国営ひたち海浜公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国営ひたち海浜公園
Hitachi Seaside Park[1]
Hitachikaihin National Government Park[2]
Ferris wheel of the Hitachi beach park,hitachi-kaihin-koen,hitachinaka-city,japan.JPG
大草原の広場と観覧車「プリンセスフラワー」
所在地 北緯36度24分2秒 東経140度35分29秒 / 北緯36.40056度 東経140.59139度 / 36.40056; 140.59139座標: 北緯36度24分2秒 東経140度35分29秒 / 北緯36.40056度 東経140.59139度 / 36.40056; 140.59139
分類 国営公園都市公園
面積 350ha
前身 アメリカ軍水戸射爆撃場
開園 1991年(平成3年)10月5日
運営者 日本国(国土交通省関東地方整備局
年来園者数 176万人[3]2014年度)
現況 公園面積のうち、約55%が開園済み[4]
設備・遊具 本文参照
駐車場 4,350台(3か所の合計、有料)
告示 水戸勝田都市計画公園の変更(昭和58年茨城県告示第645号)[5]
事務所 国営常陸海浜公園事務所
事務所所在地 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
アクセス 勝田駅から茨城交通バス、約20分
公式サイト 公式サイト
入口
みはらしの丘のコキア

国営ひたち海浜公園(こくえいひたちかいひんこうえん)は、茨城県ひたちなか市にある日本国営公園である。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」では利用が制限される[6]

概要[編集]

この地域は1938年水戸陸軍飛行学校、陸軍水戸飛行場(前渡飛行場)が建設され[7]第二次世界大戦後の1946年6月にはアメリカ軍水戸射爆撃場[7]として利用されていた。その広大な跡地は1973年3月15日に日本政府に返還され[7]首都圏整備計画」の一環として整備されたものである。

1979年に事業着手、1984年に工事が開始され、1991年に約70haが開業した[8]。その後、何度も拡張を繰り返し、今に至る。

公園の総面積は350haに及んでいる。この面積は東京ディズニーランドの5倍程度の面積にあたるが、実際に公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)で、全体の約55%にとどまっている(2012年5月現在)[4]

茨城県内における花の名所の1つでもあり、4月頃のスイセンチューリップ、5月頃のネモフィラ、10月頃のコキア(ホウキグサ)などの時期にはキャンペーンイベントも行われる。

沿革[編集]

  • 1979年昭和54年) - 事業着手[8]
  • 1984年(昭和59年)8月9日 - 都市公園を設置する区域が決定(建設省告示1203号)[8]
  • 1984年(昭和59年)11月26日 - 工事着手 起工式[8]
  • 1991年平成3年)10月5日 - 第一期開園(70ha)[8]
  • 1995年(平成7年)3月16日 - たまごの森他 追加供用(6ha)[8]
  • 1996年(平成8年)4月1日 - ひたちなか自然の森他 追加供用(12.1ha)[8]
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 林間広場、記念の森庭園 追加供用(4.4ha)[8]
  • 1999年(平成11年)7月17日 - ファミリーパークゴルフ、BMX・MTBコース、南口駐車場他 追加供用(11.5ha)[8]
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)7月20日 - 砂丘ガーデン オープン(8.5ha)[8]
  • 2004年(平成16年)10月6日 - 海浜口(風のゲート)供用(3.4ha)[8]
  • 2005年(平成17年)3月18日 - ひなの林 供用(6.4ha)[8]
  • 2006年(平成18年)7月22日 - 砂丘観察広場 供用(9.2ha)[8]
  • 2008年(平成20年)4月20日 - みはらしの丘、みはらしの里一部供用(6.1ha)[8]
  • 2009年(平成21年)4月18日 - 砂と海の林、みはらしの里サイクル園路 追加供用(12.1ha)[8]
  • 2010年(平成22年)10月 - みはらしの里・多目的広場 追加供用(7.2ha)
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東日本大震災の影響で施設破損が相次ぎ、4月8日まで休園。4月9日より部分開園し、4月19日より一部を除き全面開園に戻る
  • 2012年(平成24年)5月 - みはらしの丘、サイクリングコース、散策路 追加供用(31.5ha)

入場料金・時間等[編集]

  • 入園料
    • 大人:410円 (団体 290円)
    • 65歳以上:210円 (団体 210円)
    • 子供:80円 (団体 50円)
    • 年間パスポート 大人:4100円、65歳以上:2100円、子供:800円
    団体は大人子供合わせて20人以上。
    6歳未満は無料。
    無料入園日がある。
  • 開園時間(2015年度)
    • 3月1日〜7月20日 - 9:30〜17:00
    • 7月21日〜8月31日 - 9:30〜18:00
      8月の一部期間には、緑色コキアのライトアップが行われるため、この期間に限り21:00で営業。
    • 9月1日〜10月31日 - 9:30〜17:00
    • 11月1日〜2月末日 - 9:30〜16:30
  • 休園日
    • 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
    • 12月31日、1月1日
    • 2月の第1火曜日からその週の金曜日まで
  • 毎日開園する期間(2015年度)
    • 春期 - 3月26日〜5月31日
    • 夏期 - 7月21日〜8月31日
    • 秋期 - 10月1日〜10月31日
    • 冬期 - 12月25日〜12月30日
  • 駐車場
    • 駐車台数 - 西:2000台、南:2000台、海浜口:350台
    • 料金 - 大型車:1550円、普通車:510円、二輪車:260円

