ナオト・インティライミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナオト・インティライミ
出生名 中村 直人(なかむら なおと)
別名
  • なおと(旧名義)
  • Naoto(海外での名義)
生誕
学歴 中央大学文学部卒業
ジャンル J-POP[1]
職業
担当楽器
活動期間 2001年 -
レーベル
事務所 エンジン
公式サイト ナオト・インティライミ公式サイト

ナオト・インティライミNaoto Inti Raymi1979年8月15日 - )は、日本シンガーソングライター。2019年「Naoto」名義で、世界デビューも果たしている。三重県生まれ・千葉県育ち。所属マネージメントはエンジン。所属レーベルは、ユニバーサルミュージック内のユニバーサル・シグマ。オフィシャルファンクラブは「FCインティライミ」年会費制と「FCインティライミ モバイル」月額制がある。一人称は「ティライミ」。

人物・来歴[編集]

2001年から2002年まではなおと名義で活動[2]。本名の中村 直人名義の著書もある。

inti太陽raymi祭りという意味のケチュア語(インカの言葉[3])である。つまり「インティライミ」は、「太陽の祭り」という意味である。

三重県亀山市生まれ(父が三重県菰野町出身)、千葉県野田市育ち。中学時代から曲作りを始め、中央大学附属高等学校在学時には柏市内でストリートライブを行う[2]

2001年、中央大学在学中にソニー・ミュージックレコーズから「Growing up !!」でメジャーデビュー(「なおと」名義)。3枚のシングル、1枚のアルバムをリリース。2002年、中央大学卒業[4]

2003年8月から2004年末まで、夢であるワールドツアー実現のため「世界一周の旅」(28カ国)をした(後述[3]。帰国後の2005年4月からナオト・インティライミ名義の活動を開始。

かつて柏レイソルのジュニアユースチームにも所属していたこともあり、2007年から「Webサッカーマガジン」にブログを掲載していた。サッカーを通じたミュージシャンとの交流もあり、桜井和寿と一緒にプレイした際に自作のCDを渡したことから、2008年、ap bank fes '08Mr.Children のコーラスとして参加[5]。2009年にもMr.Childrenのライブツアー『Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY』に帯同していた。

2010年4月、ユニバーサルシグマからナオト・インティライミとしてはメジャーレーベル初のシングル「カーニバる?」をリリース(3回目のデビュー[3])。カップリング曲の「風になれ」は、仙台カップ国際ユースサッカー大会の公式応援ソング。

2010年9月-10月の初の全国ツアー「ナオト・インティライミ2010トラベる??」から、2010年12月13日の日本武道館、2011年7月10日の両国国技館、2011年12月18日の国立代々木競技場第一体育館で開催された1万2千人のクリパ(クリスマスパーティ)及び2012年12月のナオト・インティライミ初の横浜と大阪の2ヶ所アリーナライブを含め、2013年9月-12月の全国7カ所10公演のアリーナツアーまでのすべてのワンマンライブのチケットを完売している。

2011年1月、ガチンコで業界一を決めるフットサル大会、『音蹴杯』にウーロンチームで出場し、初優勝。決勝戦の延長残り2分でダイビングヘッドを見事決め、大会MVPに選ばれる。このときのウーロンチームのキャプテンは桜井和寿。

2012年12月31日、第63回NHK紅白歌合戦に初出場。歌唱曲は「Brave」。しかし、2008年の第59回NHK紅白歌合戦にてMr.Childrenの「GIFT」にコーラスとして参加しているため出演自体は2度目である。

2013年は、音楽ドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』(2013年4月13日より全国ロードショー)の映画に初出演。

2014年は、FIFAワールドカップブラジル大会関連の番組に多数出演。また、音楽フェスやアリーナツアーにて多数のライブ活動を行う。

2015年も引き継ぎライブキャラバンや音楽フェスに出演。また、映画『神様はバリにいる』(2015年1月17日より全国ロードショー)にも出演。6月10日には初のベストアルバム『THE BEST!』が発売された。12月23日には京セラドームにて、自身初のドーム公演が行われた。

