志良以榮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志良以 榮(しらい さかえ、1937年1月8日 - )は、日本の政治活動家。政経同友会、平民党、国民党(1988年設立)などを率いた経験を持ち、政治団体日本国民党(2004年設立)代表。過去に自民党衆議院議員の私設秘書を務めた[1]。筆名は白井祐伯。

志良以は政治団体「国民党」を1988年に設立した。同党は選挙ポスターを貼り出さないなど、独特の選挙戦術で知られる。本部事務所(連絡先)は新宿区歌舞伎町に置かれていたが、港区浜松町の奈良武(同党より立候補歴のある弁理士)の個人事務所に移転した。2014年12月31日に解散が届け出られた[2]。この間、志良以は自らを代表者とする別の政治団体「日本国民党」[3]2004年に立ち上げた。

選挙活動歴[編集]

[編集]

  1. ^ 週刊朝日」1993年7月23日号
  2. ^ “総務省|政治資金収支報告書|平成27年 5月29日公表(平成19・25~26年分 解散分)” (プレスリリース), 総務省, (2015年5月29日), http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/SD20150529/032.pdf 
  3. ^ “平成19年分政治資金収支報告書の要旨(平成20年9月12日付け官報)” (PDF) (プレスリリース), 総務省, (2008年9月12日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000047140.pdf#page=195 
  4. ^ 中日新聞の意見広告費が無料であることから、他の諸政党でも愛知県に形式上の活動拠点を置く場合が少なくない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]