春分の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春分の日(しゅんぶんのひ)は、日本国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされる[1]。通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日。

しばしば昼が長くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。詳細は春分を参照のこと。

本項では「春分の日」と「春分日」と区別して記述する。

国民の祝日[編集]

「春分の日」は、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律(「祝日法」、昭和23年法律第178号)によって制定された。同法第2条では「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」ことを趣旨としている。

日付[編集]

施行日は毎年3月20日から3月21日のいずれか1日間に定められる。祝日法上で「春分日」としており、日付を指定していない。

春分日との関係[編集]

毎年国立天文台が「春分日」を含め作成する翌年の『暦象年表』という小冊子に基づき、施行年前年に閣議で決定されて2月第1平日付の官報政令暦要項」に「春分の日」として公告される。『暦象年表』以降の将来も春分日は天文学で計算できるが、このような手続きを経るために正式には「春分の日」は公告でしか確定しない。

天文計算で「春分日」は、1892年以降は、閏年前年となる1895年、1899年で3月21日となる以外はすべて3月20日であった。1900年以降は、閏年前年となる1903年、1907年、1911年、1915年、1919年、1923年(大正13年)で3月22日になる以外はすべて3月21日であった。1924年以降は毎年3月21日になっていたが、1960年以降は閏年だけが3月20日になり、1993年からは閏年翌年も3月20日になるため、2年毎に日付が変わる。2027年以降は閏年前年のみ3月21日なり、その他は3月20日になる。2056年から2100年まではほぼ3月20日になるが、2092年、2096年だけに3月19日に春分日が現れる。一方、春分日に再び3月23日が現れるのは2303年と計算されている。

近年の春分日、春分日は項末の表を参照。

現行法でこれらの「春分日」が「春分の日」となるかは前年にならないとわからない。

休日の扱い[編集]

休日としては、1878年(明治11年)改正の年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム(明治11年太政官布告第23号)による春季皇霊祭から続くもので、1947年(昭和22年)に廃止される休日ニ關スル件(昭和2年勅令第25号)までこの名称だった。

現行の祝日法ができる以前ではあるが1923年の春季皇霊祭(春分の日)は3月22日であった。

ただし、これまでのところ天文計算によって求められた「春分日」以外が「春分の日」とされたことはない。

2000年からハッピーマンデー制度が導入されたこともあり、「春分の日」が、3月第3月曜日になる場合もある。

行事[編集]

仏教各派ではこの日「春季彼岸会」が行われ、宗派問わず墓参りをする人も多い。

イラン暦の元旦。かつてペルシア帝国の文化的影響下にあったイランを中心に、中央アジアからアフリカまでに及ぶ広い地域で祝われるノウルーズという祭日であり、毎年春分の日に各国の文化交流会によるイベントが行われている。

なお、海岸法(昭和31年法律第101号)第3条第3項は、海岸保全区域の指定における満潮時・干潮時は、指定の日の属する年の春分の日の満潮時・干潮時を基準とすると定めている。

近年の春分日と秋分日[編集]

国立天文台サイトより。将来の日付はあくまで計算に基づく予測であり、将来の天文学的観測により変わる事がありえる。)

暦年 春分日 曜日 秋分日 曜日
2000年平成12年) 3月20日 月曜日 9月23日 土曜日
2001年(平成13年) 3月20日 火曜日 9月23日 日曜日
2002年(平成14年) 3月21日 木曜日 9月23日 月曜日
2003年(平成15年) 3月21日 金曜日 9月23日 火曜日
2004年(平成16年) 3月20日 土曜日 9月23日 木曜日
2005年(平成17年) 3月20日 日曜日 9月23日 金曜日
2006年(平成18年) 3月21日 火曜日 9月23日 土曜日
2007年(平成19年) 3月21日 水曜日 9月23日 日曜日
2008年(平成20年) 3月20日 木曜日 9月23日 火曜日
2009年(平成21年) 3月20日 金曜日 9月23日 水曜日
2010年(平成22年) 3月21日 日曜日 9月23日 木曜日
2011年(平成23年) 3月21日 月曜日 9月23日 金曜日
2012年(平成24年) 3月20日 火曜日 9月22日 土曜日
2013年(平成25年) 3月20日 水曜日 9月23日 月曜日
2014年(平成26年) 3月21日 金曜日 9月23日 火曜日
2015年(平成27年) 3月21日 土曜日 9月23日 水曜日
2016年(平成28年) 3月20日 日曜日 9月22日 木曜日
2017年(平成29年) 3月20日 月曜日 9月23日 土曜日
2018年 3月21日 水曜日 9月23日 日曜日
2019年 3月21日 木曜日 9月23日 月曜日
2020年 3月20日 金曜日 9月22日 火曜日
2021年 3月20日 土曜日 9月23日 木曜日
2022年 3月21日 月曜日 9月23日 金曜日
2023年 3月21日 火曜日 9月23日 土曜日
2024年 3月20日 水曜日 9月22日 日曜日
2025年 3月20日 木曜日 9月23日 火曜日
2026年 3月20日 金曜日 9月23日 水曜日
2027年 3月21日 日曜日 9月23日 木曜日
2028年 3月20日 月曜日 9月22日 金曜日
2029年 3月20日 火曜日 9月23日 日曜日
2030年 3月20日 水曜日 9月23日 月曜日
2031年 3月21日 金曜日 9月23日 火曜日
2032年 3月20日 土曜日 9月22日 水曜日
2033年 3月20日 日曜日 9月23日 金曜日

その他[編集]

ノウルーズペルシア語: نوروز、nowrūz‎)は、イラン暦の元日。太陽春分点を通過する春分の日に当たり、農事暦上重要であることから、イランを中心に、かつてペルシア帝国の文化的影響下にあった中央アジアからアフリカまでに及ぶ広い地域で祝われる祭日である。国際連合総会は、2010年2月23日にこの日を「ノウルーズ国際デー」として正式に承認している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『祝日法』第3条台1項。
  2. ^ 国際連合総会 (2010年2月23日). “General Assembly Recognizes 21 March as International Day of Nowruz”. 2013年5月7日閲覧。

関連項目[編集]