2016年1月10日から、ミュージカル『DNA-SHARAKU』に主役で出演した。3月5日から6月26日にかけて全国ホールツアーが行われた。

2017年1月に自分の原点に立ち返るため、世界を回る旅に出ることを宣言。約半年間、世界19ヵ国の旅を経て7月10日開催のスペシャルLIVE「ナオトの日」にて完全復活。 俳優活動としてはTBSドラマ「コウノドリ」にも出演を果たした。

2018年3月からは自身初となる全国47都道府県弾き語りツアーを開催し無事に完走。12月には7枚目のアルバム「7」を発売し、年末には約3年ぶりのドーム公演もナゴヤドームにて開催した。

2019年8月には22ndシングル「まんげつの夜」がフジテレビ「痛快TVスカッとジャパン“ファミリースカッと”」のテーマ曲に起用され、9月からは31公演のホールツアーを開催。また世界三大レーベルのうちのひとつである「ユニバーサルミュージック ラテン」から「Naoto」名義で世界デビューした。

2020年には初の生配信ライブも実施し、10月には初のEP「オモワクドオリ」を発売。

放浪歴[編集]

  • 1999年9月 - ニューヨークのアポロシアターに出演[6]
  • 2000年9月 - タイへ人生初バックパックの一人旅[6]
  • 2002年4月 - アフリカ一人旅、ケニアでの飛び入りライブで現地人から絶賛される[6]
  • 2002年11月 - 南米ブラジルの旅、アマゾン川岸のビーチにて地元テレビ局の野外イベントに飛び入り出演[6]
  • 2003年8月 - 2004年末 - 515日をかけての世界28ヶ国一周放浪の旅へ出かける。
    • 中東パレスチナにて、ヤーセル・アラファート議長の前で上を向いて歩こうを歌い、マンツーマンで平和について語り合う[7][8]。その際、議長府に数泊させてもらっている[9]
    • エジプトでプロサッカー選手にスカウトされ、本気で悩む[10]
    • 南米コロンビアで、現地の超有名アーティストに気に入られ国内ツアーに同行。そのパフォーマンスが高く評価され、デビューの話を持ちかけられるも、旅を続ける[10]
    • マイアミで「LATIN FUNK FESTIVAL 04」に日本人初の出演。
  • 2017年 - インプットがないまま進んでいくのは良くないと思い、半年間、アフリカなど世界19ヶ国の旅に出た[3]。ドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』(前編・後編の2部作)として公開された[11]

音楽性[編集]

自身のルーツである1970年から1980年ブラックミュージックと、世界各国を旅して吸収したあらゆるジャンルの音楽、ナオト・インティライミとして再メジャーデビュー前のMr.Childrenのサポートメンバー参加から得たポップ・ミュージックを融合させた独自の音楽を生み出すのが特徴。

