宮市亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮市 亮 Football pictogram.svg
Ryo Miyaichi.jpg
アーセナル時代の宮市
名前
愛称 リオ[1]
カタカナ ミヤイチ リョウ
ラテン文字 MIYAICHI Ryo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-12-14) 1992年12月14日(24歳)
出身地 愛知県岡崎市
身長 183cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 FCザンクトパウリ
ポジション FW (WG)
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2015 イングランドの旗 アーセナル 1 (0)
2011 オランダの旗 フェイエノールト(loan) 12 (3)
2012 イングランドの旗 ボルトン(loan) 12 (0)
2012-2013 イングランドの旗 ウィガン(loan) 4 (0)
2014-2015 オランダの旗 トゥウェンテ(loan) 10 (0)
2015- ドイツの旗 FCザンクトパウリ 23 (2)
代表歴2
2012 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月22日現在。
2. 2012年12月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

宮市 亮(みやいち りょう、1992年12月14日 - )は、愛知県岡崎市出身のプロサッカー選手[2]ブンデスリーガ2部FCザンクトパウリ所属。ポジションフォワード(主に左ウイング)、サイドハーフ。50m5秒台の快足を生かした突破力が持ち味[3][4]。元日本代表。

サッカー選手の宮市剛は実弟。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

宮市はトヨタ自動車野球部でヘッドコーチを務めていた父親と高校時代に槍投げで全国ランキング8位の実績を持つ母親との間に生まれた[5]。父親の影響で小学校の途中までサッカーと並行して野球もプレイしていたが、中学進学時にサッカーだけに専念することを選択した[5]。サッカーでは小学3年生の時から地元のシルフィードFCジュニアに所属し[6]、その後も愛知県トレセンに選ばれるなど順調にキャリアをスタートさせる[7]。中学に入るとシルフィードFCジュニアユースに進み、1年生時にJFAエリートプログラム、2年生時にU-14日本代表、3年生時にU-15日本代表とそれぞれ選出された。中学時代までは主に右サイドバックを任され、当時は今のようにドリブルで勝負するようなタイプではなく、とにかくタッチライン際を何度も往復する汗かき役であった[8]

高校時代[編集]

2008年4月、地元の強豪中京大学附属中京高等学校に進学[6]。この頃に道家監督指導の下、現在の左ウイングをポジションとするプレースタイルに変わり[8][9]、1年生時からレギュラーを獲得し、AFC U-16選手権に出場するU-16日本代表にも選出された[10]。2年生時にはU-17日本代表に選出され、同学年の宇佐美貴史高木善朗らと共にFIFA U-17ワールドカップに出場し[11]第88回全国高等学校サッカー選手権大会では大会優秀選手に選ばれた。3年生時、主将として出場した第89回全国高等学校サッカー選手権大会では、チームは初戦敗退に終わるも、1得点1アシストを挙げる活躍を見せ、2大会連続で大会優秀選手に選ばれた[12]

2010年1月にドイツブンデスリーガに所属するFCケルンの練習に参加し、世界に目をむけるようになる[13]。同年8月に再び海を渡り、イングランドプレミアリーグアーセナルと、オランダ・エールディビジのアヤックスの練習に参加し[14]、アーセナル監督を務めるアーセン・ベンゲルから高く評価され、5年という長期契約のオファーを受けた[15]。同年12月18日、アーセナルへの加入が正式に発表された[16]。しかし、宮市は英国の就労ビザ発行基準を満たしておらず、イングランドでプレーすることが許可されなかったため、2011年1月31日、オランダエールディヴィジフェイエノールト期限付き移籍することが決定した[17]

フェイエノールト[編集]

フェイエノールトでプレイする宮市(2011年)

