプロ契約を結ぶ[9]。なお高校年代選手のプロ契約としては高萩洋次郎岡本知剛以来3例目であるが[9]、ユース所属でのプロ契約は初のケース。ただこの年はトップチームでは公式戦に出場できなかった。また、同年の2013 FIFA U-17ワールドカップにU-17日本代表の一員として3試合出場している。同時に活躍した広島ユースでは同年度のクラブユース選手権(U-18)準優勝、同年度のJユースカップ準優勝に貢献する。

サンフレッチェ広島[編集]

2014年、正式にトップチーム昇格[1]。同期入団は、川辺、大谷、高橋壮也皆川佑介茶島雄介ビョン・ジュンボン。昇格当初はボランチとして考えられていたが[1]、3バックの一角としてレギュラー故障の穴を埋めて出場機会を得た。2016年、1stステージではボランチとして出場機会を増やしたが、2ndステージでは森崎にポジションを奪われてベンチメンバーとなった。

名古屋グランパス[編集]

2016年12月26日、名古屋グランパスに期限付きで移籍することが発表された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴

  • サンフレッチェ広島ジュニアユース
  • サンフレッチェ広島ユース

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2013 広島 37[注 1] J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 37 4 0 2 0 2 0 8 0
2015 3 1 5 0 4 0 12 0
2016 13 0 0 0 0 0 0 0
2017 名古屋 15 J2 -
通算 日本 J1 20 1 7 0 6 0 33 1
総通算 20 1 7 0 6 0 33 1

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算
出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 5 0 5 0
2015 2 0 2 0
通算 日本 J3 7 0 7 0
総通算 7 0 7 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 広島 34[注 1] 0 0
2014 37 1 0
2016 1 0
通算 AFC 2 0
  • 公式戦初出場 : 2014年2月25日ACLグループステージ第1節対北京国安戦(エディスタ)
  • Jリーグ初出場 : 2014年3月1日J1第1節対セレッソ大阪戦(ヤンマースタ)
    • 87分、山岸智に代わり途中交代出場
  • Jリーグ初得点 : 2015年7月11日J1・2nd第1節対ベガルタ仙台戦(ユアスタ)
    • 先発出場、40分ゴール

タイトル[編集]

チーム[編集]

サンフレッチェ広島ユース
サンフレッチェ広島

代表歴[編集]

  • 2011年 U-15日本代表
  • 2012年 U-16日本代表
  • 2013年 U-17日本代表
  • 2014年 U-19日本代表
  • 2015年 U-22日本代表

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ a b 先にACLの背番号登録を行い、後にJリーグの背番号登録を行ったため、背番号が異なることに注意。なお37番は川辺のACL登録用背番号。
出典
  1. ^ a b c d 輝け サンフレルーキーズ<2>MF宮原和也(17)=広島ユース”. 中国新聞 (2014年1月30日). 2014年1月30日閲覧。
  2. ^ J's GOAL、2013年3月25日付
  3. ^ adidas CUP 2010 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 準決勝 (PDF)”. 日本クラブユースサッカー連盟 (2010年8月22日). 2014年1月30日閲覧。
  4. ^ a b 広島ユースMF宮原和也(3年)_「広島のオールラウンダー」が逆転勝利演出!”. ゲキサカ (2013年7月31日). 2014年1月30日閲覧。
  5. ^ 3位決定戦は壮絶な撃ち合いに!大谷ロスタイムV弾で広島が3位”. ゲキサカ (2011年10月6日). 2014年1月30日閲覧。
  6. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 チャンピオンシップ (PDF)”. 日本サッカー協会 (2011年12月17日). 2014年1月30日閲覧。
  7. ^ 「無双・広島ユース、西国を制す」『エルゴラッソ』2012年10月16日付
  8. ^ U-16代表はアジア準V、PK戦でウズベキスタンに敗れる”. ゲキサカ (2012年10月7日). 2014年1月30日閲覧。
  9. ^ a b ユースの川辺・宮原とプロ契約”. 中国新聞 (2013年3月26日). 2013年5月7日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]