出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム タイアップ
なおと
1st 2001年9月19日 Growing up‼︎ CD SRCL-5157 圏外 Funk Renaissance
2nd 2002年1月30日 High CD SRCL-5279
3rd 2002年9月19日 あの素晴らしい愛をもう一度 CD SRCL-5441 未収録
NAOTO INTI RAYMI
1st 2005年11月9日 イタレリツクセリ CD SBCM-00006 圏外 未収録
2nd 2006年3月8日 桜小町 CD SBCM-00007
ナオト・インティライミ
1st 2010年4月7日 カーニバる⤴︎? CD UMCK-5271 34位 Shall we travel?? アリオバザールTVCF/4月度 TX「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ
2nd 2010年5月19日 タカラモノ 〜この声がなくなるまで〜 CD UMCK-5277 15位 AOKI もてスリムウォッシュスーツ CMソング
3rd 2010年9月29日 ありったけのLove Song CD UMCK-5293 23位 ADVENTURE
4th 2011年2月16日 今のキミを忘れない CD UMCK-5312 26位 Sony Ericsson“Cyber-shot(TM)ケータイ S006”CMタイアップ曲
5th 2011年4月20日 Brave CD UMCK-5323 13位
6th 2011年8月10日 Hello CD UMCK-5345 19位 風歌キャラバン 新世代マツダデミオTVCMイメージソング
7th 2012年2月8日 君に逢いたかった CD UMCK-5349 8位 ニッセン 2012春 CMソング
8th 2012年3月28日 愛してた CD+DVD UMCK-9472(初回限定盤) 8位 テレビ朝日「お願い!ランキング」3月度エンディングテーマソング
CD UMCK-5368(通常盤)
9th 2012年8月29日 ナイテタッテ CD+DVD UMCK-9554(初回限定盤) 17位 Nice catch the moment! フジテレビ系ドラマ『主に泣いてます』主題歌
CD UMCK-5399(通常盤)
10th 2012年11月28日 しあわせになるために CD+DVD UMCK-9564(初回限定盤) 13位
CD UMCK-5407(通常盤)
11th 2013年4月17日 恋する季節 CD+DVD UMCK-9617(初回限定盤) 6位 キリン 氷結CMソング
CD UMCK-5427(通常盤)
12th 2013年11月27日 手紙 CD+DVD UMCK-9648(初回限定盤) 13位 Viva The World! TOYOTA WISH 特別仕様車“MONOTONE” CMソング 手紙 (DJ DECKSTREAM Remix)
CD UMCK-5452(通常盤)
13th 2014年6月18日 The World is ours! CD+DVD UMCK-9677(初回限定盤) 12位 コカ・コーラ 2014 グローバル キャンペーンソング
CD UMCK-5474(通常盤)
14th 2014年9月17日 LIFE CD+DVD UMCK-9689(初回限定盤) 11位
CD UMCK-5485(通常盤)
15th 2015年4月8日 いつかきっと CD+DVD UMCK-9726(初回限定盤) 7位 THE BEST! 資生堂SEA BREEZE CMソング
CD UMCK-5565(通常盤)
16th 2016年2月3日 未来へ CD+フォトブック PROS-5901(初回限定ファンクラブ盤) 4位 Sixth Sense 日本赤十字社 平成28年はたちの献血キャンペーンソング
CD+DVD UMCK-9807(初回限定盤)
CD UMCK-5590(通常盤)
17th 2016年3月30日 together CD+DVD UMCK-9818(初回限定盤) 14位 「資生堂SEA BREEZE」CMソング
CD UMCK-5595(通常盤)
18th 2016年7月6日 Overflows 〜言葉にできなくて〜 CD+ポストカードカレンダー PROS-5902(初回限定ファンクラブ盤) 6位 フジテレビ系「痛快TV スカッとジャパン 胸キュンスカッと」テーマソング
CD+DVD UMCK-9844(初回限定盤)
CD UMCK-5603(通常盤)
19th 2016年12月7日 夢のありか CD+DVD UMCK-9884(初回限定盤A) 15位 「7」 劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」主題歌
CD+グッズ PROS-5904(初回限定盤B モンスターストライク盤)
CD UMCK-5618(通常盤)
20th 2018年7月10日 ハイビスカス/しおり CD+DVD UMCK-9936(初回限定盤A) 3位 テレビ東京系 金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理」主題歌(しおり)
CD UMCK-5647(通常盤)
21st 2018年10月24日 Start To Rain CD+DVD UMCK-9966(初回限定盤) 16位  
CD+グッズ PROS-5905(初回限定ファンクラブ盤)
CD UMCK-5658(通常盤)
22nd 2019年8月14日 まんげつの夜 CD+DVD UMCK-7029(初回限定盤) 15位 未収録 フジテレビ「痛快TVスカッとジャパン」「ファミリースカッと」テーマソング
CD+DVD PROS-5905(初回限定ファンクラブ盤)
CD+DVD UMCK-5679(通常盤)

