山の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山の日(やまのひ)は、日本国民の祝日の一つである。日付は8月11日2016年(平成28年)1月1日施行の改正祝日法で新設された。

概要[編集]

山の日は、2014年(平成26年)に制定された。祝日法(昭和23年7月20日法律第178号)2条では、「に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としている。なお、祝日法では第2条で各祝日の趣旨を規定しているが、由来については規定しておらず、山の日の由来も同法には明示されていない。

「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第43号)」が2016年1月1日に施行され、8月11日は同年より国民の祝日「山の日」となった。2007年に「みどりの日」を5月4日に移動させたうえで「昭和の日」(4月29日)が制定されたとき以来となる、祝日の新設である。

なお、2020年令和2年)は、東京五輪・パラリンピック特措法により、東京オリンピックの閉会式の翌日となる8月10日(月曜日)に変更された。同年に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響でオリンピックの開催は1年延期されたが、山の日の再変更は行われず、日付だけが変わる形となった。なお、2021年にも、延期されたオリンピックの日程に合わせて山の日を移動させる方向で、政府は特措法の改正を進めている。当初は閉会式翌日の8月9日に山の日を移動させることを想定していたが、自民党内から長崎原爆の日である8月9日を祝日とするのは望ましくないという意見が出たため、閉会式当日の8月8日(日曜日)に移動させ、9日は振替休日とすることで調整している[1]

制定の経緯[編集]

国民の祝日として「山の日」を制定することを求める日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や既に「山の日」を制定していた地方自治体、その他山岳関係者や自然保護団体等からの意見を受け、2013年4月、超党派の議員連盟「「山の日」制定議員連盟」(会長:衛藤征士郎、幹事長:丸川珠代、事務局長:務台俊介、副会長は7党派から。最高顧問:谷垣禎一)が設立され[2]、参加者は110名にのぼった[3]

2013年6月30日に「山の日」制定議員連盟が開いた総会にて、6月上旬、海の日の翌日、お盆前、日曜日を祝日とする案の中から、お盆休みと連続させやすい利点があるとして、お盆前の8月12日を祝日とする案が採用された[4]

しかし8月12日は、1985年昭和60年)に犠牲者が世界最多の単独事故である日本航空123便墜落事故が発生した日であり、しかも123便が墜落した場所も御巣鷹の尾根、つまり「山」という事から、御巣鷹の尾根がある群馬県選出の衆議院議員小渕優子[注 1]らが「JAL123便事故が起きた日をお祝いするのは違和感を覚える。これでは山の日ではなく『御巣鷹山の日』になってしまう」と懸念を示し、また群馬県知事大澤正明もJAL123便事故を理由に、日付の見直しを求めた[5]ことを受け、議員連盟は11月22日の総会で最終的に8月11日を山の日とすることを決定した[6]

なお、8月11日の意味合いについて、漢数字の「」の文字が山の形に見えることや、「11」に木が立ち並ぶイメージがあることから、都道府県の山の日で多く用いられていることを指摘する報道もある[7][8]以上の制定経緯から、山の日の制定には批判的な意見も多い。[要出典]

2014年(平成26年)3月28日、自民党民主党日本維新の会公明党みんなの党結いの党共産党生活の党社民党の9党は共同で祝日法の改正案を衆議院第186回国会に提出した[9]。同年4月25日、衆議院本会議で9党の賛成多数[注 2]で可決、参議院に送られた[10]。同年5月23日に参議院本会議において改正祝日法が賛成多数[注 3]で可決、成立した。

2018年白馬駅で掲示された「祝8月11日 山の日」の横断幕

日本の祝日の数は16となり、2016年(平成28年)から8月11日が「山の日」となった。

この祝日が制定されたことで、天皇誕生日が12月23日だった2018年までは祝日の設定がない月は6月のみとなっていた。2019年4月30日に天皇の退位等に関する皇室典範特例法が施行されて天皇誕生日が2月23日に移動したことに伴い、2020年から、祝日のない月は6月と12月の2つとなった。なお、2020年は、東京オリンピック開催に伴いスポーツの日が7月に移動して10月に祝日がなくなったため、偶数月最後の祝日となった。

