敬老の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

敬老の日(けいろうのひ)は、日本国民の祝日の一つである。日付は9月の第3月曜日

2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていたが、2003年(平成15年)から現行の規定となっている。

趣旨[編集]

敬老の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている。

同様の趣旨の記念日として、老人福祉法によって定められた、老人の日(9月15日)、老人週間(9月15日より1週間)がある。

歴史[編集]

敬老の日の始まり[編集]

兵庫県多可郡野間谷村(後に八千代町を経て現在の多可町八千代区)で、1947年(昭和22年)9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであるとされる[1]。これは、野間谷村の村長であった門脇政夫(1911年 - 2010年)が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から開いたもので[1]、9月15日という日取りは、農閑期にあたり気候も良い[2][3]9月中旬ということで決められた[3][2]

1948年7月に制定された「国民の祝日に関する法律」において、こどもの日成人の日は定められたものの、老人のための祝日は定められなかった。門脇は1948年9月15日に開催された第2回「敬老会」において、9月15日を「としよりの日」として村独自の祝日とすることを提唱した[2][3]。門脇は県内市町村にも祝日制定を働き掛け[4][3]、その趣旨への賛同が広がった[2]1950年(昭和25年)からは兵庫県が「としよりの日」を制定[2]1951年(昭和26年)には中央社会福祉協議会(現全国社会福祉協議会)が9月15日を「としよりの日」と定め、9月15日から21日までの1週間を運動週間とした[5]

1963年(昭和38年)に制定された老人福祉法では、9月15日が老人の日、9月15日から21日までが老人週間として定められ[6]、翌1964年(昭和39年)から実施された。さらに1966年(昭和41年)に国民の祝日に関する法律が改正されて国民の祝日「敬老の日」に制定されるとともに、老人福祉法でも「老人の日」が「敬老の日」に改められた[2][6][7]

9月15日という日付について[編集]

敬老の日の起源を野間谷村の敬老会に求めるならば、9月15日という日取りは上述の通り野間谷村の農事暦と気候に由来するものになる。門脇政夫の事績を伝える多可町広報の記事によれば、9月という開催時期には、農閑期であることや気候に加え、養老の滝伝説も参考にしたという[2]元正天皇霊亀3年(717年)9月に滝を訪れて養老の滝と命名、同年に養老と改元し、全国の高齢者に賜品を下した[8])。

このほか、聖徳太子四天王寺悲田院を建立した日が593年9月15日であるとして、敬老の日をこれに由緒づける主張もある[9]。『四天王寺縁起』によれば、聖徳太子が四天王寺建立(593年)と同時に悲田院を含む「四箇院」(現代でいう社会福祉施設)を設立したとあるが[10]、「9月15日」という日付には根拠がない。四天王寺悲田院の伝統を継ぐとする四天王寺福祉事業団も、「敬老の日」由来の諸説のひとつとして挙げるにとどまる[9]。なお、四箇院の創設者を聖徳太子とする伝承も、後年の太子信仰の中で仮託されたものと考えられている[11]

9月第3月曜日への移動[編集]

2001年(平成13年)の祝日法改正(いわゆるハッピーマンデー制度の実施)によって、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となった。だが、初年度の2003年の9月第3月曜日が偶然9月15日であったため、敬老の日が9月15日以外の日付になったのは、2004年(平成16年)の9月20日が最初である。

敬老の日を第3月曜日に移すにあたっては、当時存命であった提唱者門脇政夫が日付の変更について遺憾の意を表明したほか、財団法人全国老人クラブ連合会(全老連)が反対を表明した[12][13]2001年(平成13年)に老人福祉法第5条を改正して9月15日を老人の日、同日より1間を老人週間とした。

日付と曜日[編集]

改正祝日法施行前の敬老の日[編集]

すべて9月15日。1966年から2002年まで

改正祝日法施行後の敬老の日[編集]

すべて月曜日。以下、2050年までの予定を含め記す(括弧内は予定)

敬老の日と郵趣[編集]

中央社会福祉協議会が9月15日をとしよりの日と定めた1951年(昭和26年)には、特殊通信日附印が使用されている[14][15]。また、1958年(昭和33年)には郵政省(当時)から、「としよりの日」の特殊葉書が発行されている[16]。復帰前の沖縄でも「としよりの日」の名称のままでおなじ9月15日に祝日が制定され、1968年(昭和43年)、記念切手が発行された。

各国の敬老の日[編集]

東アジアで伝統的に祝われてきた五節句のひとつである9月9日(旧暦/陽暦)の重陽には、長寿を願って菊の花を浮かべたお酒を飲むなどの慣習があり、主旨が類似している[17]

