群馬県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗群馬県第4区
衆議院小選挙区 群馬県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 高崎市(旧高崎市・新町吉井町域)、藤岡市多野郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 解散につき欠員
有権者数 296,287人
1.281 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

群馬県第4区(ぐんまけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 高崎市
  • 藤岡市
  • 多野郡

歴史[編集]

歴代2位の内閣官房長官在任日数記録を持ち、2007年には憲政史上初の親子2代で内閣総理大臣となった福田康夫が父福田赳夫から続く強固な地盤を生かし他候補を圧倒し続けてきた。しかし、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れた2009年第45回衆議院議員総選挙では、民主党新人の元フジテレビ社員・三宅雪子の猛追を受けた。康夫が1万2千票差で逃げ切り当選したが、三宅も比例復活により初当選した。康夫はその後政界引退を表明。地盤は長男の達夫が引き継ぎ、2012年第46回衆議院議員総選挙から2017年第48回衆議院議員総選挙まで、対立候補の2倍以上の得票で圧勝を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 福田康夫 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年 福田達夫
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 群馬県第4区

時の内閣:岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 群馬県第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:298,186人 最終投票率:53.26%(前回比:+1.01%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田達夫50自由民主党93,262票
60.78%
――公明党推薦
不破弘樹51希望の党36,167票
23.57%
38.78%民進党群馬県総支部推薦
萩原貞夫68日本共産党24,006票
15.65%
25.74%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 群馬県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:291,698人 最終投票率:52.25[4]%(前回比:-7.09%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田達夫47自由民主党102,153票
71.29%
――公明党・新党改革推薦
萩原貞夫65日本共産党41,148票
28.71%
40.28%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 群馬県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:291,568人 最終投票率:59.34[5]%(前回比:-11.38%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田達夫45自由民主党93,220票
55.73%
――公明党・新党改革推薦
宮原田綾香28日本維新の会42,536票
25.43%
45.63%
青木和也25民主党17,336票
10.36%
18.60%
萩原貞夫63日本共産党14,174票
8.47%
15.20%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 群馬県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:290,446人 最終投票率:70.72[6]% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田康夫73自由民主党103,852票
51.91%
――
比当三宅雪子44民主党91,904票
45.94%
88.50%国民新党推薦
森田貴行38幸福実現党4,315票
2.16%
4.15%
  • 前回立候補の中島は比例単独で出馬し初当選。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 群馬県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田康夫69自由民主党118,517票
62.81%
――
中島政希52民主党56,364票
29.87%
47.56%
酒井悦夫51日本共産党13,809票
7.32%
11.65%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 群馬県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田康夫67自由民主党98,903票
62.15%
――
富岡由紀夫39民主党48,427票
30.43%
48.96%
小笠原真明54日本共産党11,815票
7.42%
11.95%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 群馬県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田康夫63自由民主党94,517票
57.68%
――
中島政希46民主党49,063票
29.94%
51.91%
野村喜代子57日本共産党20,284票
12.38%
21.46%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 群馬県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田康夫60自由民主党73,674票
45.99%
――
駒井実55新進党45,134票
28.17%
61.26%
中島政希43民主党24,977票
15.59%
33.90%
飯塚俊彦41日本共産党16,425票
10.25%
22.29%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]