2011年2月6日、フィテッセ戦(エールディヴィジ第22節)にて18歳1カ月23日での公式戦デビュー(先発フル出場)を果たし、森本貴幸の記録を抜き欧州主要リーグの日本人最年少デビュー記録を作った[18][19]。2月12日、ヘラクレス・アルメロ戦(第23節)にてホーム戦デビューを飾り、プロ初得点となる先制弾を左足で豪快に決め、森本の持つ欧州主要リーグの日本人最年少得点記録を18歳1カ月29日と更新した[18][20]。2月27日、FCフローニンゲン戦(第25節)でプロ初アシストを記録。4月17日、ヴィレムII戦(第31節)では2得点2アシストを挙げる活躍でチームの大勝に貢献した。

プレミアリーグ時代[編集]

アーセナルFC.リザーブでプレイする宮市(2013年10月7日)

2011-12シーズン前、オランダでの活躍によりベンゲル監督からアーセナルのファーストチーム入りを明言され、2011年8月9日、アーセナルの申請で英国の労働ビザを特例で取得したことで、イングランドでのプレーが可能になった[21]。9月20日、カーリングカップ3回戦のシュルーズベリー(4部)戦で公式戦デビューを果たした。しかし、11月にリザーブリーグでの負傷による長期離脱などが影響し、前半戦の公式戦出場はカップ戦2試合のみに留まった。

2012年1月31日、ボルトン・ワンダラーズFCへ半年間の期限付き移籍が発表された[22]。2月11日、第25節ウィガン戦で後半開始から途中出場し、稲本潤一の記録を更新する日本人最年少となる19歳1カ月28日でのプレミアリーグ初出場を果たした[23]。2月18日、FAカップ5回戦ミルウォールでは初先発で移籍後初得点となる先制点を決めた[24]。3月10日、第28節QPR戦では決勝点となる移籍後初アシストを決めた[25]。その後、レギュラーに定着するがチームは2部に降格し、自身も終盤戦は右肩の怪我の影響もあり本領を発揮できなかった。5月23日、キリンチャレンジカップアゼルバイジャン戦で、A代表初キャップを記録した。

2012年8月13日、ウィガン・アスレティックFCへの1年間の期限付き移籍が発表された。同年11月17日のリヴァプール戦で右足首靱帯を負傷し長期離脱。2013年3月9日、FAカップ準々決勝エヴァートン戦で約4カ月ぶりに復帰を果たすも相手選手との接触により再び右足首靱帯を負傷し、後日手術を受けた[26]。最終的に2012-13シーズンの公式戦出場はわずか7試合に留まり、チームも2部に降格した。なお、宮市にとっては2年連続となる2部降格を経験した。

2013-14シーズンはアーセナルに残留。9月18日、欧州CLの第1節のオリンピック・マルセイユ戦に途中出場し、CL本戦デビューを飾った。9月24日、第5節ストーク戦でアーセナルでのリーグ戦初出場を果たしたが、リーグ戦出場はこの1試合に留まり、2014年3月にはハムストリングを負傷し戦線離脱となった。

FCトゥウェンテ[編集]

2014年9月1日、昨シーズンからアーセナルに復帰していたが怪我の影響もあり、なかなかトップチームの出場機会がなかったためオランダ1部エールディヴィジFCトゥウェンテへのレンタル移籍が決定した。スタメン起用が続くもインパクトは残せず、2014年11月1日のヘーレンフェーン戦でFOX.nlの解説を務めていたハリー・ファン・デル・ラーンに「前線で極端に酷い宮市がスタメンで固定されているのは商業的理由でしかあり得ない」とコメントされた[27]。その後、コンディションを戻すためにトップチームを外れてヨング・トゥエンテでのプレーが続いた。

2015年3月23日、FCトゥウェンテがレンタル移籍の契約満了を発表した。

2015年6月10日にプレミアリーグから開示された資料で、アーセナルとの契約が解除されていたことが明らかになった[28]

FCザンクトパウリ[編集]

2015年6月18日、ドイツ・ブンデスリーガ2部FCザンクトパウリへフリーで移籍した[29]。 しかし、7月18日に行われた親善試合ラーヨ・バジェカーノ戦で、左膝前十字靭帯を断裂、23日に手術を受けた[30]。2016年4月1日、第28節の1.FCウニオン・ベルリン戦で怪我から復帰を果たした。5月15日、最終節の1.FCカイザースラウテルン戦で移籍後初先発を果たすと、2得点1アシストの活躍で勝利に貢献した。

