漆原良夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漆原 良夫
うるしばら よしお
生年月日 (1944-11-18) 1944年11月18日(73歳)
出生地 新潟県燕市
出身校 明治大学法学部
前職 弁護士
所属政党 新進党→)
(新党平和→)
公明党
公式サイト 衆議院議員・漆原良夫

選挙区 比例北陸信越ブロック
当選回数 7回
在任期間 1996年10月21日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

漆原 良夫(うるしばら よしお、1944年11月18日 - )は、日本政治家公明党の元衆議院議員(7期)、公明党顧問。愛称は「うるさん」。

経歴[編集]

新潟県出身。新潟県立三条高等学校卒業後に大学進学のために東京へ上京。大学時代は住み込みで新聞配達をしながら勉学に励んで明治大学法学部を卒業した[1]

1968年、23歳で司法試験に合格(司法修習23期。同期に仙谷由人がいる)。

1971年東京弁護士会弁護士登録を行い、弁護士として活動。

1996年10月の第41回衆議院議員総選挙比例北陸信越ブロックから新進党公認で出馬、初当選。その後、連続当選8回。いずれも比例区からの選出。

1998年1月の新進党分党に伴い結成された新党平和に参加。党労働局次長に就任する。同年11月には公明党再結成に参加。その後は党広報委員長、太田昭宏代表の下で党国会対策委員長を務める。

2007年7月の新潟県中越沖地震に際しては福井県での遊説を中止して現場に急行。その後、党対策本部本部長に就任した。

2010年10月に党組織委員長に就任。2014年9月には8年間務めた国会対策委員長の職を勇退し、新設の公明党中央幹事会会長に就任[2]

2017年9月26日、山口那津男代表の記者会見の席で、山口から「漆原氏から『後進に道を譲りたい』として、引退の申し出があった」ことが発表された[3]

2017年11月2日、公明党顧問に就任[4]。。

公明党[編集]

政策[編集]

人物[編集]

  • 大島理森国会対策委員長だった2007年から2009年頃にかけて大島と頻繁に会合を重ね、「悪代官(大島)と越後屋(漆原)」と囁かれるほど親密な関係を築いた[9]。漆原は大島を「裏方に徹しながら、敵の心も思いやって物事を前に進められる逸材」「この悪代官から国対のイロハを教えてもらった」と評している[10]
  • 2014年2月8日、公明党国会対策委員長としての在職日数が2689日を迎え、大久保直彦が持っていた党国会対策委員長最長記録を更新した[11]。親密な関係にある大島理森からは、漆原の記録を祝って「友情に感謝 悪代官より」と書かれた色紙が贈られた[12]

主な所属議員連盟[編集]

役職[編集]

現在の役職[編集]

公明党
  • 中央幹事会会長
  • 憲法調査会顧問
  • 農林水産業活性化調査会顧問
  • 行政改革推進本部顧問
  • 法務部会顧問
  • 北陸信越方面本部長

過去の役職[編集]

衆議院
公明党
その他

関連項目[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]