青森県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗青森県第2区
衆議院小選挙区 青森県.svg
行政区域 八戸市十和田市三沢市上北郡七戸町六戸町東北町おいらせ町三戸郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 大島理森
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
253,752人
1.09 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

青森県第2区(あおもりけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割り変更前は以下の区域であった。(旧区域2)

2013年の区割り変更前は以下の区域であった。(旧区域1)

歴史[編集]

中選挙区の旧青森1区の時代は、県都青森市を抱える現青森1区選出の津島雄二、現青森3区八戸戦争に代表される、田名部匡省大島理森に、ほか1名の4名が選出されていたが、二北地区(上北(上十三)、下北)からの立候補はほぼなかった。そのため、小選挙区制になり、自民系の江渡聡徳と新進系の三村申吾の争いとなる。

1996年第41回は江渡、2000年第42回は三村が勝利した。2003年第43回衆議院議員総選挙では江渡が返り咲き、2005年第44回衆議院議員総選挙では江渡が再選された。自民党が惨敗した2009年第45回衆議院議員総選挙でも、江渡が民主党の中野渡詔子を下し、連続当選した(中野渡も比例復活)。

2012年第46回衆議院議員総選挙2014年第47回衆議院議員総選挙では江渡が次点以下の比例復活を許さず、大差を付けて当選した。

第48回衆議院議員総選挙からは区割りが大きく変更され、旧・2区からむつ市・下北郡が除外され(1区に移動)、旧・3区だった八戸市・三戸郡を含めることになった。江渡は1区へ転じ(コスタリカ方式により比例東北ブロック単独で立候補)、旧・3区を地盤にしていた大島理森が12選を果たした。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 江渡聡徳 自由民主党 旧区域1
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 三村申吾 無所属の会 旧区域1
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 江渡聡徳 自由民主党 旧区域1
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 江渡聡徳 自由民主党 旧区域1
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 江渡聡徳 自由民主党 旧区域1
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 江渡聡徳 自由民主党 旧区域1
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 江渡聡徳 自由民主党 旧区域2
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 大島理森 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:403,329人 最終投票率:52.60%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
大島理森 71 自由民主党 133,545票
64.0%
―― 公明党推薦
工藤武司 45 希望の党 56,011票
26.9%
41.9%
奥本菜保巳 57 日本共産党 19,004票
9.1%
14.2%
第47回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:252,014人 最終投票率:49.22%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江渡聡徳 59 自由民主党 81,054票
67.5%
―― 公明党推薦
中野渡詔子 44 維新の党 28,282票
23.5%
34.9%
小笠原良子 65 日本共産党 10,775票
9.0%
13.3%
第46回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江渡聡徳 57 自由民主党 81,937票
65.2%
――
中村友信 57 民主党 18,836票
15.0%
23.0%
中野渡詔子 42 日本未来の党 18,180票
14.5%
22.2%
小笠原良子 63 日本共産党 6,683票
5.3%
8.2%
第45回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江渡聡徳 53 自由民主党 86,654票
54.0%
――
比当 中野渡詔子 38 民主党 64,334票
40.1%
74.2%
熊谷ヒサ子 61 無所属 7,164票
4.5%
8.3% ×
森光浄 59 幸福実現党 2,288票
1.4%
2.6%
第44回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江渡聡徳 49 自由民主党 89,887票
58.3%
――
中村友信 50 民主党 46,124票
29.9%
51.3%
木下千代治 72 社会民主党 13,327票
8.6%
14.8%
市川俊光 46 日本共産党 4,941票
3.2%
5.5%
第43回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江渡聡徳 48 自由民主党 96,784票
75.1%
――
斉藤孝一 64 社会民主党 21,537票
16.7%
22.3%
工藤祥子 56 日本共産党 10,605票
8.2%
11.0%
第42回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
三村申吾 44 無所属の会 80,338票
46.9%
――
江渡聡徳 44 自由民主党 74,118票
43.3%
92.3%
木下千代治 67 社会民主党 13,112票
7.7%
16.3%
工藤内記 55 日本共産党 3,645票
2.1%
4.5%
  • 三村は選挙後、自民党への入党を目指し所属していた無所属の会、県民協会を脱退。2003年に青森県知事選挙に出馬のため辞職し、当選。
第41回衆議院議員総選挙 青森県第2区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江渡聡徳 41 自由民主党 63,672票
41.9%
――
三村申吾 40 新進党 62,907票
41.4%
98.8%
戸来勉 43 民主党 11,581票
7.6%
18.2%
建部玲子 55 社会民主党 8,705票
5.7%
13.7%
相馬和孝 65 日本共産党 5,235票
3.4%
8.2%

関連項目[編集]