第17回参議院議員通常選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第17回参議院議員通常選挙 国会議事堂
投票日 1995年7月23日
内閣 村山内閣
任期満了日 1995年7月22日
改選数 126
選挙制度 選挙区制 76
拘束名簿式比例代表制 50
議席内訳 Japanese House of Councillors election, 1995 ja.svg
選挙後の党派別議席数
 < 19921998 > 
参議院議員通常選挙
テンプレートを表示

第17回参議院議員通常選挙(だい17かいさんぎいんぎいんつうじょうせんきょ)は、1995年平成7年)7月23日に行われた日本参議院議員通常選挙である。

概説[編集]

自民党以外の首相における大型国政選挙は1955年の自民党結党以来初めてであった。投票率は50パーセントを割り込むという前代未聞の記録的低投票率だった。福岡政行がこの選挙に関し「新進党の勝利というよりは創価学会の勝利といえる。」とテレビで断言するほど創価学会の組織票の強さを見せ付ける結果となった。

選挙データ[編集]

内閣[編集]

公示日[編集]

  • 1995年(平成7年)7月6日

投票日[編集]

  • 1995年(平成7年)7月23日

改選数[編集]

選挙制度[編集]

1994年の公職選挙法改正で参議院の地方区の8増8減が行われた。(増員区: 宮城県 2→4、埼玉県 4→6、神奈川県 4→6、岐阜県 2→4、減員区: 北海道 8→4、兵庫県 6→4、 福岡県 6→4)

  • 選挙区
    • 小選挙区制 ‐ 改選数24
      • 2人区(単記投票) - 24
    • 中選挙区制 ‐ 改選数52
      • 4人区(単記投票) - 18
      • 6人区(単記投票) - 4
      • 8人区(単記投票) - 1
  • 比例区
  • 秘密投票
  • 20歳以上の男女
  • 有権者 stub( 男性: 女性: )

その他[編集]

  • 立候補者 ( 地方区: 全国区: )

主な争点[編集]

選挙結果[編集]

投票率[編集]

当日有権者数:96,759,025名

  • 比例代表区:44.50%
  • 選挙区:44.52%

議席数[編集]

政党/無所属 改選 非改選 合計
与党 65 86 151
自由民主党 46 65 111
日本社会党 16 21 37
新党さきがけ 3 0 3
野党 61 40 101
新進党 40 17 57
日本共産党 8 6 14
民主改革連合 2 0 2
第二院クラブ 1 1 2
公明 0 11 11
スポーツ平和党 0 1 1
平和・市民 1 0 1
無所属 9 4 13
合計 126 126 252
参考:日本の長期統計系列 第27章 公務員・選挙 27-13 参議院議員通常選挙の党派別当選者数及び得票率(昭和22年〜平成16年)
党派別得票と当選者数
比例代表区 選挙区 当選
合計
得票 % 当選 得票 % 当選
自由民主党 11,096,972 27.29 15 10,557,547 25.40 31 46
新進党 12,506,322 30.75 18 11,003,681 26.47 22 40
日本社会党 6,882,919 16.92 9 4,926,003 11.85 7 16
日本共産党 3,873,955 9.53 5 4,314,830 10.38 3 8
新党さきがけ 1,455,886 3.58 2 1,059,353 2.55 1 3
民主改革連合 1,854,175 4.46 2 2
二院クラブ 1,282,596 3.15 1 1
平和・市民 377,786 0.93 0 579,377 1.39 1 1
スポーツ平和党 541,894 1.33 0 0
諸派・無所属 2,649,930 6.52 0 7,278,089 17.51 9 9
合計 40,668,260 50 41,573,055 76 126
棄権・無効 53,698,904 53,684,302
出所:<データ>国会議員選挙の結果。石川真澄『戦後政治史 新版』岩波新書、268~269頁。なお、投票率の当日有権者数と比例代表区及び選挙区の投票率もこの著書からである。

政党・政治団体[編集]

主要政党[編集]

