三浦弦太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三浦 弦太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ゲンタ
カタカナ ミウラ ゲンタ
ラテン文字 MIURA Genta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-03-01) 1995年3月1日(27歳)
出身地 愛知県豊橋市
身長 185cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガンバ大阪
ポジション DF
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2016 清水エスパルス 45 (0)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 11 (1)
2017- ガンバ大阪 145 (5)
代表歴2
2017-2019 日本の旗 日本 10 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月4日現在。
2. 2019年12月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

三浦 弦太(みうら げんた、1995年3月1日 - )は、愛知県豊橋市出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションは、ディフェンダー。元日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年でサッカーを始め、FWMFGKなどさまざまなポジションを経験[1]。中学校1年時、FC豊橋デューミランでDFにコンバートされ、中学校2年時には愛知県トレセンに選出された[1]。県トレセンのチームメート(田中)から刺激を受けたことがきっかけとなり、FC豊橋デューミランOBの高須英暢と同じ道を進むようにして、地元を離れ大阪桐蔭高等学校へ進学した[1]。3年時の全国高校総体ではベスト4まで勝ち上がり、自身は大会優秀選手に選ばれた。

清水エスパルス[編集]

2013年より、清水エスパルスに入団[2][3]。5月22日、ナビスコ杯予選リーグ第7節の横浜F・マリノス戦にて公式戦初出場を果たす。5月25日、第13節のベガルタ仙台戦でJリーグ初出場を果たした。

2014年J3に参戦するJリーグ・アンダー22選抜に選手登録された[4]。5月18日、Jリーグ・アンダー22選抜として出場したJ3第12節の藤枝MYFC戦でJリーグ初得点を決めた。

2015年3月28日、ナビスコ杯予選リーグ第2節の横浜F・マリノス戦で、交代枠を使い切っていた状態で迎えた85分、スタメン出場していたGK碓井健平がファールを犯してレッドカードで一発退場となり、急遽控えGK杉山力裕のユニフォームを借りてGKを務めた。2015年までは出場機会は少なく、チームも2015年にクラブ史上初のJ2降格を喫した。

J2に降格した2016年はチーム事情からサイドバックもつとめ、29試合に出場して清水のJ1復帰に貢献した。

ガンバ大阪[編集]

2017年1月6日、ガンバ大阪に完全移籍で加入することが発表された。2月7日、AFCチャンピオンズリーグ・プレーオフのジョホール・ダルル・タクジムFC戦で移籍後初先発初得点を果たし本大会進出に貢献した。4月21日、第8節の大宮アルディージャ戦でJ1初得点を決めた。5月25日、日本代表に初選出された[5]。7月29日、第19節のセレッソ大阪との大阪ダービーでは逆転ゴールを決めて勝利に貢献した[6]。この年、キャリア初となるリーグ戦全試合にスタメンフル出場し、チームの守備を牽引した。11月29日、EAFF E-1サッカー選手権2017に出場する日本代表メンバーに選出され、12月12日の中国戦で国際Aマッチ初出場。

2018年よりゲームキャプテンを務める。

2019年1月にはAFCアジアカップ2019に出場する日本代表に選出されたが、本大会では1試合のみの出場にとどまった[7][8]。同年12月、EAFF E-1サッカー選手権2019に出場する日本代表メンバーに選出され[9][10]、12月10日の中国戦で代表初ゴールを決めた[11]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 清水 29 J1 2 0 1 0 0 0 3 0
2014 25 7 0 0 0 1 0 8 0
2015 2 7 0 3 0 0 0 10 0
2016 J2 29 0 - 2 0 31 0
2017 G大阪 J1 34 2 1 0 2 0 37 2
2018 5 34 0 6 0 1 1 41 1
2019 31 1 9 2 1 0 41 3
2020 20 2 2 0 2 0 2 0
2021 26 0 2 0 1 0 29 0
2022 33 0 4 1 2 0 39 1
通算 日本 J1 194 5 28 3 10 1 232 9
日本 J2 29 0 - 2 0 31 0
総通算 223 5 28 3 12 1 263 9

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 8 1 8 1
2015 3 0 3 0
2020 G大23 5 1 0 1 0
通算 日本 J3 12 1 12 1
総通算 12 1 12 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2017 G大阪 2 6 0
2021 5 5 0
通算 AFC 11 0
その他の国際大会
出場歴

