佐賀県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗佐賀県第1区
衆議院小選挙区 佐賀県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 佐賀市鳥栖市神埼市神埼郡三養基郡
(2022年12月28日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
2002年2013年区割変更)
選出議員 原口一博
有権者数 33万3869人
1.456 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2022年9月1日)
テンプレートを表示

佐賀県第1区(さがけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のとおりである[1][2]。2013年には3区の廃止に伴い、大幅に区割が見直しされた。

2002年から2013年までの区域[編集]

2002年平成14年)公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[3]。一部区割りの見直しが行われた。

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年)公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[4]

  • 佐賀市
  • 鳥栖市
  • 神埼郡
  • 三養基郡

歴史[編集]

佐賀県は全般に厚い保守層への支持を背景に自由民主党が強いが、この1区では新進党民主党と渡り歩きメディア出演の多さで全国的な知名度を持つ原口一博が自民党の候補者(坂井隆憲福岡資麿岩田和親)と激しい争いを続けて、第47回衆議院議員総選挙までは原口と自民党候補が交互に当選を果たす現象が続き、過去7回の選挙で原口は4勝3敗だった。

2017年第48回衆議院議員総選挙では原口が公示日2日前に希望の党の公認を辞退し無所属で出馬を表明し、これを受けて日本共産党は佐賀1区の候補を取り下げた。事実上の岩田との一騎打ちとなったこの選挙で原口は圧勝し、初めて2期連続で小選挙区当選を果たした(岩田は比例当選)。

2021年第49回衆議院議員総選挙では立憲民主党の公認を得た原口と自民党の岩田が出馬する一騎打ちになった。開票の結果、わずか133票差で原口が3期連続での小選挙区当選を果たした(岩田は比例当選)。佐賀県では2つの小選挙区がともに候補者数2人で、いずれも次点者が比例当選となり、県内小選挙区の候補者全員が当選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 原口一博 新進党 旧区域
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 坂井隆憲 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 原口一博 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 福岡資麿 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 原口一博 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 岩田和親 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 原口一博 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 無所属
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年) 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 佐賀県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:33万3718人 最終投票率:56.20%(前回比:減少1.44%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
原口一博62立憲民主党92,452票
50.04%
――
比当岩田和親48自由民主党92,319票
49.96%
99.86%公明党推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 佐賀県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:33万4711人 最終投票率:57.64%(前回比:増加1.21%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
原口一博58無所属105,487票
55.65%
――民進党佐賀県総支部連合会推薦×
比当岩田和親44自由民主党78,972票
41.66%
74.86%公明党推薦
中島徹43幸福実現党5,086票
2.68%
4.82%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 佐賀県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:32万7125人 最終投票率:56.43% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
原口一博55民主党85,903票
47.51%
――
比当岩田和親41自由民主党83,421票
46.14%
97.11%公明党推薦
古賀誠29日本共産党11,483票
6.35%
13.37%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 佐賀県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩田和親39自由民主党70,547票
49.19%
――公明党推薦
比当原口一博53民主党63,007票
43.93%
89.31%国民新党推薦
大森斉57日本共産党9,857票
6.87%
13.97%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 佐賀県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
原口一博50民主党96,618票
55.64%
――
福岡資麿36自由民主党75,475票
43.46%
78.12%
木場健35幸福実現党1,568票
0.90%
1.62%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 佐賀県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福岡資麿32自由民主党84,643票
50.35%
――
比当原口一博46民主党75,449票
44.88%
89.14%
武藤明美57日本共産党8,029票
4.78%
9.49%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 佐賀県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
原口一博44民主党70,271票
46.84%
――
福岡資麿30自由民主党66,446票
44.29%
94.56%
柴田久寛61社会民主党8,315票
5.54%
11.83%
上村泰稔38日本共産党4,977票
3.32%
7.08%
  • 坂井は政治資金規正法違反により逮捕され不出馬(辞職勧告を受けたものの解散まで辞職せず)。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 佐賀県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
坂井隆憲52自由民主党70,155票
40.81%
――
比当原口一博40民主党62,932票
36.61%
89.70%
緒方克陽62社会民主党30,018票
17.46%
42.79%
上村泰稔35日本共産党7,173票
4.17%
10.22%
永井孝50自由連合1,612票
0.94%
2.30%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 佐賀県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
原口一博37新進党62,515票
38.96%
――
比当坂井隆憲48自由民主党60,286票
37.57%
96.43%
緒方克陽58社会民主党27,514票
17.15%
44.01%
上村泰稔31日本共産党7,670票
4.78%
12.27%
木村隆41自由連合2,493票
1.55%
3.99%

脚注[編集]

関連項目[編集]