敬老の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

敬老の日(けいろうのひ)は、日本国民の祝日の一つである。日付は9月の第3月曜日

概要[編集]

敬老の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている。

2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていたが、2001年(平成13年)の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となった。だが、初年度の2003年の9月第3月曜日が偶然9月15日であったため、敬老の日が9月15日以外の日付になったのは、2004年(平成16年)の9月20日が最初である。 なお、敬老の日を第3月曜日に移すにあたって、当時、提唱者が存命であったため、日付の変更について遺憾の意が表明されたほか、高齢者団体から反発が相次いだため[要出典]2001年(平成13年)に老人福祉法第5条を改正して9月15日を老人の日、同日より1間を老人週間とした。

敬老の日の始まり[編集]

兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の村長であった門脇政夫(のち兵庫県議会議員)と助役であった山本明が1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が始まりであるとされる[1]。野間谷村では、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、9月15日を「としよりの日」と定め、従来から敬老会を開いていた。

1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになり、1951年(昭和26年)には中央社会福祉協議会(現全国社会福祉協議会)が9月15日をとしよりの日と定め、9月15日から21日までの1週間を運動週間とした[2]

1963年(昭和38年)に制定された老人福祉法では、9月15日が老人の日、9月15日から21日までが老人週間として定められ[3]、翌1964年(昭和39年)から実施された。さらに1966年(昭和41年)に国民の祝日に関する法律が改正されて国民の祝日「敬老の日」に制定されるとともに、老人福祉法でも老人の日が敬老の日に改められた[3][4]

このため、「母の日」のように輸入された記念日と違い、日本以外の国にはない。ただし、五節句のひとつである9月9日重陽と主旨が類似している。

聖徳太子四天王寺悲田院を建立した日」や「欽明天皇養老の滝に御幸した日」である等の説もある[5]

中央社会福祉協議会が9月15日をとしよりの日と定めた1951年(昭和26年)には、特殊通信日附印が使用されている[6][7]。また、1958年(昭和33年)には郵政省(当時)から、「としよりの日」の特殊葉書が発行されている[8]。復帰前の沖縄でも「としよりの日」の名称のままでおなじ9月15日に祝日が制定され、1968年(昭和43年)、記念切手が発行された。

なお、提唱の町「八千代町」では小中学生が地域の年長者に向けて日々の感謝と敬意を表して手紙を書くという慣習を小学校に導入し、夏休みの宿題として読書感想文と並んで実施されるという行事が実施されていた(合併後は、不明。)。[要出典]

改正祝日法施行前の敬老の日[編集]

すべて9月15日。1966年から2002年まで

改正祝日法施行後の敬老の日[編集]

すべて月曜日。以下、2052年までの予定を含め記す(括弧内は予定)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]