タイトル[編集]

代表[編集]

U-19日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 10試合 1得点(2017年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2017 2 0
2018 3 0
2019 5 1
通算 10 1

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2017年12月12日 日本の旗東京 味の素スタジアム 中華人民共和国の旗 中国 ○2-1 ハリルホジッチ EAFF E-1サッカー選手権2017
2. 2017年12月16日 日本の旗東京 味の素スタジアム 大韓民国の旗 韓国 ●1-4
3. 2018年9月11日 日本の旗大阪 パナソニックスタジアム吹田 コスタリカの旗 コスタリカ ○3-0 森保一 キリンチャレンジカップ2018
4. 2018年10月16日 日本の旗さいたま 埼玉スタジアム2002 ウルグアイの旗 ウルグアイ ○4-3
5. 2018年11月20日 日本の旗豊田 豊田スタジアム キルギスの旗 キルギス ○4-0
6. 2019年1月17日 アラブ首長国連邦の旗アル・アイン シェイク・ハリーファ国際スタジアム ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン ○2-1 AFCアジアカップ2019
7. 2019年3月26日 日本の旗神戸 ノエビアスタジアム神戸 ボリビアの旗 ボリビア ○1-0 キリンチャレンジカップ2019
8. 2019年11月19日 日本の旗大阪 パナソニックスタジアム吹田 ベネズエラの旗 ベネズエラ ●1-4
9. 2019年12月10日 大韓民国の旗釜山 九徳総合運動場 中華人民共和国の旗 中国 ○2-1 EAFF E-1サッカー選手権2019
10. 2019年12月18日 大韓民国の旗釜山 釜山アジアド主競技場 大韓民国の旗 韓国 ●0-1

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 スタジアム 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2019年12月10日 大韓民国の旗釜山 九徳総合運動場 中華人民共和国の旗 中国 ○2-1 EAFF E-1サッカー選手権2019

脚注[編集]

  1. ^ a b c サッカーへの強い思い 『両親が本音語る』夢追いかける三浦弦太の素顔(上) 東日新聞、2012年10月9日
  2. ^ 三浦 弦太選手(大阪桐蔭高)来季新加入内定のお知らせ 清水エスパルス - 公式WEBサイト、2012年9月21日
  3. ^ 豊橋出身の三浦弦太がJ1清水入団内定 東日新聞、2012年9月24日
  4. ^ Jリーグ・アンダー22選抜 登録選手決定 J3リーグ公式サイト、2014年2月24日
  5. ^ 初選出のG大阪DF三浦弦太「遠慮せずに」…日本代表メンバーのJ所属選手コメント一覧 ゲキサカ、2017年5月25日
  6. ^ 決勝点の三浦弦太は「鳥肌が立った」。ガンバが大阪ダービーを制す! サッカーダイジェスト(2017年7月29日)
  7. ^ “SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール AFCアジアカップUAE2019(1/5~2/1)” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年12月12日), https://www.jfa.jp/samuraiblue/news/00019975/ 2019年12月7日閲覧。 
  8. ^ “「AFCアジアカップUAE2019(1/5~2/1)SAMURAI BLUE(日本代表)」に東口選手、三浦選手が選出” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2018年12月12日), https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/8905 2019年12月7日閲覧。 
  9. ^ “SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール ~EAFF E-1サッカー選手権2019(12/10~18@韓国)~” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年12月4日), https://www.jfa.jp/samuraiblue/news/00023750/ 2019年12月7日閲覧。 
  10. ^ “「EAFF E-1サッカー選手権2019(12/10~18@韓国)SAMURAI BLUE(日本代表)」に三浦選手、井手口選手が選出” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2019年12月4日), https://www.gamba-osaka.net/news/index/c/1/no/10579/ 2019年12月7日閲覧。 
  11. ^ “日本代表DF三浦弦太にベルギー行きのうわさ…シントトロイデンが関心と現地報道”. ゲキサカ. (2019年12月21日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?293645-293645-fl 2020年2月21日閲覧。 
  12. ^ U-23日本代表 メンバー・スケジュール キリンチャレンジカップ2016 U-23南アフリカ代表戦 日本サッカー協会 (2016年6月20日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]