畠中槙之輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
畠中 槙之輔 Football pictogram.svg
名前
愛称 シン、ハタ
カタカナ ハタナカ シンノスケ 
ラテン文字 HATANAKA Shinnosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-08-25) 1995年8月25日(26歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 184cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜F・マリノス
ポジション DF
背番号 4
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2018 東京ヴェルディ 61 (4)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 4 (0)
2016 FC町田ゼルビア (loan) 29 (0)
2018- 横浜F・マリノス 64 (2)
代表歴2
2019-  日本 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月19日現在。
2. 2021年3月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

畠中 槙之輔(はたなか しんのすけ、1995年8月25日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手Jリーグ横浜F・マリノス所属。ポジションはディフェンダー日本代表

人物・来歴[編集]

クラブ[編集]

経済産業省官僚安藤保彦監督の息子から誘われて小学校1年のときに加入した横浜すみれSCから[1]、東京ヴェルディの下部組織で育って2014年にトップチームに昇格した。

2016年、FC町田ゼルビア期限付き移籍[2]。2016年12月28日、東京ヴェルディへ復帰[3]

2018年8月14日、横浜F・マリノスへ完全移籍[4]。同年8月22日、天皇杯4回戦のベガルタ仙台戦で初先発すると、デビュー戦で得点を決めた[5]

代表[編集]

2019年3月14日、キリンチャレンジカップ2019の日本代表に選出される[6] と、26日のボリビア戦にDFとして先発出場し、国際A代表デビューを果たした。同年12月にはEAFF E-1サッカー選手権2019に出場する日本代表のメンバーに選出された[7][8]

性格[編集]

負けず嫌いで努力家という点で衆目一致する[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 東京V 13 J2 2 0 - 0 0 2 0
2015 4 0 - 1 1 5 1
2016 町田 3 29 0 - 1 0 30 0
2017 東京V 4 27 2 - 1 0 28 2
2018 28 2 - 0 0 28 2
横浜FM 44 J1 5 0 1 0 1 1 7 1
2019 34 0 4 0 1 0 39 0
2020 25 2 2 0 - 27 2
2021 4
通算 日本 J1 64 2 7 0 2 1 73 3
日本 J2 90 4 - 3 1 93 5
総通算 154 6 7 0 5 2 166 8
  • 2013年はユース所属

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 2 0 2 0
2015 2 0 2 0
通算 日本 J3 4 0 4 0
総通算 4 0 4 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2020 横浜FM 44 4 0
通算 AFC 4 0
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

東京ヴェルディジュニア
東京ヴェルディユース
横浜F・マリノス

個人[編集]

  • Jリーグ・優秀選手賞(2019年)

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 8試合 0得点(2019年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2019 7 0
2021 1 0
通算 8 0

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2019年3月26日 日本の旗神戸 ノエビアスタジアム神戸 ボリビアの旗 ボリビア ○1-0 森保一 キリンチャレンジカップ2019
2. 2019年6月5日 日本の旗豊田 豊田スタジアム トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ △0-0
3. 2019年6月9日 日本の旗宮城 ひとめぼれスタジアム宮城 エルサルバドルの旗 エルサルバドル ○2-0
4. 2019年11月19日 日本の旗大阪 パナソニックスタジアム吹田 ベネズエラの旗 ベネズエラ ●1-4
5. 2019年12月10日 大韓民国の旗釜山 釜山九徳スタジアム 中華人民共和国の旗 中国 ○2-1 EAFF E-1サッカー選手権2019
6. 2019年12月14日 香港の旗 香港 ○5-0
7. 2019年12月18日 釜山アシアドメインスタジアム 大韓民国の旗 韓国 ●0-1
8. 2021年3月30日 日本の旗千葉 フクダ電子アリーナ モンゴルの旗 モンゴル ○14-0 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップ2023予選

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 横浜すみれSC「ガンバレ畠中選手」出身チームからエール タウンニュース都筑区版掲載号:2019年5月1日号
  2. ^ 畠中槙之輔選手 加入のお知らせ”. FC町田ゼルビア (2015年1月13日). 2015年1月13日閲覧。
  3. ^ 畠中 槙之輔選手復帰のお知らせ”. 東京ヴェルディ (2016年12月28日). 2016年12月28日閲覧。
  4. ^ 12年間過ごした東京Vとの別れ…22歳DF畠中槙之輔が横浜FMに完全移籍 「同期のJ1での活躍を見ていると… ゲキサカ(2018年8月14日)
  5. ^ 【横浜M】東京Vから加入DF畠中がデビュー戦でゴール「結果につながらなくて残念」 スポーツ報知(2018年8月23日)
  6. ^ 畠中槙之輔選手 キリンチャレンジカップ2019 日本代表メンバー選出のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2019年3月14日). 2019年3月26日閲覧。
  7. ^ “SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール ~EAFF E-1サッカー選手権2019(12/10~18@韓国)~” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年12月4日), https://www.jfa.jp/samuraiblue/news/00023750/ 2019年12月7日閲覧。 
  8. ^ “遠藤渓太選手・仲川輝人選手・畠中槙之輔選手 EAFF E-1サッカー選手権2019 決勝大会 SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー選出のお知らせ” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2019年12月4日), https://www.f-marinos.com/news/category=5_id=6650 2019年12月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]