ダウンロード・シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 収録作品
ナオト・インティライミ
1st 2010年12月1日 Adventure デジタル・ダウンロード ADVENTURE
2nd 2012年12月19日 Life pallet 恋する季節
3rd 2016年7月4日 Overflows 〜言葉にできなくて〜 (胸キュンスカッとVer.) Overflows 〜言葉にできなくて〜

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
なおと
1st 2002年6月19日 Funk Renaissance CD SRCL-5367 圏外
ナオト・インティライミ
1st 2010年7月7日 Shall we travel?? CD+DVD UMCK-9366(初回限定盤) 16位
CD UMCK-1360(通常盤)
2nd 2011年5月11日 ADVENTURE CD+DVD UMCK-9427(初回限定盤) 3位
CD UMCK-1390(通常盤)
3rd 2012年4月18日 風歌キャラバン CD+DVD UMCK-9476(初回限定盤) 1位
CD UMCK-1413(通常盤)
4th 2013年5月15日 Nice catch the moment! CD+グッズ PROS-1902(famima.com限定セット) 2位
CD+DVD UMCK-9619(初回限定盤)
CD UMCK-1445(通常盤)
5th 2014年10月1日 Viva The World! CD+DVD UMCK-9695(初回限定盤) 2位
CD UMCK-1491(通常盤)
6th 2016年9月14日 Sixth Sense CD+DVD+ブックレット+グッズ PROS-1905(初回限定ファンクラブ盤) 3位
CD+DVD UMCK-9862(初回限定盤)
CD UMCK-1552(通常盤)
7th 2018年12月12日 「7」 CD+DVD UMCK-9982(初回限定盤) 6位
CD+グッズ PROS-1911(初回限定ファンクラブ盤)
CD UMCK-1615(通常盤)

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2010年7月7日 ウルトラC CD POCS-22006 259位

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
ナオト・インティライミ
1st 2013年9月25日 旅歌ダイアリー CD UMCK-1458 17位
2nd 2017年11月22日 旅歌ダイアリー2 CD+PHOTO BOOK UMCK-9927(完全限定生産盤) 10位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
ナオト・インティライミ
1st 2015年6月10日 THE BEST! CD+DVD++タオル PROS-1903(初回限定ファンクラブ盤) 3位
CD+DVD UMCK-9748(初回限定盤)
CD UMCK-4833(通常盤)

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ナオト・インティライミ
1st 2013年2月13日 ナオト・インティライミ LIVE in 日本武道館〜無謀?感動!武道館‼︎!〜 DVD+BD UMBK-9262(初回限定盤)
DVD+BD UMBK-1194(通常盤)
2nd 2013年9月27日 ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー BD(特典DVD付2枚組) TBR23268D
DVD(特典DVD付2枚組) TDV23269D
3rd 2013年11月27日 ナオト・インティライミ TOUR 2011 ADVENTURE〜時はナオト大公開時代〜 final in 両国国技館 DVD+BD UMBK-9274(復刻Tシャツ付初回限定盤)
DVD+BD UMBK-1204(通常盤)
4th 2014年4月23日 ナオト・インティライミ TOUR 2012 風歌キャラバン〜キャラバンだけど知らない人にはついて行っちゃダメ!絶対!〜 DVD+BD UMBK-9281(初回限定盤 DVD2枚組+復刻デザインタオル ニューカラーバージョン)
DVD+BD UMBK-1211(通常盤 DVD2枚組)
5th 2014年12月17日 ナオト・インティライミ LIVE キャラバン 2013 @ARENA Nice catch the moment! DVD+BD UMBK-9285(タオル付初回盤)
DVD+BD UMBK-1217(通常盤)
6th 2016年3月30日 ナオト・インティライミ初ドーム公演~4万人でオマットゥリ‼︎ イヴイヴ大阪冬の陣 @京セラドーム大阪~ 2BD+フォトブック UMBK-9285(Blu-ray初回限定盤)
BD UMXK-1035(Blu-ray通常盤)
3DVD+フォトブック UMBK-9294(DVD初回限定盤)
2DVD UMBK-1233/4(DVD通常盤)
7th 2016年11月16日 ナオト・インティライミ初主演ミュージカル DNA-SHARAKU BD ASBD-1182
8th 2017年2月8日 ナオト・インティライミ HALL TOUR〜アットホールで、アットホームなキャラバン 2016〜 BD+LIVE CD+チケットホルダー UMXK-9016(Blu-ray初回限定盤)
BD UMXK-1042(Blu-ray通常盤)
DVD+LIVE CD+チケットホルダー UMBK-9297(DVD初回限定盤)
DVD UMBK-1244(DVD通常盤)
9th 2017年6月21日 ナオト・インティライミ アリーナツアー 2016 Sixth Sense Blu-ray+LIVE CD+PHOTO BOOK+スペシャルトレーラーパッケージ PROS-4902(Blu-ray初回限定ファンクラブ盤)
BD UMXK-1048(Blu-ray通常盤)
2DVD+LIVE CD+PHOTO BOOK+スペシャルトレーラーパッケージ PROS-3902(DVD初回限定ファンクラブ盤)
DVD UMBK-1251(DVD通常盤)

