茶島雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
茶島 雄介 Football pictogram.svg
名前
カタカナ チャジマ ユウスケ
ラテン文字 CHAJIMA Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-07-20) 1991年7月20日(26歳)
出身地 広島県広島市安芸区
身長 166cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サンフレッチェ広島
ポジション MF
背番号 7
利き足 右足
ユース
-2003 サンフレッチェ広島ジュニア(矢野南小)
2004-2006 サンフレッチェ広島Jr.ユース(矢野中)
2007-2009 サンフレッチェ広島ユース(吉田高)
2010-2013 東京学芸大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- サンフレッチェ広島 26 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

茶島 雄介(ちゃじま ゆうすけ、1991年7月20日 - )は、日本プロサッカー選手広島県広島市安芸区出身[1]。ポジションはミッドフィールダー東京学芸大学卒。Jリーグサンフレッチェ広島

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

安芸区矢野で育つ。森崎和幸森崎浩司兄弟は矢野中学および吉田高校の先輩にあたる。

1998年小学1年生からサンフレッチェ広島のサッカースクールでサッカーを始め、2000年小学3年生から広島ジュニアに所属する[2]。同期に森保翔平岡崎和也がいる。2003年小学6年時、全日本少年サッカー大会に広島県代表として出場している[3]

2004年、広島ジュニアユースに昇格[2]。同期に森保・岡崎・中山雄登玉田道歩2005年高円宮杯(U-15)ベスト4入りなどに貢献した。2006年U-15Jリーグ選抜[4]

2007年、広島ユースに昇格。同期に大崎淳矢・森保・中山・玉田。2年生からレギュラーを掴み、3年生ではキャプテンを務め[1]2009年高円宮杯(U-18)ベスト4、2009年Jユースカップ準優勝などに貢献した。2009年JFAプリンスリーグ中国MVP。ただトップチームへの昇格はならなかった[1]

2010年、教員免許取得をも目的として東京学芸大学へ進学する[1]。同期に山崎直之、1年先輩に安藝正俊。大学1年からレギュラーとして活躍し、大学2年時に関東リーグ1部昇格に貢献し、4年間東学大の中心選手として活躍した[5]。2012年および2013年全日本大学選抜に選出され[5]、2013年ユニバーシアード日本代表の一員として[6]3位入賞、特にユニバGL第3戦ウルグアイ戦では決勝点となるFKを決めている[7]

サンフレッチェ広島[編集]

2014年サンフレッチェ広島とプロ契約[1]。同期入団は、皆川佑介ビョン・ジュンボン高橋壮也大谷尚輝川辺駿宮原和也。広島の育成組織出身者で大学経由でのトップチーム入団としては初ケースとなる[1]。また皆川とは共に2013年ユニバ日本代表。2015年3月22日の浦和レッドダイヤモンズ戦で初先発し、豊富な運動量で存在感を発揮。FIFAクラブワールドカップ2015の準々決勝では負傷の野津田、柴崎に変わって先発し、正確なキックでアシストを記録。2016年、4月2日の第5節のベガルタ仙台戦でJリーグ初得点。

所属クラブ[編集]

ユース経歴

  • サンフレッチェ広島ジュニア
  • サンフレッチェ広島ジュニアユース
  • サンフレッチェ広島ユース
  • 東京学芸大学

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2014 広島 25 J1 1 0 1 0 3 0 5 0
2015 3 0 5 0 4 0 12 0
2016 22 2 1 0 0 0 23 2
2017 7
通算 日本 J1 26 2 7 0 7 0 40 2
総通算 26 2 7 0 7 0 40 2

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2014 広島 25 0 0
2016 2 0
通算 AFC 2 0
  • 公式戦初出場 : 2014年7月12日 天皇杯2回戦対福岡大学戦(福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場)
    • 先発フル出場
  • Jリーグ初出場 : 2014年9月13日 J1第23節対ガンバ大阪戦(Eスタ)
    • 先発出場、64分佐藤寿人と途中交代

タイトル[編集]

サンフレッチェ広島

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 輝け サンフレルーキーズ<1>MF茶島雄介(22)=東学大”. 中国新聞 (2014年1月29日). 2014年1月30日閲覧。
  2. ^ a b 大学蹴球 注目!この人 茶島雄介/東京学芸大・MF 前編”. 日刊スポーツ (2013年6月10日). 2014年1月30日閲覧。
  3. ^ チーム紹介 サンフレッチェ広島ジュニア”. 読売新聞 (2003年). 2014年1月30日閲覧。
  4. ^ 第9回ブラジル‐日本友好カップにU-15 Jリーグ選抜チームを派遣”. Jリーグ公式 (2006年8月15日). 2014年1月30日閲覧。
  5. ^ a b 大学蹴球 注目!この人 茶島雄介/東京学芸大・MF 後編”. 日刊スポーツ (2013年6月11日). 2014年1月30日閲覧。
  6. ^ 第27回ユニバーシアード競技大会(2013/カザン)ユニバーシアード日本代表メンバー (PDF)”. 日本サッカー協会 (2013年). 2014年1月30日閲覧。
  7. ^ 茶島「自分から『蹴る』と言った」FK決めてヒーローに”. ゲキサカ (2013年7月11日). 2014年1月30日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]