中央高地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八ヶ岳から

中央高地(ちゅうおうこうち)は、中部地方の山岳地帯である。

範囲[編集]

中央高地には、行政的には明確な区分がない[1]

以下のように出典によって、対象となる地理的範囲や地形が異なるが、おおよそ、山梨県長野県岐阜県に当たる。ほぼ同じ地域を、歴史や方言学では東山地方とも呼ぶ。

地形[編集]

松本盆地諏訪盆地などの多くの盆地があり、扇状地が発達している[9]

気候[編集]

中央高地式気候が見られる。また、山梨県・長野県・岐阜県の三県は、いずれも内陸県で、内陸性気候も見られる。

天気予報の予報区の場合は、岐阜県は東海地方、山梨県と長野県は甲信地方NHKの場合のみ関東と併称)として区分されている。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 小林寛義「中央高地」『日本地名大辞典 4 中部』(朝倉書店、1968年)
  2. ^ a b 有井琢磨, “中央高地”, 日本大百科全書, Yahoo!百科事典, http://100.yahoo.co.jp/detail/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%AB%98%E5%9C%B0/ 
  3. ^ “中央高地”, コンサイス日本地名事典, 第4版, 三省堂, (1998) 
  4. ^ 小学館 編「中央高地」『日本大百科全書 第15巻』より(小学館、1985年)ISBN 4-095-26014-9
  5. ^ 梅棹忠夫 他「中央高地」『日本語大辞典 第二版』より(講談社、1995年)ISBN 4-061-25002-7
  6. ^ 小林寛義 (1974), “中央高地”, 万有百科大事典 8 日本地理 た–わ, 小学館 
  7. ^ 猪口邦子 他 監修「中央高地」『大事典NAVIX』より(講談社、1997年)ISBN 4-061-23288-6
  8. ^ 信濃毎日新聞社 長野県百科事典
  9. ^ a b 金田一春彦 他 監修「中央高地」『新世紀ビジュアル大辞典』より(学研、1988年)ISBN 4-05-500115-0

参考文献[編集]