静岡県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗静岡県第2区
衆議院小選挙区 静岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 島田市焼津市藤枝市牧之原市御前崎市(旧御前崎町域)、榛原郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年
選出議員 井林辰憲
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
399,582人
1.71 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

静岡県第2区(しずおかけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

中選挙区時代の静岡県第1区から選出されていた自民党代議士2名(原田昇左右大石千八)が当選挙区内を地盤としていたが、嘘つき解散で大石(榛原郡が地盤)が造反(第40回では無所属で当選)していたことなどが影響し、小選挙区化にあたり原田(焼津市が地盤)が自民党公認を得た。大石千八から世襲した大石秀政は第41回は比例区で出馬し当選したが、第42回は無所属で当選挙区に出馬し落選。同回では自民党系分裂で惜敗率が高くなった民主党の津川祥吾が初出馬で比例復活を果たす。第43回、第44回は原田昇左右から世襲した原田令嗣が当選するも、榛原郡における自民党支持層の投票先は不安定となり、第45回は津川が当選。第46回は公募により自民党から出馬した井林辰憲が初当選。遺恨のない井林は手堅く票を集めて以降連続で当選している。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 原田昇左右 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 原田昇左右 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 原田令嗣 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 原田令嗣 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 津川祥吾 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 井林辰憲 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 井林辰憲 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 井林辰憲 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:397,153人 最終投票率:58.92%(前回比:+2.40ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
井林辰憲 41 自由民主党 130,857票
57.2%
―― 公明党推薦
松尾勉 33 希望の党 75,771票
33.1%
57.9%
四ツ谷恵 65 日本共産党 22,173票
9.7%
16.9%


第47回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:393,047人 最終投票率:56.52%(前回比:-7.58ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
井林辰憲 38 自由民主党 129,311票
59.9%
―― 公明党推薦
松尾勉 30 民主党 63,078票
29.2%
48.8%
四ツ谷恵 62 日本共産党 23,340票
10.8%
18.0%
  • 投票結果開票結果 - 静岡県選挙管理委員会
  • 静岡県選挙管理委員会は2014年12月16日、静岡県第2区の1を井林辰憲とする告示をした[2]
第46回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:395,390人 最終投票率:64.10%(前回比:-8.61ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
井林辰憲 36 自由民主党 108,510票
43.9%
――
津川祥吾 40 民主党 77,426票
31.3%
71.4% 国民新党推薦
諸田洋之 46 日本維新の会 47,877票
19.4%
44.1% みんなの党推薦
四ツ谷恵 60 日本共産党 13,588票
5.5%
12.5%
第45回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:396,931人 最終投票率:72.71%(前回比:+1.71ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
津川祥吾 37 民主党 165,151票
58.4%
―― 国民新党推薦
原田令嗣 57 自由民主党 112,889票
39.9%
68.4% 公明党推薦
浜口亘弘 41 幸福実現党 4,952票
1.7%
3.0%
第44回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:394,374人 最終投票率:71.00%(前回比:+5.11ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
原田令嗣 53 自由民主党 155,019票
56.7%
―― 公明党推薦
津川祥吾 33 民主党 118,564票
43.3%
76.5%
第43回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:391,657人 最終投票率:65.89%(前回比:-1.68ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
原田令嗣 51 自由民主党 129,162票
51.5%
―― 保守新党推薦
津川祥吾 31 民主党 107,687票
42.9%
83.4%
岡崎平作 51 日本共産党 14,096票
5.6%
10.9%
第42回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:384,666人 最終投票率:67.57%(前回比:+6.55ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
原田昇左右 76 自由民主党 92,905票
39.0%
―― 保守新党推薦
比当 津川祥吾 28 民主党 76,334票
32.0%
82.2%
大石秀政 36 無所属 46,095票
19.3%
49.6% ×
四ッ谷恵 47 日本共産党 23,009票
9.7%
24.8%
第41回衆議院議員総選挙 静岡県第2区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:373,871人 最終投票率:61.02%(前回比:---ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
原田昇左右 73 自由民主党 127,933票
61.2%
――
浅羽広吉 61 日本共産党 36,714票
17.6%
28.7%
池田剛久 30 自由連合 25,547票
12.2%
20.0%
中村英一 32 無所属 18,956票
9.1%
14.8% ×

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号(平成29年10月22日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第63号(平成26年12月14日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)

関連項目[編集]