静岡県第7区 (1994年〜2002年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

静岡県第7区(しずおかけんだい7く)は、かつて存在した日本衆議院議員総選挙における選挙区である。1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2002年の公職選挙法改正で消滅した。

これはこの際行われた区割り改正で静岡県の衆議院小選挙区が1減となったため、7区が分割され他区に編入、それまでの静岡県第9区の名称が新たに静岡県第7区に変更となったものである。そのため、旧静岡県第7区と現在の静岡県第7区は、まったく別個の地域である。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[1]

2002年の小選挙区区割変更に伴い、三島市・田方郡伊豆長岡町函南町5区へ、熱海市・伊東市・下田市・賀茂郡・田方郡(伊豆長岡町・函南町を除く)が6区へそれぞれ編入された[2]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 木部佳昭 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 細野豪志 民主党

選挙結果[編集]

第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 静岡県第7区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:36万1567人 最終投票率:68.22%(前回比:増加6.44%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
細野豪志28民主党73,044票
30.34%
――
木部佳昭74自由民主党56,825票
23.60%
77.80%保守新党推薦
栗原裕康51無所属51,625票
21.44%
70.68%×
松本義廣49無所属39,685票
16.48%
54.33%×
宮城島正52日本共産党18,252票
7.58%
24.99%
志良以榮63自由連合1,313票
0.55%
1.80%
  • 細野は区割り再編後は5区で活動。栗原は41・43回は6区で活動(自民党)。この選挙では公認争いに敗れ無所属出馬。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 静岡県第7区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日
当日有権者数:35万6361人 最終投票率:61.78%(前回比:---%) (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木部佳昭70自由民主党90,317票
42.92%
――
小池政臣56無所属78,355票
37.24%
86.76%×
渡辺浩美36日本共産党23,925票
11.37%
26.49%
菊地董54社会民主党17,814票
8.47%
19.72%
  • 小池は1998年に三島市長選挙に立候補し当選。
  • 菊池は、前島秀行の死去により2000年2月に繰り上げ当選(なお、2000年以降の衆議院議員選挙では、有効得票10%未満では復活当選及び繰り上げ当選はできない)。42回では静岡5区に立候補し、落選。

脚注[編集]

関連項目[編集]