2016年8月8日、開幕戦のVfBシュトゥットガルトで途中出場した。10月14日、ドイツカップ2回戦のヘルタ・ベルリン戦で負傷から約1カ月ぶりの出場を果たした。

2017年6月28日における紅白戦で、以前怪我したのとは反対側の右膝前十字靭帯を断裂した事をクラブ公式ツイッターがアナウンス。再びの長期離脱となる事が予想されている[31]

プレースタイル[編集]

爆発的な加速力をいかした縦への突破を武器とするウイング[32]。イギリスのデイリー・テレグラフ紙によれば100mを10秒6で走る事ができる[33]

右利きであるが、主に左サイドでプレーする[34](右サイドでもプレー可能)。両足を器用に使うことができ、ボルトンでは左右両方のCKのキッカーを任された[35]

エピソード[編集]

  • 愛知県選抜時に、仮面ライダー俳優の佐野岳と同じチームで他県代表と戦った過去がある[36]
  • 英語に堪能で、2012年の時点で地元記者のインタビューに英語ですらすらと答えられるレベルにある[37]
  • 家族構成は両親と弟の4人家族。父親は以前トヨタ自動車硬式野球部で選手、ヘッドコーチを務めており[6]、宮市の高校の同級生で幼馴染でもある広島東洋カープ磯村嘉孝の父親と選手時代にチームメートでもあった。弟の宮市剛もサッカー選手である。
  • 小学6年生時まで野球とサッカーを両立し、野球ではサウスポー投手を志していた[38]。この頃から阪神タイガースのファンで、特に桧山進次郎赤星憲広の大ファンだった[38]。中学入学からサッカーだけに集中すると、野球をして欲しかった父親からは「今からでも遅くないぞ」といつも誘われていたという[39]
  • 中京大中京高校時代、持ち前の俊足とドリブル突破のスタイルから「和製C・ロナウド」と称された[6]
  • 2011年5月17日、英国のサッカーサイト"Caughtoffside.com"がランキング形式で紹介した「20歳未満の世界の注目の若手選手25人」において9位に選ばれた[40]
  • 2015年4月、高校時代の同級生と入籍[41]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2010-11 フェイエノールト 34 エールディヴィジ 12 3 - - 12 3
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2011-12 アーセナル 31 プレミアリーグ 0 0 2 0 0 0 2 0
ボルトン 30 12 0 - 2 1 14 1
2012-13 ウィガン 32 4 0 1 0 2 0 7 0
2013-14 アーセナル 31 1 0 2 0 0 0 3 0
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2014-15 トゥウェンテ 14 エールディヴィジ 10 0 - 1 0 11 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2015-16 ザンクトパウリ 13 2. ブンデス 6 2 - 0 0 6 2
2016-17 17 0 - 2 0 19 0
通算 オランダ エールディヴィジ 22 3 - 1 0 23 3
イングランド プレミア 17 0 5 0 4 1 26 1
ドイツ 2. ブンデス 23 2 - 2 0 25 2
総通算 62 5 5 0 7 1 74 6
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
UEFA UEFA CL
2011-12 アーセナル 31 0 0
2013-14 2 0
通算 UEFA 2 0

