山口県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗山口県第1区
衆議院小選挙区 山口県4.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 山口市(旧阿東町域を除く)、周南市(旧徳山市新南陽市鹿野町域)、防府市
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
選出議員 高村正大
有権者数 35万7647人
1.546 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

山口県第1区(やまぐちけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

かつての旧山口2区の西半分を占める。周南市のうち旧熊毛町域が含まれないのは、熊毛町がかつて熊毛郡に属していたことから(熊毛郡は山口2区の区域)。同様に、山口市のうち旧阿東町域が含まれないのは、阿東町がかつて阿武郡に属していたことから(阿武郡は山口3区の区域で、旧山口1区であった)。

衆議院が小選挙区制移行後の全国の「1区」のうち、唯一「旧1区」でなかった選挙区でもある(理由については山口県第1区 (中選挙区)も参照のこと)。

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

自民党の地盤が強固な保守王国の1つ。党副総裁外相法相など重要ポストを歴任した高村正彦が強固な地盤を築いている。無風区の一つと考えられ、自民党に大逆風が吹いた2009年の第45回でも5万票近い大差で高村が勝利したが、民主党圧勝の煽りを受けて、同党の高邑勉比例中国ブロックで復活当選し、本選挙区から初の高村以外の当選者となっている。なお、この時の選挙戦では高村・高邑の両名の姓が紛らわしい(高村は「こうむら」、高邑は「たかむら」と読むのが正しい。高邑は「たかむら勉」の名で選挙戦を行っていた)こともあり、両名の間で按分票計算が行われた。

2017年の第48回を前に正彦は引退し、長男の正大が地盤を引き継いで当選を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 高村正彦 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 高村正大
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 山口県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:35万6209人 最終投票率:48.50%(前回比:減少5.93%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正大50自由民主党118,882票
70.11%
――公明党推薦
大内一也48立憲民主党50,684票
29.89%
42.63%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 山口県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:36万2270人 最終投票率:54.43% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正大46自由民主党133,221票
69.10%
――公明党
大内一也44希望の党36,582票
18.97%
27.46%
五島博61日本共産党17,924票
9.30%
13.45%
河井美和子55幸福実現党5,070票
2.63%
3.81%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 山口県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正彦72自由民主党120,084票
68.09%
――公明党
高邑勉40維新の党39,375票
22.33%
32.79%
藤井直子62日本共産党16,890票
9.58%
14.07%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 山口県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:357488[4]人 最終投票率:58.14[4]%(前回比:減少12.25%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正彦70自由民主党133,776票
65.91%
――
飯田哲也53日本未来の党35,622票
17.55%
26.63%
冨村郷司29民主党23,813票
11.73%
17.80%
魚永智行54日本共産党9,753票
4.81%
7.29%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 山口県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:359225[5]人 最終投票率:70.39[5]%(前回比:増加3.34%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正彦67自由民主党142,103票
56.99%
――
比当高邑勉35民主党94,253票
37.80%
66.33%
吉田貞好56日本共産党10,114票
4.06%
7.12%
村田純一45幸福実現党2,889票
1.16%
2.03%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 山口県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:358226[6]人 最終投票率:67.05[6]%(前回比:増加5.03%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正彦63自由民主党148,912票
63.83%
――
北角嘉幸42民主党64,309票
27.57%
43.19%
三村真千代59日本共産党20,059票
8.60%
13.47%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 山口県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正彦61自由民主党137,830票
63.64%
――
大泉博子53民主党66,672票
30.79%
48.37%
魚永智行45日本共産党12,071票
5.57%
8.76%
  • 大泉は第45回で茨城6区から出馬し当選。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 山口県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正彦58自由民主党143,490票
65.47%
――
山崎桃生25民主党51,496票
23.50%
35.89%
魚永智行42日本共産党24,167票
11.03%
16.84%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 山口県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高村正彦54自由民主党125,924票
72.57%
――
林洋武60日本共産党39,268票
22.63%
31.18%
三好一平49無所属8,325票
4.80%
6.61%×

出典[編集]

関連項目[編集]