第1次岸田内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第1次岸田内閣
Kishida Cabinet.jpg
国務大臣任命式後の記念撮影
(2021年10月4日)
内閣総理大臣 第100代 岸田文雄
成立年月日 2021年令和3年)10月4日
終了年月日 2021年令和3年)11月10日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
自公連立政権
施行した選挙 第49回衆議院議員総選挙
衆議院解散 2021年(令和3年)10月14日
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次岸田内閣(だいいちじ きしだないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁岸田文雄が第100代内閣総理大臣に任命され、2021年令和3年)10月4日から2021年令和3年)11月10日まで続いた日本の内閣である。 自由民主党公明党与党とする連立内閣自公連立政権)である[1]

自由民主党総裁の菅義偉の任期満了に伴って実施された総裁選挙において岸田が第27代総裁に選出された。これを受けて菅義偉内閣総辞職し、その後継政権として発足した[2][3]

内閣の顔ぶれ、人事[編集]

国務大臣[編集]

2021年(令和3年)10月4日任命。

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 岸田文雄 Fumio Kishida 20211004.jpg 衆議院
自由民主党
岸田派
自由民主党総裁
総務大臣 金子恭之 Yasushi Kaneko 20211004.jpg 衆議院
自由民主党
(岸田派)
内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位
(2021年11月4日 - )
初入閣
法務大臣 古川禎久 Yoshihisa Furukawa 20211004.jpg 衆議院
自由民主党
旧竹下派
初入閣
外務大臣 茂木敏充 Toshimitsu Motegi 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
(旧竹下派)
内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位 再任
2021年11月4日免
岸田文雄 Fumio Kishida 20211004 (cropped).jpg 衆議院
自由民主党
(岸田派)
内閣総理大臣兼任 2021年11月4日兼
自由民主党総裁
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融)
鈴木俊一 Shunichi Suzuki 20211004.jpg 衆議院
自由民主党
麻生派
デフレ脱却担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第4位→第3位
再入閣
文部科学大臣 末松信介 Shinsuke Suematsu 20211004.jpg 参議院
自由民主党
細田派
教育再生担当
国立国会図書館連絡調整委員会委員
初入閣
厚生労働大臣 後藤茂之 20211004goto shigeyuki.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
初入閣
農林水産大臣 金子原二郎 20211004kaneko genjiro.jpg 参議院
自由民主党
(岸田派)
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第5位→第4位
初入閣
経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償・
廃炉等支援機構)
萩生田光一 Koichi Hagiuda 20211004.jpg 衆議院
自由民主党
(細田派)
産業競争力担当
ロシア経済分野協力担当
原子力経済被害担当
横滑り
国土交通大臣 斉藤鉄夫 Tetsuo Saito 20211004.jpg 衆議院
公明党
水循環政策担当 公明党副代表
再入閣
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力防災)
山口壯 20211004yamaguchi tsuyoshi.jpg 衆議院
自由民主党
二階派
初入閣
防衛大臣 岸信夫 Nobuo Kishi 20211004.jpg 衆議院
自由民主党
(細田派)
再任
内閣官房長官 松野博一 Hirokazu Matsuno 20211004.jpg 衆議院
自由民主党
(細田派)
沖縄基地負担軽減担当
拉致問題担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位第1位
再入閣
デジタル大臣
内閣府特命担当大臣
(規制改革)
牧島かれん Karen Makishima 20211008.png 衆議院
自由民主党
(麻生派)
行政改革担当 初入閣
復興大臣
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策)
西銘恒三郎 Nishime Kōsaburō.jpg 衆議院
自由民主党
(旧竹下派)
福島原発事故再生総括担当 初入閣
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(防災)
(海洋政策)
二之湯智 Ninoyu Satoshi.jpg 参議院
自由民主党
(旧竹下派)
国土強靭化担当
領土問題担当
国家公務員制度担当
初入閣
内閣府特命担当大臣
(地方創生)
(少子化対策)
(男女共同参画)
野田聖子 Noda Seiko (cropped).jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
女性活躍担当
子ども政策担当
孤独・孤立対策担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第3位→第2位
再入閣
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策)
山際大志郎 211005yamagiwa.png 衆議院
自由民主党
(麻生派)
経済再生担当
新しい資本主義担当
新型コロナ対策・健康危機管理担当
全世代型社会保障改革担当
初入閣
内閣府特命担当大臣
(科学技術政策)
(宇宙政策)
小林鷹之 Kobayashi Takayuki.jpg 衆議院
自由民主党
(二階派)
経済安全保障担当 初入閣
国務大臣 堀内詔子 Noriko Horiuchi.jpg 衆議院
自由民主党
(岸田派)
東京オリンピック競技大会・
東京パラリンピック競技大会担当