影響[編集]

当初はお盆(8月13日 - 8月15日)の前日に制定し休みを連続させることが目的であったが、8月11日に制定したことで間の8月12日も併せて休みにする企業がある一方、カレンダーによっては超大型連休の発生や8月12日を境に連休が分裂することもある。なお、企業による休みの分散化が進むなか、そこまで影響は出ないとの意見もあるほか、学生にとっては、そもそも夏休み期間中であり、全く影響はない。[要出典]

記念全国大会[編集]

山の日制定議員連盟[編集]

山の日の制定を目的とする超党派の議員連盟。2013年4月10日設立。

会長は衛藤征士郎、事務局長は務台俊介[14]。制定が実現したため役割を終えた。

呼びかけ人[編集]

いずれも衆議院議員(7党8議員)、五十音順。

地方自治体が制定する山の日[編集]

「山の日」が国民の祝日として制定される前から、以下の府県では独自に条例などで「山の日」を設けている[15][注 4]。「八」の文字が山の形に見えるため「8」、木が立ち並ぶイメージから「11」を使う傾向があるという[7][8]。長野県北安曇郡松川村(「あずみの松川山の日」。5月第3土曜日。2011年制定)など、「山の日」を市町村単位で設けている例も見られる。

都道府県 日付 名称
群馬県 10月第1月曜日 ぐんま山の日(廃止)
千葉県 5月17日 里山の日
長野県 7月第4日曜日 信州山の日
山梨県 8月8日 やまなし山の日
岐阜県 ぎふ山の日
静岡県 2月23日 富士山の日
大阪府 11月第2土曜日 おおさか「山の日」
奈良県 7月第3月曜日 奈良県山の日川の日
和歌山県 11月7日 紀州・山の日
広島県 6月第1日曜日 ひろしま「山の日」
香川県 11月11日 かがわ山の日
愛媛県 えひめ山の日
高知県 こうち山の日

このうち群馬県は、2016年から国民の祝日として「山の日」が施行され、国民の祝日制定という目的の一つが達成されたことを受け、群馬県他37団体による「ぐんま山と森の月間推進協議会」が2010年に制定した「ぐんま山の日」(毎年10月第1日曜日)・「ぐんま山と森の月間」(毎年10月)を2016年5月に廃止した[16]。「ぐんま山と森の月間推進協議会」は名称を「ぐんま山と森林(もり)推進協議会」と改め、「ぐんま山の日」・「ぐんま山と森の月間」に行っていた啓発活動等は8月11日の国民の祝日「山の日」に合わせて行うことになった。

関連する記念日[編集]

「山の日」制定にあやかり、明治は同日を「きのこの山の日」として制定[17]。一般社団法人日本記念日協会に申請、同協会が認定した。制定理由は、チョコレートの部分を縦に2つ並べると「8」に、クラッカーの部分を2つ横に並べると「11」になることと、国民の祝日の「山の日」に合わせて「山」の名前がつく商品に親しんでもらいたいから、としている[18]。2016年8月11日当日は東京・新宿で「ヤッホー」を叫ぶイベント「きのこの山びこ」を開催した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 小渕は第5区選出だが、御巣鷹の尾根自体は群馬4区の区域内に所在する。
  2. ^ ただし、日本維新の会・みんなの党の一部の議員が反対・棄権した。日本維新の会・みんなの党は祝日法改正案の共同提出に加わったが、維新の会では田沼隆志(衆議院)・東徹(参議院)ら一部の議員から「その日を祝日とする由来や根拠を整理しないまま安易に制定するべきではない。また、日本は諸外国に比べても祝日が多すぎる。休みの日が多いと国力の低下につながる」と異論が出たため、採決に際して衆参とも党議拘束を外し、自主投票とした。また、みんなの党も江口克彦(参議院)らから「祝日が多すぎる」「根拠が薄い」など維新と同様の慎重論が出て意見がまとまらず、こちらも党議拘束を外して自主投票としている。
  3. ^ 東徹ら日本維新の会の一部の議員が反対。また、みんなの党の江口克彦は「ただでさえ祝日が多いのに、海だ山だと言い出したらきりがない」として棄権した。
  4. ^ 長野県は国民の祝日「山の日」制定とほぼ同時期に重なり、2013年から「信州 山の日」の検討を始め、2014年7月15日の県報登載をもって制定した。