老人に敬意を表する祝日・記念日は各国に存在する。

祝日となっている国[編集]

パラオでは5月5日が Senior Citizens Day とされ、祝日となっている。

その他の記念日[編集]

アメリカ合衆国では、9月の第一月曜日の次の日曜日がNational Grandparents Day(祖父母の日)とされている[17]。この記念日は1978年に始まった[17]。カナダ[17]ほか各国にも同趣旨の記念日がある(英語版 National Grandparents Day 参照)。

国際連合は、高齢者の権利や高齢者の虐待撤廃などの意識向上を目的として、1990年12月に毎年10月1日を「国際高齢者デー」とすることを採択し、1991年から国際デーとして運用されている[17]

中華人民共和国では、2013年に施行された中華人民共和国老年人権益保障法改正において、重陽にちなみ旧暦9月9日を「高齢者の日」(中国語: 老年节)と定めた[18]

大韓民国では、老人福祉法(朝鮮語: 노인복지법原文)において、10月2日が「老人の日」(노인의 날)として記念日に、毎月10月が「敬老の月」(경로의 달)として記念月間に指定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 9月15日 敬老の日|なるほど統計学園 総務省統計局
  2. ^ a b c d e f g 「敬老の日」制定50周年 受け継がれる敬老の精神 (PDF)”. 広報たか. 兵庫県多可町 (2016年9月1日). 2016年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月15日閲覧。
  3. ^ a b c d “日本一の酒米「山田錦」と日本一の手漉き和紙「杉原紙」そして「敬老の日」発祥の地”. 全国町村会. http://www.zck.or.jp/forum/forum/2594/2594.htm 2016年9月15日閲覧。 
  4. ^ “門脇政夫氏死去/「敬老の日」提唱者”. SHIKOKU NEWS (四国新聞社). (2010年2月20日). オリジナル2016年9月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160915091643/http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20100220000164 
  5. ^ 老人の日・老人週間について 全国社会福祉協議会
  6. ^ a b 平成27年度老人の日・老人週間について (参考)老人の日について (PDF) 福岡県
  7. ^ 敬老の日が正式に国民の祝日に制定された年月日を知りたい。 レファレンス協同データベース
  8. ^ “敬老の日長寿者慶祝訪問事業”. 群馬県. http://www.pref.gunma.jp/02/d0110066.html 2016年9月15日閲覧。 
  9. ^ a b “敬老お食事会”. 社会福祉法人 四天王寺福祉事業団 四天王寺悲田院特別養護老人ホーム. (2014年9月15日). http://www.shitennoji-fukushi.jp/hidenin-tokuyou/activity/post-242.html 2016年9月15日閲覧。 
  10. ^ “聖徳太子について”. 四天王寺. http://www.shitennoji.or.jp/shotokutaishi.html 2016年9月15日閲覧。 
  11. ^ 輪倉一広 (2012-8). “聖徳太子の福祉思想 ― 四天王寺四箇院伝承と太子創建の意義 ―” (PDF). 福井県立大学論集 39. http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10461/15008/1/%E7%9C%8C%E5%A4%A7%E8%AB%96%E9%9B%8639%E5%8F%B7%E3%80%80%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90%E3%81%AE%E7%A6%8F%E7%A5%89%E6%80%9D%E6%83%B3%EF%BC%88%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E3%80%80%E8%BC%AA%E5%80%89%E5%85%88%E7%94%9F%EF%BC%89.pdf 2016年9月15日閲覧。. 
  12. ^ 鈴木恂子 (2014年9月). “2014年9月 理事のリレーメッセージ 敬老の日から老人の日へ”. 社会福祉法人 多摩同胞会. 2016年10月13日閲覧。
  13. ^ 三連休化関連記者会見(2001/5/26)”. 二階俊博事務所 (2001年5月26日). 2016年10月13日閲覧。
  14. ^ 官報 1951年09月12日
  15. ^ Letter Park 2010年10月号 (PDF) 日本郵便
  16. ^ 郵便葉書(ゆうびんはがき)とは コトバンク
  17. ^ a b c d e “国民の祝日「敬老の日」のあれこれ。名称がコロコロ変わったって本当?”. 日本気象協会. (2016年9月15日). http://www.tenki.jp/suppl/kana/2016/09/15/15601.html 2016年10月13日閲覧。 
  18. ^ 「高齢者権益保障法」が7月に施行―「喜憂半々」の受け止め、期待と不安と”. 労働政策研究・研修機構 (2013年7月). 2016年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月17日閲覧。

関連項目[編集]