ワクチン接種推進担当
初入閣
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全)
(クールジャパン戦略)
(知的財産戦略)
若宮健嗣 Wakamiya Kenji.jpg 衆議院
自由民主党
(旧竹下派)
国際博覧会担当
共生社会担当
まち・ひと・しごと創生担当
初入閣

内閣官房副長官、内閣法制局長官[編集]

2021年(令和3年)10月4日任命。

職名 氏名 出身等 備考
内閣官房副長官 木原誠二 衆議院/自由民主党(岸田派)
磯崎仁彦 参議院/自由民主党(岸田派)
栗生俊一 事務担当/警察庁
内閣法制局長官 近藤正春 内閣法制次長経済産業省 再任

内閣総理大臣補佐官[編集]

2021年(令和3年)10月4日任命。

職名 氏名 所属等 備考
内閣総理大臣補佐官
国家安全保障に関する重要政策担当
木原誠二 衆議院/自由民主党(岸田派) 官房副長官 兼務
内閣総理大臣補佐官
(国内経済その他特命事項担当)
村井英樹 衆議院/自由民主党(岸田派) 2021年10月8日任命

副大臣[編集]

2021年(令和3年)10月6日任命。

職名 氏名 出身等 備考
デジタル副大臣 小林史明 衆議院/自由民主党(岸田派) 内閣府副大臣兼任
復興副大臣 冨樫博之 衆議院/自由民主党(石破派)
横山信一 参議院/公明党 留任
渡辺猛之 参議院/自由民主党(旧竹下派) 内閣府、国土交通副大臣兼任/留任
内閣府副大臣 小林史明 衆議院/自由民主党(岸田派) デジタル副大臣兼任
大野敬太郎 衆議院/自由民主党(無派閥)
黄川田仁志 衆議院/自由民主党(無派閥)
赤池誠章 参議院/自由民主党(細田派)
池田佳隆 衆議院/自由民主党(細田派) 文部科学副大臣兼任
細田健一 衆議院/自由民主党(細田派) 経済産業副大臣兼任
石井正弘 参議院/自由民主党(細田派) 経済産業副大臣兼任
務台俊介 衆議院/自由民主党(麻生派) 環境副大臣兼任
鬼木誠 衆議院/自由民主党(石原派) 防衛副大臣兼任
山本博司 参議院/公明党 厚生労働副大臣兼任/留任
渡辺猛之 参議院/自由民主党(旧竹下派) 復興、国土交通副大臣兼任
総務副大臣 田畑裕明 衆議院/自由民主党(細田派)
中西祐介 参議院/自由民主党(麻生派)
法務副大臣 津島淳 衆議院/自由民主党(旧竹下派)
外務副大臣 小田原潔 衆議院/自由民主党(細田派)
鈴木貴子 衆議院/自由民主党(旧竹下派)
財務副大臣 伊藤渉 衆議院/公明党 留任
大家敏志 参議院/自由民主党(麻生派)
文部科学副大臣 田中英之 衆議院/自由民主党(無派閥)
池田佳隆 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府副大臣兼任
厚生労働副大臣 古賀篤 衆議院/自由民主党(岸田派)
山本博司 参議院/公明党 内閣府副大臣兼任/留任
農林水産副大臣 武部新 衆議院/自由民主党(二階派)
中村裕之 衆議院/自由民主党(麻生派)
経済産業副大臣 細田健一 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府副大臣兼任
石井正弘 参議院/自由民主党(細田派) 内閣府副大臣兼任
国土交通副大臣 中山展宏 衆議院/自由民主党(麻生派)
渡辺猛之 参議院/自由民主党(旧竹下派) 復興、内閣府副大臣兼任/留任
環境副大臣 大岡敏孝 衆議院/自由民主党(二階派)
務台俊介 衆議院/自由民主党(麻生派) 内閣府副大臣兼任
防衛副大臣 鬼木誠 衆議院/自由民主党(石原派) 内閣府副大臣兼任