その他の国際公式戦

出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

イングランドの旗 ウィガン・アスレティックFC
イングランドの旗 アーセナルFC

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点 (2012- )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2012 2 0
通算 2 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【Premier Mood by原田公樹】 #98 宮市亮、アーセナルへの道J SPORTS、2008年9月8日
  2. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.24
  3. ^ W杯20「14」スター候補【2】宮市亮jiji.com、2011年2月1日
  4. ^ 宮市出番!代表初選出 ウズベク戦起用もnikkansports、2012年2月26日
  5. ^ a b 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.25
  6. ^ a b c d 「和製C・ロナウド」宮市、中京大中京へ日刊スポーツ、2008年1月31日
  7. ^ 「宮市亮」の形を確立したい日刊スポーツ、2010年12月28日
  8. ^ a b 宮市 亮インタビュー「サッカーを楽しみたい、決してあきらめたくない」SOCCER KING、2011年2月16日
  9. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.26
  10. ^ AFC U-16選手権 ウズベキスタン2008 日本代表メンバースポーツニッポン、2008年9月12日
  11. ^ U-17ワールドカップ2009スポーツナビ、2009年10月23日
  12. ^ 宮市散った…中京大中京、魔さかの敗退デイリースポーツ、2010年12月31日
  13. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.30
  14. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.31
  15. ^ 17歳宮市がアーセナルと5年契約へSOCCER KING、2010年8月31日
  16. ^ 中京大中京・宮市、アーセナルに1月加入!サンケイスポーツ、2010年12月19日
  17. ^ アーセナル宮市亮のフェイエノールトへのレンタル移籍が決定SOCCER KING、2011年2月1日
  18. ^ a b 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.32
  19. ^ 18歳1カ月…宮市、最年少欧州1部デビュースポニチ、2011年2月7日
  20. ^ 森本抜いた!宮市、最年少18歳1カ月弾サンケイスポーツ、2011年2月14日
  21. ^ “宮市亮、イングランドでの労働許可証を取得”. アーセナルFC. (2011年8月10日). http://jp-arsenal.com/news/2559.html 2011年8月12日閲覧。 
  22. ^ 宮市亮のボルトンへのレンタル移籍が決定アーセナルFC公式サイト、2011年1月31日
  23. ^ 稲本超え!宮市 日本人最年少プレミアデビュースポニチ、2012年2月12日
  24. ^ ボルトン宮市、イングランド初先発初ゴール…FA杯で日本人2人目SOCCER KING、2012年2月19日
  25. ^ 宮市Vアシスト初勝利&MVP/プレミア日刊スポーツ、2012年3月11日
  26. ^ 宮市 右足首手術…今季中の復帰は絶望にスポニチ、2013年3月15日
  27. ^ http://www.twenteinsite.nl/miyaichi-staat-er-om-commerciele-redenen-dat-kan-niet-anders.html
  28. ^ [1] (PDF) PREMIER LEAGUE FREE TRANSFER LIST 2014/15 2015年6月10日
  29. ^ FC ST. PAULI VERPFLICHTET RYŌ MIYAICHIFCザンクトパウリ、2015年6月18日
  30. ^ 宮市が前十字じん帯断裂で長期離脱に…新天地加入からわずか1カ月サッカーキング、2015年7月23日
  31. ^ 移籍後2年で2度目の大ケガ…宮市亮が再び前十字じん帯断裂で離脱サッカーキング、2017年6月29日
  32. ^ <北京五輪世代に続く新星> 宮市亮 「ベンゲルが一目で惚れ込んだ18歳」(1/3) Number.web 2011年3月31日
  33. ^ 英地元紙が宮市を特集、トットナムのベイルと比較 スポーツニッポン 2012.3.18付記事
  34. ^ ザックは今、“何”を探している!?石川直宏に続き宮市亮を呼んだ意味。 (3/3) Number.web 2012年2月27日
  35. ^ 宮市亮が放った「輝き」と「甘さ」。プレミアデビューを現地はどう見たか?(1/3) Number.web 2012年2月13日
  36. ^ 男の履歴書 佐野岳編|インライフ
  37. ^ #195 驚いた宮市亮の英語力J SPORTS
  38. ^ a b 虎党・宮市、桧山&赤星のエールに感激 デイリースポーツonline 2012年6月8日
  39. ^ 宮市 亮インタビュー「サッカーを楽しみたい、決してあきらめたくない」 サッカーキング 2011年2月16日
  40. ^ 宮市亮、世界の注目若手ランキングで堂々のトップ10入りSOCCER KING、2011年5月17日
  41. ^ 宮市、結婚!高校時代同級生と1か月前 スポーツ報知 2015年6月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]