東京都第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗東京都第5区
衆議院小選挙区 東京都23区.svg衆議院小選挙区 凡例(都).svg
行政区域 目黒区(南部・西部の各地区サービス事務所管内及び目黒4丁目6番~11番を除く中央地区サービス事務所管内、北部地区サービス事務所管内の上目黒2丁目47番~49番、東部地区サービス事務所管内の一部)、世田谷区池尻太子堂下馬上馬代沢奥沢・九品仏等々力上野毛用賀深沢の各まちづくりセンター管内)
(2017年7月16日現在)
比例区 東京ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 手塚仁雄
有権者数 46万7210人
2.020 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

東京都第5区(とうきょうとだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割変更では、世田谷区代沢・太子堂が6区から本区に移入し、目黒区の一部が本区から7区に移出している。

2013年から2017年までの区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[6]。2013年の区割変更に伴い、世田谷区の池尻・三宿6区から本区に移入されている。

  • 目黒区
  • 世田谷区
    • 池尻・下馬・上馬・奥沢・九品仏・上野毛・深沢の各まちづくりセンター管内
    • 等々力・用賀の各出張所管内

2013年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[7]

  • 目黒区
  • 世田谷区
    • 下馬・上馬・奥沢・九品仏・等々力・上野毛・用賀・深沢の各出張所管内

歴史[編集]

1996年総選挙では、新進党から野村沙知代が出馬し注目されたが落選、自民党小杉隆が当選した。

2000年には、民主党新人の手塚仁雄が前職の小杉を破り初当選。

2003年総選挙で2選。この際、小杉が比例復活当選した。

2005年総選挙では、小杉が手塚に4万票以上の差をつけ当選した。

2009年総選挙では小杉が引退し、自民党からは佐藤ゆかり岐阜1区から転出して立候補したが、手塚が制した。

2012年総選挙では自民党の若宮健嗣が当選し手塚は比例復活もできず落選した。若宮は14年も当選、手塚は落選した。

2017年総選挙でも若宮が立憲民主党に移った手塚を2000票差で下して当選。手塚は比例復活した一方で希望の党福田峰之神奈川県第8区から転出して立候補したが、若宮と手塚の争いに埋没してしまった。

2021年総選挙では、直近に発足した岸田内閣万博担当大臣などとして初入閣した若宮に対し、手塚が5,400票差で当選。若宮は比例復活となった。なお、選挙期間中に日本維新の会公認候補の田淵正文新型コロナウイルスに感染し、陣営内で集団感染(クラスター)が発生する事態となった[8]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 小杉隆 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 手塚仁雄 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 小杉隆 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 手塚仁雄 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 若宮健嗣 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 手塚仁雄 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 東京都第5区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:46万4694人 最終投票率:60.03%(前回比:増加4.92%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
手塚仁雄55立憲民主党111,246票
40.98%
――れいわ新選組社会民主党東京都連合推薦
比当若宮健嗣60自由民主党105,842票
38.99%
95.14%公明党推薦
田淵正文63日本維新の会54,363票
20.03%
48.87%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 東京都第5区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:45万9031人 最終投票率:55.11%(前回比:減少0.05%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
若宮健嗣56自由民主党101,314票
41.15%
――公明党推薦
比当手塚仁雄51立憲民主党99,182票
40.28%
97.90%
福田峰之53希望の党45,737票
18.57%
45.14%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 東京都第5区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:48万2615人 最終投票率:55.16%(前回比:減少8.10%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
若宮健嗣53自由民主党102,424票
39.75%
――
手塚仁雄48民主党66,255票
25.71%
64.69%維新の党東京都総支部推薦
三谷英弘38無所属44,103票
17.11%
43.06%×
沢井正代65日本共産党32,140票
12.47%
31.38%
ドクター・中松86無所属12,777票
4.96%
12.47%×
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 東京都第5区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:45万6028人 最終投票率:63.26%(前回比:減少3.91%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
若宮健嗣51自由民主党85,408票
30.54%
――
手塚仁雄46民主党65,778票
23.52%
77.02%国民新党推薦
比当三谷英弘36みんなの党46,629票
16.67%
54.60%
渡辺徹34日本維新の会45,518票
16.28%
53.29%
丸子安子44日本未来の党19,462票
6.96%
22.79%新党大地推薦
三浦岩男63日本共産党15,796票
5.65%
18.49%
曽我周作33幸福実現党1,089票
0.39%
1.28%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 東京都第5区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:45万606人 最終投票率:67.17%(前回比:増加1.48%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
手塚仁雄42民主党149,623票
50.32%
――
佐藤ゆかり48自由民主党121,244票
40.77%
81.03%
宮本栄47日本共産党22,864票
7.69%
15.28%
木下真31幸福実現党3,632票
1.22%
2.43%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 東京都第5区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 最終投票率:65.69% (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小杉隆69自由民主党150,667票
53.35%
――
手塚仁雄38民主党109,618票
38.82%
72.76%
星見定子48日本共産党22,107票
7.83%
14.67%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 東京都第5区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
手塚仁雄37民主党107,110票
44.10%
――
比当小杉隆68自由民主党99,618票
41.02%
93.01%
遠藤宣彦40無所属18,213票
7.50%
17.00%×
宮本栄41日本共産党17,927票
7.38%
16.74%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 東京都第5区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
手塚仁雄33民主党83,619票
34.87%
――
小杉隆64自由民主党79,609票
33.20%
95.20%
宮本栄38日本共産党27,728票
11.56%
33.16%
遠藤宣彦37自由党26,390票
11.00%
31.56%
戸沢二郎53社会民主党16,163票
6.74%
19.33%
斉藤さちこ32自由連合6,304票
2.63%
7.54%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 東京都第5区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小杉隆61自由民主党84,731票
37.93%
――
手塚仁雄30民主党51,418票
23.02%
60.68%
野村沙知代64新進党43,347票
19.40%
51.16%
渡辺信次39日本共産党28,514票
12.76%
33.65%
戸沢二郎50社会民主党10,861票
4.86%
12.82%
宮本尚美60新社会党4,524票
2.03%
5.34%

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年10月1日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 東京都”. 総務省. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ 区割り変更地図_目黒区”. 目黒区. 2021年9月3日閲覧。
  4. ^ 目黒区地区サービス事務所設置条例”. www1.g-reiki.net (平成6年12月). 2021年10月1日閲覧。
  5. ^ まちづくりセンター” (日本語). 世田谷区ホームページ. 2021年10月1日閲覧。
  6. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月1日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  7. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月1日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  8. ^ 衆院選立候補の維新・田淵氏 コロナに感染

関連項目[編集]