出典[編集]

  1. ^ 「山の日」8月9日「長崎原爆の日」への移動は反対…特措法改正案見送り 読売新聞オンライン(2020年5月19日)2020年5月22日閲覧。
  2. ^ “「山の日」つくり休日に 谷垣氏が顧問、議連発足”. 朝日新聞デジタル. (2013年4月10日). オリジナルの2013年5月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130502224717/http://www.asahi.com/politics/update/0410/TKY201304100293.html?ref=reca 
  3. ^ 日本に「山の日」をつくろう 「山の日」制定の流れ - 公益社団法人日本山岳会
  4. ^ “8月12日を「山の日」に 超党派議連が来年法案提出”. 47NEWS. (2013年10月30日). オリジナルの2015年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150414160102/http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013103001002483.html 
  5. ^ “「山の日」制定、日付見直しを 群馬知事が8月12日に反対”. 日本経済新聞. (2013年11月6日). オリジナルの2013年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131107014324/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0603B_W3A101C1CR8000/ 
  6. ^ “海があるなら…祝日「山の日」8月11日で国会提案へ”. 朝日新聞デジタル. (2013年12月9日). オリジナルの2013年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131209043848/http://www.asahi.com/articles/TKY201311220056.html 
  7. ^ a b “「海だ山だ、祝日多すぎる」慎重論もあった「山の日」 意義浸透が今後の課題(1)”. MSN産経ニュース. (2014年5月23日). オリジナルの2014年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141021115859/http://www.sankei.com/politics/news/140523/plt1405230001-n1.html 
  8. ^ a b “「海だ山だ、祝日多すぎる」慎重論もあった「山の日」 意義浸透が今後の課題(2)”. MSN産経ニュース. (2014年5月23日). オリジナルの2014年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141021115901/http://www.sankei.com/politics/news/140523/plt1405230001-n2.html 
  9. ^ 2014年3月28日 山の日法案 共同提出 Archived 2014年4月8日, at the Wayback Machine. みんなの党 2014年3月28日(2014年4月8日閲覧)
  10. ^ 8月初の祝日誕生へ 「山の日」法案が衆院通過 今国会成立へ[リンク切れ] 産経デジタル 2014年4月25日
  11. ^ 第1回山の日記念全国大会(長野県松本市上高地)- 8月11日祝日のイベント
  12. ^ 初の「山の日」、記念式典=皇太子ご一家も出席-長野”. 時事通信社 (2016年8月11日). 2016年8月21日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ “山の日記念全国大会、那須町で開催”. Qnewニュース. (2017年8月12日). https://qnew-news.net/news/2017-8/2017081201.html 2018年7月3日閲覧。 
  14. ^ 「山の日」制定で超党派の国会議員連盟が発足 公益社団法人日本山岳会 2013年4月14日(2013年12月22日閲覧)
  15. ^ 全国の「山の日」(都道府県)”. 公益社団法人日本山岳会 (2011年7月15日). 2013年12月22日閲覧。
  16. ^ 「ぐんま山の日」廃止へ…国民の祝日スタートで[リンク切れ]読売新聞 2016年6月9日
  17. ^ 8月11日 きのこの山の日 - きのこの山・たけのこの里 - 株式会社 明治
  18. ^ 日本記念日協会

関連項目[編集]