施設構成[編集]

公園は7つのエリアに分かれており、その中に個々のアトラクションが設置されている。アトラクション間にはサイクリングコースが整備され、広大な敷地を自由に行き来することができる。また、主要なアトラクション間を結ぶシャトルバス、「シーサイドトレイン」もある。

西口エリア[編集]

たまごの森フラワーガーデンに咲き乱れるチューリップ
  • スイセンガーデン
    • 春に約100万本の様々な特徴あるスイセンが観察できる。文仁親王妃紀子にちなんで名づけられたスイセン「プリンセス・キコ」も見ることができる。
  • チューリップガーデン
  • たまごの森
  • たまごの森フラワーガーデン
  • ひなの林
  • 記念の森レストハウス
  • 水のステージ
    • 池の中にステージがあり、その周りに約1万人を収容できる観客席がある。
  • 西池

樹木エリア[編集]

みはらしエリア[編集]

ネモフィラに覆われた春の「みはらしの丘」
  • みはらしの丘
  • みはらしの里
  • 里の家
    • 再現された古民家。

草原エリア[編集]

  • 大草原
    • 約8haの芝生の広場。
  • 林間アスレチック広場
  • ディスクゴルフコース
  • バーベキュー広場
  • 大草原フラワーガーデン
  • 常陸野(ひたちの)のこみち
    • 主に秋の七草など秋の風情が感じられる草花を楽しめる。

砂丘エリア[編集]

グラスハウスから見える太平洋
  • グラスハウス
  • グリーン工房
  • 陶芸棟
  • ロックガーデン
    • 岩組みの乾燥した窪地で多種類の観葉植物が観察できる。
  • サンドガーデン
  • 海浜観察園路
    • 海浜の砂地でも育つ海浜植物が観察できる。
  • (されき)ガーデン
    • かつて、海岸集落や磯浜でよく見かけた植物を栽培している。
  • サイレントギャラリー
  • はだしの谷
  • 香りの谷
    • 香水用ハーブなど香りに関する植物が観察できる。

南口エリア[編集]

  • 泉の広場
    • 噴水のある広場。
  • 泉の広場フラワーガーデン
  • エノキの丘

プレジャーガーデンエリア[編集]

プレジャーガーデンエリア
  • パターゴルフガーデン
  • ファミリーパークゴルフ
  • プリンセスフラワー
    • 園内が一望できる観覧車。一番高いところで海抜100m。
  • BMX(バイシクルモトクロス)コース
  • ディスク・オー(絶叫マシン
  • 水遊びの広場

なおこのエリアは世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編鈴木福主演における「7歳になったら」の劇中で、観覧車や、遊園地の風景でロケ地となった。

行われる主なイベント[編集]

  • flowering フラワリング
  • IBSラジオ祭り(毎年ゴールデンウィーク頃)
  • きて みて さわってコキアカーニバル
  • ぽかぽか冬フェア

キャラクター[編集]

  • 花ちゃん(はなちゃん)
    • ピンク色のウサギの女の子。1991年10月5日生まれ。にんじん4本分の体重。
  • 海くん(かいくん)
    • 花ちゃんのボーイフレンド。水色のウサギの男の子。1991年10月5日生まれ。にんじん7本分の体重。

アクセス[編集]

公共交通機関[編集]

玄関口となる勝田駅
  • 勝田駅東口2番のりばから茨城交通バス海浜公園方面行、約20分。「海浜公園西口」または「海浜公園南口」下車。前述のスイセン・チューリップ・ネモフィラ・コキア鑑賞時期など、観光シーズンには臨時バスが多数運行される。
  • 勝田駅・那珂湊駅阿字ヶ浦駅などからコミュニティバス「スマイルあおぞらバス」。各方面本数は少ないが、運賃は一律100円である。
  • 高速バスは、東京駅八重洲南口からの勝田・東海線(茨城交通)と宇都宮駅からの北関東ライナー(茨城交通、関東自動車)が「海浜公園西口」または「海浜公園入口」に停車する。
  • ROCK IN JAPAN FESTIVALの際は水戸駅・勝田駅・阿字ヶ浦から臨時バスが運行される[9]
  • この他、上記の鑑賞時期など多客期には阿字ヶ浦駅から臨時バスが運行される場合がある。

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現地の案内表示及び公式サイトにおける英語名称
  2. ^ 国土交通省関東地方整備局国営常陸海浜公園事務所"国営ひたち海浜公園事業概要"における英語名称
  3. ^ 2015年度 記者発表資料"平成26年度 年間入園者数報告 1,767,731人 開園以来過去最高 ご来園ありがとうございました!"
  4. ^ a b 国土交通省関東地方整備局国営常陸海浜公園事務所"国営常陸海浜公園の概要|国営常陸海浜公園事務所"(2012年6月4日閲覧)
  5. ^ 国土交通省関東地方整備局国営常陸海浜公園事務所"国営ひたち海浜公園事業概要"8pp.(2010年11月8日閲覧)
  6. ^ ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013 開催のご案内とご協力のお願い”. 国営ひたち海浜公園 ひたち公園管理センター. 2015年9月5日閲覧。
  7. ^ a b c 公園略年表”. 関東地方整備局国営常陸海浜公園事務所. 2015年9月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 国営ひたち海浜公園事業概要”. 関東地方整備局国営常陸海浜公園事務所. 2015年9月5日閲覧。
  9. ^ 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010」シャトルバス情報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]