参加作品[編集]

発売日 タイトル アーティスト 規格 レーベル 規格品番 備考
# 2006年10月25日 太陽は燃えている~カシワレイソルノウタ~ サンプラザ中野パッパラー河合 CD 柏兄弟 MS Record MSCK-0001 柏レイソルのサポーターズシングル。3曲目「Glory of Reysol (ナオト・インティライミ&柏レイソルサポーター)」で参加。
# 2007年7月25日 ビバ!トリコ CD OK LABEL OKSP-1 ロナウジーニョをリスペクトするアーティストたちが楽曲を提供したコンピレーション・アルバム。3曲目「Ronaldinho-Respect to Ronaldinho-」で参加。
# 2012年2月22日 トリステーザ JAMOSA Feat. ナオト・インティライミ CD rhythm zone 作詞はナオト・インティライミとJAMOSAの共作、作曲はナオト・インティライミ。JAMOSAのアルバム「TRY」、ナオト・インティライミのアルバム「風歌キャラバン」にそれぞれのソロバージョンを収録。
# 2012年3月7日 All You Need Is Love JAPAN UNITED with MUSIC CD AYNIL制作委員会 XNAP-00001/B 東日本大震災復興支援を目的としたチャリティーユニット。
# 2016年11月2日 同じ空 feat. ナオト・インティライミ&安田レイ SPICY CHOCOLATE デジタル・ダウンロード Delicious Deli Records
# 2018年7月4日 Reborn〜生まれたてのさだまさし〜 さだまさし CD フリーフライト 「きみのとなりに」「パスワード シンドローム」の作詞作曲クレジットは”ナオト・マサシ・インティライミ”で、サウンド・プロデュースはナオトが担当した。

楽曲提供・プロデュース[編集]

アーティスト タイトル 担当内容
# 山下智久 カリーナ 作詞作曲
# 山下智久 YOUR STEP 作詞
# サンドクロック ハレルヤ 作曲
# SMAP 君とBoogie Woogie 作詞作曲
# さだまさし 大盛況〜生まれたてのさだまさし〜 Co-Produce
# さだまさし パスワード•シンドローム 作詞作曲編曲コーラス (作詞作曲はさだとの共作、編曲は大久保薫との共作)
# GOLD LUSH サヨナラスタート 作曲
# LinQ ハレハレ☆パレード 特命プロデューサーとして、作詞作曲編曲 (編曲は大久保薫との共作)
# Kis-My-Ft2 AAO 作詞作曲
# 伊藤千晃 Wa・Ta・Shi 作詞作曲 (作詞は伊藤との共作)
# BOYS AND MEN あなたに出逢えたこと 作詞作曲
# King & Prince マホロバ 作詞作曲編曲 (編曲は大久保薫との共作)
# 宮本笑里 「Delight」/「Bitter Love」 作曲・プロデュース
# 望海風斗 夢をあつめて 作詞作曲
# きいやま商店 アカサタナ プロデュース

