福岡県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗福岡県第2区
衆議院小選挙区 福岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 福岡市中央区南区の一部・城南区の一部
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 鬼木誠
有権者数 45万1072人
1.950 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

福岡県第2区(ふくおかけんだい2く)は、日本衆議院における選挙区である。1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割り変更により、南区の一部が5区へ、城南区の一部が3区へ移動した。

2017年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 福岡市
    • 中央区
    • 南区
    • 城南区

歴史[編集]

九州一の繁華街天神地区を含み、隣の1区と並び、福岡市の中心部に当たる。大都市部としては比較的保守地盤が強いとされる。設置当初は元自由民主党副総裁の山崎拓が議席を獲得し続けた。2003年の第43回では山崎の女性スキャンダル等の影響で[4]民主党新人の古賀潤一郎が山崎を破り当選するが、翌2004年に古賀は学歴詐称疑惑の発覚により辞職し、2005年の第43回補欠では再び山崎が当選した。

2009年の第45回では山崎は民主党新人の稲富修二に5万票以上の差をつけられ、比例復活も出来ずに落選。その後、2012年の第46回では逆に稲富が自民党新人の鬼木誠に4万票近い差をつけられ、比例復活も出来ずに落選した。その後、第47回以降も鬼木が当選を続ける一方で、稲富は選挙のたびに票数を伸ばして鬼木との票差を縮めており、2017年の第48回以降は鬼木が当選しつつ稲富が比例復活している。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 山崎拓 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年 古賀潤一郎 民主党
第43回衆議院議員補欠選挙 2005年 山崎拓 自由民主党 ※古賀潤一郎の議員辞職に伴う
第44回衆議院議員総選挙
第45回衆議院議員総選挙 2009年 稲富修二 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 鬼木誠 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 福岡県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:44万9552人 最終投票率:53.81%(前回比:増加0.28%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鬼木誠49自由民主党109,382票
45.97%
――公明党推薦
比当稲富修二51立憲民主党101,258票
42.56%
92.57%
新開崇司50日本維新の会27,302票
11.47%
24.96%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 福岡県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:43万4178人 最終投票率:53.53%(前回比:増加6.49%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鬼木誠45自由民主党109,098票
47.93%
――公明党推薦
比当稲富修二47希望の党100,938票
44.34%
92.52%
松尾律子45日本共産党17,594票
7.73%
16.13%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 福岡県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:45万1222人 最終投票率:47.04%(前回比:減少8.91%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鬼木誠42自由民主党102,241票
49.47%
――公明党推薦
稲富修二44民主党83,535票
40.42%
81.70%
倉元達朗47日本共産党17,200票
8.32%
16.82%
中村宣久52無所属3,682票
1.78%
3.60%×
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 福岡県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:55.95% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鬼木誠40自由民主党105,493票
43.57%
――
稲富修二42民主党68,359票
28.23%
64.80%国民新党推薦
頭山晋太郎35日本維新の会42,731票
17.65%
40.51%
倉元達朗45日本共産党14,115票
5.83%
13.38%
小谷学39日本未来の党11,442票
4.73%
10.85%新党大地推薦
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 福岡県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
稲富修二39民主党156,431票
55.96%
――
山崎拓72自由民主党103,270票
36.94%
66.02%
小林解子29日本共産党16,818票
6.02%
10.75%
佐竹秀夫55幸福実現党3,043票
1.09%
1.95%
  • 稲富は第44回は11区から出馬、後に福岡県知事選にも出馬するが、いずれも落選していた。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 福岡県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山崎拓68自由民主党136,702票
52.35%
――
平田正源37民主党96,963票
37.14%
70.93%
山田博敏43日本共産党12,852票
4.92%
9.40%
西村健志郎46社会民主党11,771票
4.51%
8.61%
藤本豊54無所属2,821票
1.08%
2.06%×
第43回衆議院議員補欠選挙 福岡県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
山崎拓68自由民主党 96,174票
50.22%
平田正源37民主党78,311票
40.89%
山田博敏43日本共産党9,868票
5.15%
西村健志郎45無所属3,292票
1.72%
浜武振一39無所属2,857票
1.49%
藤本豊54無所属1,004票
0.52%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 福岡県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古賀潤一郎45民主党104,620票
48.70%
――
山崎拓66自由民主党94,565票
44.02%
90.39%
行徳收司62日本共産党15,626票
7.27%
14.94%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 福岡県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山崎拓63自由民主党93,234票
44.88%
――
岩本司35民主党79,544票
38.29%
85.32%
清水とし子50日本共産党24,762票
11.92%
26.56%
城野美代子48自由連合10,178票
4.90%
10.92%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 福岡県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山崎拓59自由民主党98,095票
49.24%
――
山崎広太郎55新進党73,066票
36.68%
74.48%
長尾正昭54日本共産党19,151票
9.61%
19.52%
中願寺純隆36無所属6,242票
3.13%
6.36%×
岡地緑37自由連合2,663票
1.34%
2.71%
  • 山崎広太郎は1998年に福岡市長選挙へ立候補し、当選。

脚注[編集]

関連項目[編集]