佐々木翔 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木 翔 Football pictogram.svg
名前
愛称 ショウ
カタカナ ササキ ショウ
ラテン文字 SASAKI Sho
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-10-02) 1989年10月2日(27歳)
出身地 神奈川県座間市
身長 176cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サンフレッチェ広島
ポジション DF (CB,SB)
背番号 19
利き足 右足
ユース
1996-1997 栗原FC(A.Cロッソ)(栗原小
1998-2001 横浜FMプライマリー(栗原小)
2002-2004 横浜FMジュニアユース新子安(南中
2005-2007 神奈川県立城山高等学校
2008-2011 神奈川大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2014 ヴァンフォーレ甲府 102 (8)
2015- サンフレッチェ広島 26 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

佐々木 翔(ささき しょう、1989年10月2日 - )は、日本プロサッカー選手。ポジションはDFセンターバックサイドバック)。Jリーグサンフレッチェ広島所属。神奈川県座間市出身[1]神奈川大学卒業。

来歴[編集]

座間市立栗原小学校座間市立南中学校卒業[1]。幼稚園時代からサッカーを始め[2]、1998年小学3年生から横浜F・マリノスアカデミーへ入団する[1]。横浜FMジュニアユース同期に水沼宏太金井貢史日高慶太武田大などがいる。

2005年、神奈川県立城山高等学校へ進学する[1]

2008年、神奈川大学に入学。ヴァンフォーレ甲府に在籍経験のある木村哲昌サッカー部監督にサイドバックとしてスカウトされたものであった[3]。同期に三原向平[3]。大学1年から左SBとして試合出場を重ね、2010年大学3年からはボランチ・サイドハーフ、関東大学選抜に選ばれた際にはセンターバックと幅広く起用された[3]関東大学サッカーリーグ戦において「4年間最多出場選手」として関東大学サッカー連盟表彰を受けている[1][3]。また2008年大学1年時には、牧内辰也率いるU-19日本代表に選出されている[4]

2012年、ヴァンフォーレ甲府に入団[1][3]3月11日の第2節東京V戦でJ初ゴールを挙げた。以降左サイドバックのレギュラーに定着し、甲府のJ2初優勝に貢献した。2013年はシーズン開幕直前にボランチのポジションに負傷者が続出したこともあり、開幕戦はボランチとして出場する。その後は前年務めたサイドバック、そしてチームのシステム変更に伴いシーズン中旬以降は3バックの一角でプレー。出場停止の1試合を除く33試合にフル出場しチームの残留に貢献した。2014年は副キャプテンに就任[5]。引き続き3バックの一角で起用されると第8節・名古屋グランパス戦、第9節・大宮アルディージャ戦で2試合連続ゴールを挙げ、2連勝に貢献。また、リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯43試合すべての公式戦に出場した(うち42試合先発フルタイム出場)[6][7]。特に守備時の空中戦の勝率は高く、2013年・2014年のJ1において2年連続でトップ3入りしており、甲府の守備を支えた[8][9]

2015年、サンフレッチェ広島へ完全移籍した。移籍金4,500万円(推定)[7]。前年限りで退団し鹿島アントラーズに移籍したファン・ソッコの穴埋めとして期待された[10]。 当初は千葉和彦水本裕貴塩谷司が不動のレギュラーのため、バックアップとして終盤の守備固めとして出場することが多かったが、塩谷や水本が負傷離脱した際には、スタメン出場しその穴を埋めた。 チャンピオンシップ決勝の第1戦のガンバ大阪戦では1点ビハインドの場面で貴重な同点ゴールを挙げた。

2016年はリーグ開幕戦から左ストッパーのレギュラーを勝ち取り活躍を続けていたが、3月20日に行われた1stステージ第4節大宮アルディージャ戦の後半ロスタイムに負傷退場し、右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負った。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2012 甲府 6 J2 35 2 - 0 0 35 2
2013 J1 33 3 4 0 4 0 41 3
2014 34 3 6 0 3 0 43 3
2015 広島 19 22 0 6 1 4 0 32 1
2016 4 0 0 0 0 0 4 0
2017
通算 日本 J1 93 6 16 1 11 0 120 7
日本 J2 35 2 - 0 0 35 2
総通算 128 8 16 1 11 0 155 9
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2015 広島 19 - 4 0
2016 1 0 -
通算 AFC 1 0 4 0

その他の公式戦

選抜歴[編集]

  • 2008年 関東大学選抜B
  • 2008年 U-19日本代表
  • 2010年 関東大学選抜A

タイトル[編集]

サンフレッチェ広島

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 座間出身佐々木翔選手 ヴァンフォーレ甲府に入団”. タウンニュース (2012年1月20日). 2015年1月26日閲覧。
  2. ^ 関東大学サッカー注目選手リレーインタビュー”. ゲキサカ (2010年5月4日). 2015年1月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e 佐々木翔、三原向平のJリーグ入団発表が行われました”. 神奈川大学サッカー部 (2012年1月11日). 2015年1月26日閲覧。
  4. ^ U-19日本代表、SBSカップメンバー発表!”. ゲキサカ (2008年8月12日). 2015年1月26日閲覧。
  5. ^ 2014シーズン キャプテン・副キャプテン 決定のお知らせ [ 甲府 ]”. J's GOAL (2014年2月17日). 2015年1月26日閲覧。
  6. ^ 佐々木、今季初得点がV弾!連敗2で止めた”. 報知新聞 (2014年4月20日). 2015年1月26日閲覧。
  7. ^ a b 佐々木、広島へ完全移籍「本当に悩みました」”. 報知新聞 (2015年1月11日). 2015年1月26日閲覧。
  8. ^ 176㎝ながら空中戦勝率J1・3位の佐々木翔が語る“ヘディング必勝法””. エルゴラ (2014年4月9日). 2015年1月26日閲覧。
  9. ^ 176cm甲府DF佐々木が空中戦最多勝”. ニッカンスポーツ (2014年10月28日). 2015年1月26日閲覧。
  10. ^ DF佐々木(甲府)、MF工藤(京都)獲得へ”. 中国新聞 (2015年1月7日). 2015年1月26日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]