書籍[編集]

発売日 タイトル 出版社
中村直人
1st 2006年10月6日 世界よ踊れ 〜歌って蹴って! 28カ国珍遊日記〜 幻冬舎
ナオト・インティライミ
2nd 2010年7月1日 世界よ踊れ 〜歌って蹴って! 28ヶ国珍遊日記〜 アジア・中東・欧州・南米篇 幻冬舎文庫
3rd 2011年7月6日 世界よ踊れ 〜歌って蹴って! 28ヶ国珍遊日記〜 南米・ジパング・北米篇 幻冬舎
4th 2013年3月29日 旅歌ダイアリー 幻冬舎
5th 2017年11月9日 旅歌ダイアリー2 幻冬舎

ライブ[編集]

ワンマンライブ・ツアー[編集]

初期はライブハウスでの公演が多いが、徐々に観客動員数に合わせてホールアリーナと規模を拡大してきている。

日程 種別 タイトル 会場・備考
2008年10月31日 単発公演 ワールドトラベル2008
~地球の廻し方~
presented by AIR INTI RAYMI

FUNKIST、All Japan Goith等も出演したワンマンライブ。

2010年2月1日 単発公演 うたうっす! おどるっす! はしゃぐっす!
春の大感謝祭!
~スタートダッシュで前のめり~
2010年9月23日 - 10月11日 コンサートツアー ナオト・インティライミ TOUR 2010
「Shall we トラベる??」
~旅は道連れ、世は騒げ!~

1stアルバム『Shall we travel??』を引っ提げて敢行された、ナオト・インティライミ初のライブツアー。

2010年12月13日 単発公演 ナオト・インティライミ LIVE in 日本武道館
~無謀?感動!武道館‼︎!~

デビューから僅か8ヶ月後に開催された、初の日本武道館ワンマンライブ。

2011年6月23日 - 7月6日 コンサートツアー ナオト・インティライミ 全国ツアー「ナオト・インティライミ TOUR 2011 ADVENTURE〜時はナオト大公開時代〜」
2011年7月10日 単発公演 「ナオトの日」スペシャルワンマンライブ
2011年12月18日 単発公演 1万2千人のクリパ(クリスマスパーティ・クリスマスパーリー)
2012年5月17日 - 7月6日 コンサートツアー ナオト・インティライミ 全国ツアー「ナオト・インティライミ TOUR 2012 風歌キャラバンかざうたきゃらばん〜キャラバンだけど知らない人にはついて行っちゃダメ!絶対!〜」
2012年12月6日 - 12月25日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ アリーナツアー2012 〜ツアーって言っても横浜と大阪の2ヶ所だけだけど…。背伸びしたってええじゃないか!師走にお祭りしたってええじゃないか!〜」
2013年5月25日 - 8月2日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ LIVE キャラバン 2013@HALL Nice catch the moment!
2013年9月21日 - 12月29日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ LIVE キャラバン 2013@ARENA Nice catch the moment!
2014年10月31日 - 2015年1月25日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ LIVE キャラバン 2014-15」
2015年12月23日 単発公演 『ナオト・インティライミ初ドーム公演 〜4万人でオマットゥリ!!イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪〜』
2016年3月5日 - 6月26日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ HALL TOUR ~アットホールで、アットホームなキャラバン2016~」
2016年11月16日 - 12月15日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ アリーナツアー 2016 Sixth Sense」
2017年11月8日 - 12月21日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ LIVEキャラバン2017「旅歌ダイアリー」」
2018年3月27日 - 10月22日 コンサートツアー こんなの初めて!!ナオト・インティライミ 独りっきりで全国47都道府県 弾き語りツアー2018
2018年12月29日 単発公演 ナオト・インティライミ ドーム公演2018~4万人でオマットゥリ!年の瀬、みんなで、しゃっちほこ!@ナゴヤドーム~
2019年9月27日 - 12月23日 コンサートツアー 「ナオト・インティライミ TOUR 2019 ~新しい時代の幕開けだ!バンダ、ダンサー、全部入り!欲しかったんでしょ?この感じ!~」