自由民主党
総裁 副総裁 幹事長 総務会長 政務調査会長 国会対策委員長 参議院議員会長
河野洋平 小渕恵三 森喜朗 木部佳昭 加藤紘一 島村宣伸 斎藤十朗
日本社会党
中央執行委員長 中央執行副委員長 書記長 政策審議会長 国会対策委員長 参議院議員会長
村山富市 井上一成
千葉景子
日野市朗
久保亘 関山信之 森井忠良 青木薪次
新党さきがけ
常任幹事会代表 常任幹事会代表代行 常任幹事会代表幹事 総務会長 政策調査会長 院内幹事 参議院議員会長
武村正義 田中秀征 鳩山由紀夫 園田博之 菅直人 渡海紀三朗 堂本暁子
新進党
常任幹事会党首 常任幹事会副党首 常任幹事会幹事長 政策審議会長 総務会長 参議院議員代表
海部俊樹 羽田孜
石田幸四郎
米沢隆
小沢一郎 中野寛成 渡部恒三 吉田之久
日本共産党
中央委員会議長 幹部会委員長 幹部会副委員長 書記局長 政策委員会責任者 国会対策委員長 参議院議員団長
宮本顕治 不破哲三 上田耕一郎
小笠原貞子
金子満広
橋本敦
松本善明
山原健二郎
志位和夫 市田忠義 寺前巌 立木洋
民主改革連合
代表
笹野貞子
公明
中央幹事会代表 中央幹事会副代表 中央幹事会幹事長 政務調査会長 国会対策委員長 参議院議員会長
藤井富雄 浜四津敏子 鶴岡洋 続訓弘 矢原秀男 鶴岡洋

諸派その他[編集]

議員[編集]

この選挙で選挙区当選[編集]

 自民党   新進党 [注 1]  社会党 [注 2]  共産党   民改連 [注 3]  さきがけ   諸派   無所属 

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県
菅野久光[民主 1] 小川勝也[民主 2] 山崎力[自民 1] 高橋令則[自由 1] 市川一朗 亀谷博昭 金田勝年
山形県 福島県 茨城県 栃木県
阿部正俊 太田豊秋 和田洋子[民主 3] 狩野安 小林元[民主 3] 岩崎純三 国井正幸[自民 2]
群馬県 埼玉県 千葉県
山本一太 角田義一[民主 4] 高野博師[公明 1] 佐藤泰三 阿部幸代 岩瀬良三[自民 3] 倉田寛之
神奈川県 東京都
松あきら[公明 1] 石渡清元 斎藤勁[民主 1] 魚住裕一郎[公明 1] 保坂三蔵 緒方靖夫 田英夫
山梨県 新潟県 富山県 石川県 福井県
中島真人 吉川芳男 長谷川道郎[自民 4] 鹿熊安正 馳浩[自民 5] 松村龍二
長野県 岐阜県 静岡県 三重県
小山峰男[民主 3] 村沢牧 大野明 平田健二[民主 5] 鈴木正孝[自民 5] 竹山裕 平田耕一
愛知県 滋賀県 京都府 奈良県
山本保[公明 1] 鈴木政二 末広真季子[自民 5] 奥村展三 西田吉宏 笹野貞子[民主 3] 吉田之久[民主 5]
大阪府 兵庫県 和歌山県 鳥取県
白浜一良[公明 1] 山下芳生 谷川秀善 石井一二[自連 1] 鴻池祥肇 世耕政隆 常田享詳[自民 6]
島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県
景山俊太郎 片山虎之助 石田美栄[民主 5] 溝手顕正 菅川健二[民主 6] 林芳正 北岡秀二
香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県
真鍋賢二 塩崎恭久 田村公平[自民 7] 木庭健太郎[公明 1] 三重野栄子 陣内孝雄 田浦直[自民 8]
熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
阿曽田清 三浦一水[自民 5] 梶原敬義 長峯基 鎌田要人 久保亘 照屋寛徳

補欠選挙[編集]

選挙区 当選者 当選政党 欠員 欠員政党 欠員事由
1996年 3月 岐阜県 大野つや子 諸派 大野明 自民党 死去
1997年 11月 宮城県 岡崎トミ子 民主党 市川一朗 無所属 宮城県知事選出馬
1998年 11月 和歌山県 世耕弘成 自民党 世耕政隆 自民党 死去
1999年 10月 長野県 羽田雄一郎 民主党 村沢牧 社民党 死去
2000年 4月 熊本県 魚住汎英 無所属 阿曽田清 自由党 熊本県知事選出馬
6月 石川県 沓掛哲男 自民党 馳浩 自民党 第42回衆院選出馬
三重県 高橋千秋 無所属 平田耕一 自民党
愛媛県 関谷勝嗣 自民党 塩崎恭久 自民党
10月 滋賀県 山下英利 自民党 奥村展三 さきがけ

