京都府第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗京都府第6区
衆議院小選挙区 京都府.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 宇治市城陽市八幡市京田辺市木津川市久世郡綴喜郡相楽郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 山井和則
有権者数 46万1044人
1.993 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

京都府第6区(きょうとふだい6く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 宇治市
  • 城陽市
  • 八幡市
  • 京田辺市
  • 久世郡
  • 綴喜郡
  • 相楽郡

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

  • 宇治市
  • 城陽市
  • 八幡市
  • 久世郡
  • 綴喜郡
  • 相楽郡

歴史[編集]

京都府の南部、南山城地方及び相楽郡地方がエリア。京都市大阪市ベッドタウン化が進み、人口は現在も増加傾向。久世郡宇治市西部などには大工場が多い一方、綴喜郡や相楽郡東部にはのどかな茶畑森林が広がる。もともと、宇治市・八幡市など都市部では社会党共産党が一定の支持を集めるも、自民党が多くの地方議会で力を持つ保守王国であった。1980年代後半以降急速に宅地化が進み新住民の流入が相次いだため無党派層の増大とともに流動的な地域となった。2003年 - 2014年民主党山井和則が5連続の小選挙区勝利で安定した支持を得た。しかし2017年の選挙では安藤裕が6期ぶりに自民党の小選挙区の議席を奪還し、山井は比例復活に回った。2021年の選挙では安藤が不出馬となり、立憲民主党に移籍した山井が自民党の候補に大差をつけて勝利した。

八幡市京田辺市は隣接する大阪府第11区枚方市と同様にパナソニック労働者が多く住んでいるのも特徴。

同志社大学の京田辺キャンパスや国の各種研究機関が存在し、近畿圏の新たな文教地区としての顔も持ち始めている。なお京阪本線学研都市線及び大和路線沿線の住民は多くが奈良・大阪方面に通勤する一方、奈良線近鉄京都線沿線の住民の多くは京都市方面へ通勤する。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 玉置一弥 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 菱田嘉明 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 山井和則 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 安藤裕 自由民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年 山井和則 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 京都府第6区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:46万284人 最終投票率:56.81%(前回比:増加4.31%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山井和則59立憲民主党116,111票
45.25%
――
清水鴻一郎75自由民主党82,004票
31.96%
70.63%公明党推薦
中嶋秀樹50日本維新の会58,487票
22.79%
50.37%
  • 安藤は不出馬。
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 京都府第6区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:46万1660人 最終投票率:52.50% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安藤裕52自由民主党101,977票
42.97%
――公明党推薦
比当山井和則55希望の党100,338票
42.28%
98.39%
上條亮一31日本共産党34,998票
14.75%
34.32%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 京都府第6区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山井和則52民主党102,030票
44.27%
――
比当安藤裕49自由民主党94,736票
41.11%
92.85%公明党推薦
上條亮一28日本共産党33,690票
14.62%
33.02%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 京都府第6区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山井和則50民主党89,672票
33.55%
――国民新党推薦
比当安藤裕47自由民主党80,990票
30.30%
90.32%公明党推薦
清水鴻一郎66日本維新の会69,691票
26.07%
77.72%
上條亮一26日本共産党26,938票
10.08%
30.04%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 京都府第6区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山井和則47民主党176,022票
57.39%
――
井沢京子46自由民主党91,944票
29.98%
52.23%公明党
浜田良之53日本共産党32,322票
10.54%
18.36%
北川智子46幸福実現党6,437票
2.10%
3.66%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 京都府第6区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山井和則43民主党133,708票
45.50%
――
比当井沢京子42自由民主党122,969票
41.85%
91.97%
矢口雅章38日本共産党37,181票
12.65%
27.81%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 京都府第6区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山井和則41民主党117,467票
46.89%
――
菱田嘉明60自由民主党100,541票
40.14%
85.59%
矢口雅章36日本共産党32,499票
12.97%
27.67%
  • 玉置は第43回以後1区で活動。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 京都府第6区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菱田嘉明56自由民主党96,082票
38.21%
――
比当玉置一弥55民主党88,392票
35.15%
92.00%
浜田良之44日本共産党46,787票
18.61%
48.69%
松村勗53自由党15,136票
6.02%
15.75%
四井猛士58自由連合5,056票
2.01%
5.26%
  • 玉置が民主党に合流し、山井は比例単独立候補に回った(当選)。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 京都府第6区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玉置一弥52新進党73,583票
32.35%
――
山井和則34民主党54,905票
24.14%
74.62%
清水鴻一郎50自由民主党53,253票
23.41%
72.37%
浜田良之40日本共産党39,051票
17.17%
53.07%
園田裕子37新社会党6,691票
2.94%
9.09%
  • 清水は第44回総選挙で3区から立候補し比例復活。

脚注[編集]

関連項目[編集]