モール・ツアー[編集]

「ミニライブ&サイン会」[編集]

「ミニライヴ&握手会」[編集]

「夏フェス」[編集]

学園祭ツアー[編集]

その他・ライブ出演[編集]

ナオトの日スペシャルライブ[編集]

7月10日には、ナオ(7)ト(10)の日として、毎年ライブが開催されている。ギターやピアノを使ったアコースティックライブで、その日の雰囲気やリクエストで選曲するスタイルで行われている。

  • 2010年7月10日 - モールツアーファイナルとしてラゾーナ川崎で無料ライブイベント。
  • 2011年7月10日 - ナオト・インティライミ初めての全国ツアー『ナオト・インティライミ TOUR 2011 ADVENTURE〜時はナオト大公開時代〜』の最終公演として 両国国技館で「ナオトの日」スペシャルワンマンライブ。
  • 2012年7月10日 - 全国ツアー終了後、渋谷公会堂でFCインティライミ限定ライブ『〜夏だ!太陽だ!祭りだ!納豆だ!いや、ナオトだ!2012〜 』。
  • 2013年7月10日 - 日本武道館でサポートバンドなしの一人ライブ『ナオト・インティライミ 日本武道館LIVE on ナオトの日 〜今年も? いや今年こそドカーンとやりますよ!〜』。
  • 2014年7月10日 - ゼビオアリーナ仙台でサポートバンドなしの一人ライブ『ナオトの日 スペシャルライブ2014 in 仙台 〜ありの〜♪ままの〜♪ナオト見せるのよ〜♪ギターとピアノの素っ裸LIVE 〜 』。
  • 2015年7月10日 - 東京国際フォーラム ホールAで、『スペシャルライブ ナオトの日 〜納豆食って平城京、ナオトの日ってHey Yo 今日!〜』。
  • 2016年7月10日 - 幕張メッセ 国際展示場 1〜3ホール で、『ナオトの日スペシャルLIVE〜今年も独りでノープラン!安心してください!入れますよ!!笑 幕張メッセです!ナオトの日2016!!〜』。
  • 2017年7月10日 - 日本ガイシホール ナオトの日スペシャルLIVE 2017 ~おまたせ、 おまかせ、おまっとぅり!ウェルカムバックでナオト の日!~
  • 2018年7月10日 - 大阪城ホール ナオトの日 スペシャルLIVE 2018 〜こんなの初めて! バンダと一緒にナオトの日! みんなでワイワイやったるじょー!!〜
  • 2019年7月10日 - マリンメッセ福岡 ナオトの日 スペシャルLIVE 2019~今年は博多で待っとるよ!すごかぁ、たのしかぁ、最高か!みんなで来たらよかろうもん!ナオトの日やけん、楽しむばい~
  • 2020年7月10日 - ナオトの日 スペシャルLIVE 2020~生配信の大祭典!初の試みドッキドキ?おうちでナオトを一人占め!!~
  • 2021年7月10日 - ナオトの日 スペシャルLIVE 2021~じゅっしゅぅ、じゅっしゅぅ、10周年!! あなたが思うよりおまっトゥリです!! with ナオトの日10周年&音楽活動20周年の特別企画!ドッキドキ!! ナオトインティライミ以前のなおと時代の音源オンリーで約90分間スペシャルノンストップMIX!!~

ナオトフェス [編集]

ショートムービープラットフォーム「TikTok」にて、注目のクリエイターやアーティストをゲストに迎え、TikTokならではの企画からLIVEパフォーマンスで構成されたTikTok LIVE。