比例代表選出議員[編集]

 新進党   自民党   社会党   共産党   新党さきがけ   第二院クラブ 

1-5 大森礼子[公明 1] 武見敬三 日下部禧代子 扇千景[保守 1] 岡野裕
6-10 益田洋介[公明 1] 橋本敦 中原爽 松前達郎 寺崎昭久[民主 5]
11-15 成瀬守重 加藤修一[公明 1] 前川忠夫 石井道子 田村秀昭[自由 1]
16-20 吉川春子 尾辻秀久 水島裕[自民 9] 朝日俊弘 清水嘉与子
21-25 海野義孝[公明 1] 水野誠一[無所 1] 足立良平[民主 5] 石川弘 竹村泰子[民主 3]
26-30 須藤美也子 佐藤道夫 但馬久美[公明 1] 依田智治 伊藤基隆[民主 1]
31-35 木暮山人 須藤良太郎 福本潤一 釜本邦茂 谷本巍
36-40 笠井亮 友部達夫 小山孝雄 今泉昭[公明 1] 清水澄子
41-45 橋本聖子 渡辺孝男[公明 1] 海老原義彦 畑恵[自民 5] 筆坂秀世
46-50 菅野寿 岩井国臣 戸田邦司[自由 1] 堂本暁子 星野朋市[保守 1]

繰り上げ当選[編集]

繰上年月 当選者 名簿政党名 欠員 欠員事由
1998年6月 松崎俊久[民主 3] 新進党 木暮山人 死去
1999年10月 中島啓雄 自民党 石川弘 死去
2001年2月 柳川覚治 自民党 小山孝雄 辞職
2001年3月 黒岩秩子 さきがけ 堂本暁子 千葉県知事選出馬
2001年6月 金石清禅[保守 2] 新進党 友部達夫 失職
  • 注釈
  1. ^ 1997年12月、解党
  2. ^ 1996年1月、「社会民主党(社民党)」に改名
  3. ^ 民政党結党後、1998年4月の民主党結党に合流
  • 自民党関連
  1. ^ 新進党解党後は改革クラブを経て、2000年に自民党に入党
  2. ^ 1998年に自民党に入党
  3. ^ 新進党解党後は改革クラブを経て、1999年5月に自民党に入党
  4. ^ 新進党解党後、自民党に入党
  5. ^ a b c d e 自民党に入党
  6. ^ 1997年5月、自民党に復党
  7. ^ 自由連合を経て、1997年、自民党に復党
  8. ^ 新進党除名後、自民党に入党
  9. ^ 新進党解党後、1998年7月、自民党に入党
  • 民主党関連
  1. ^ a b c 1996年8月の旧民主党結党に参加し、1998年の民主党結党にも参加
  2. ^ 1996年12月新進党離党し、旧民主党に入党。1998年の民主党結党にも参加
  3. ^ a b c d e f 民主党に参加
  4. ^ 1998年の民主党結党に参加
  5. ^ a b c d e 新進党解党後は新党友愛結党を経て、1998年の民主党結党に参加
  6. ^ 新進党解党後、改革クラブを経て、民主党に参加
  • 自由党関連
  1. ^ a b c 新進党解党後、1998年1月の自由党結党に参加
  • 公明党関連
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 新進党解党後、公明党再結党
  • 保守党関連
  1. ^ a b 新進党解党後、自由党結党に参加した後、離党し、保守党を結党。
  2. ^ 繰り上げ当選時、新進党はすでに解党しており、保守党に参加
  • 自由連合関連
  1. ^ 新進党離党し、自由連合に参加
  • 無所属関連
  1. ^ さきがけ解党後、無所属に

この選挙で初当選[編集]

  • 衆議院議員経験者には「※」の表示。
  • 現役議員には「〇」の、現役衆議院議員には「□」の表示。
自由民主党
新進党
日本社会党
日本共産党
新党さきがけ
民主改革連合
第二院クラブ
無所属

この選挙で返り咲き[編集]

自由民主党

この選挙で引退・不出馬の議員[編集]

自由民主党
新進党
日本社会党
日本共産党
公明
無所属

この選挙で落選した議員[編集]

自由民主党
日本社会党
日本共産党
民主改革連合
第二院クラブ
平和・市民
スポーツ平和党
憲法みどり農の連帯
無所属

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]