  • 2020年7月31日 - vol.1ゲスト…土井レミイ杏利レミたん
  • 2020年8月31日 - vol.2ゲスト…Novelbright
  • 2020年9月30日 - vol.3ゲスト…YOASOBI
  • 2020年10月25日 - vol.4ゲスト…優里、れん
  • 2021年3月4日 - vol.5ゲスト…TENSONG
  • 2021年4月15日 - vol.6ゲスト…鈴木鈴木、Maica_n

TikTok LIVE[編集]

  • 2021年5月2日 - Stay Home! チャリティLIVE
  • 2021年7月30日 - TikTok LIVE Trend

Instagram Live[編集]

ナオトの部屋[編集]

唄をメインに構成する「ワンマンライブ」と、ゲストを招いてトークを繰り広げる「ナオトの部屋」を展開。公演時にはステージ上に仮想「ナオトの部屋」を創り出し、本当の友人をゲストに招いてアットホームな雰囲気の中で行われる。公演中、観客はご近所さんとなり覗き見をしているという設定で進行[16]

サポートメンバー[編集]

バンダ・インティライミ
  • ギター : 木島靖夫(マックス・インティライミ)
  • ベース : 鈴木渉(ワタル・インティライミ)
  • ドラムス : 波田野哲也(テツ・インティライミ)
  • キーボード : ミトカツユキ(かっちゃん・ティライミ)、宮崎裕介
  • サックス : 庵原良司(イハラ・インティライミ)
  • トランペット : ルイスバジェ(ルイス・インティライミ)

出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Japan's Naoto Inti Raymi Shares New 'Amor y Sol' Video With Kazutoshi Sakurai”. Billboard. (2018年12月6日). https://www.billboard.com/articles/news/international/8489036/japan-naoto-inti-raymi-new-video-amor-y-sol-mr-children-kazutoshi-sakurai-watch 2021年5月23日閲覧。 
  2. ^ a b 広報かしわ:平成28年3月1日発行分 1500号”. 柏市 (2016年3月1日). 2016年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 2018年11月28日放送「徹子の部屋」より 価格ドットコム テレビ紹介情報
  4. ^ 音楽の力を信じたい”. chuo online. 2012年12月11日閲覧。
  5. ^ ナオト・インティライミ インタビュー@ぴあ
  6. ^ a b c d Sony Music Online Japan : なおと : プロフィール
  7. ^ ナオト・インティライミ『何事にも常に“ready”!!夢の第一歩へ』 -ニューカマー ORICON STYLE ミュージック
  8. ^ 2010年5月17日放送「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」より。
  9. ^ 2012年5月13日放送「新堂本兄弟」より。
  10. ^ a b 2010年10月5日放送「CURIOUS PEOPLE」より。
  11. ^ ナオト・インティライミが19ヶ国を巡る旅で確かめた音楽がかけがえのないものである理由とは?”. rockinon.com (2017年11月27日). 2020年8月7日閲覧。
  12. ^ a b “滝沢カレン、Kaito「逃げ恥」新春SPゲストキャスト「まさか自分が出演できるなんて」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年11月24日). https://hochi.news/articles/20201123-OHT1T50168.html 2020年11月24日閲覧。 
  13. ^ a b ナオト、ミュージカル初挑戦に「武者震い」小関裕太とSF作品”. スポニチ (2015年8月5日). 2015年8月5日閲覧。
  14. ^ 【写真レポート】日いづる国のお祭り男、ZUSHI FESに現る!夏フェスにピッタリなナオト・インティライミが登場!”. WWSチャンネル. 2015年8月19日閲覧。
  15. ^ 【写真レポート】ナオト・インティライミ特番も! 『ZIP!春フェス2015』3日間のライブを日テレプラスで4/25(土)に一挙放送!”. WWSチャンネル. 2015年4月22日閲覧。
  16. ^ ナオト・インティライミの“部屋”in国技館にKAN&ゴス来訪

外部リンク[編集]