大臣政務官[編集]

2021年(令和3年)10月6日任命。

職名 氏名 出身等 備考
デジタル大臣政務官 山田太郎 参議院/自由民主党(無派閥) 内閣府大臣政務官兼任
復興大臣政務官 宗清皇一 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府大臣政務官兼任
高橋はるみ 参議院/自由民主党(細田派) 内閣府、文部科学大臣政務官兼任
岩田和親 衆議院/自由民主党(岸田派) 内閣府、経済産業大臣政務官兼任
泉田裕彦 衆議院/自由民主党(二階派) 内閣府、国土交通大臣政務官兼任
内閣府大臣政務官 山田太郎 参議院/自由民主党(無派閥) デジタル大臣政務官兼任
木村哲也 衆議院/自由民主党(無派閥)→
民間
小寺裕雄 衆議院/自由民主党(二階派)
島村大 参議院/自由民主党(無派閥) 厚生労働大臣政務官兼任
吉川有美 参議院/自由民主党(細田派) 経済産業大臣政務官兼任
穂坂泰 衆議院/自由民主党(無派閥) 環境大臣政務官兼任
大西宏幸 衆議院/自由民主党(岸田派)→
民間
防衛大臣政務官兼任
宗清皇一 衆議院/自由民主党(細田派) 復興大臣政務官兼任
泉田裕彦 衆議院/自由民主党(二階派) 復興、国土交通大臣政務官兼任
高橋はるみ 参議院/自由民主党(細田派) 復興、文部科学大臣政務官兼任
岩田和親 衆議院/自由民主党(岸田派) 復興、経済産業大臣政務官兼任
総務大臣政務官 鳩山二郎 衆議院/自由民主党(二階派)
渡辺孝一 衆議院/自由民主党(岸田派)
三浦靖 参議院/自由民主党(旧竹下派)
法務大臣政務官 加田裕之 参議院/自由民主党(細田派)
外務大臣政務官 上杉謙太郎 衆議院/自由民主党(細田派)
本田太郎 衆議院/自由民主党(無派閥)
三宅伸吾 参議院/自由民主党(無派閥)
財務大臣政務官 高村正大 衆議院/自由民主党(麻生派)
繁本護 衆議院/自由民主党(二階派)→
民間
文部科学大臣政務官 鰐淵洋子 衆議院/公明党
高橋はるみ 参議院/自由民主党(細田派) 復興、内閣府大臣政務官兼任
厚生労働大臣政務官 大隈和英 衆議院/自由民主党(麻生派)→
民間
島村大 参議院/自由民主党(無派閥) 内閣府大臣政務官兼任
農林水産大臣政務官 熊野正士 参議院/公明党
宮崎雅夫 参議院/自由民主党(二階派)
経済産業大臣政務官 吉川有美 参議院/自由民主党(細田派) 内閣府大臣政務官兼任
岩田和親 衆議院/自由民主党(岸田派) 復興、内閣府大臣政務官兼任
国土交通大臣政務官 加藤鮎子 衆議院/自由民主党(無派閥)
木村次郎 衆議院/自由民主党(細田派)
泉田裕彦 衆議院/自由民主党(二階派) 復興、内閣府大臣政務官兼任
環境大臣政務官 宮崎勝 参議院/公明党
穂坂泰 衆議院/自由民主党(無派閥) 内閣府大臣政務官兼任
防衛大臣政務官 岩本剛人 参議院/自由民主党(二階派)
大西宏幸 衆議院/自由民主党(岸田派)→
民間
内閣府大臣政務官兼任

首班指名選挙[編集]

2021年(令和3年)10月4日
第205臨時国会
内閣総理大臣指名選挙
過半数:233票(全465票中)
衆議院
被指名者 投票1回目
票数
チェック 岸田文雄
311 / 465
枝野幸男
124 / 465
片山虎之助
11 / 465
玉木雄一郎
11 / 465
高市早苗
1 / 465
棄権
2 / 465
欠席
5 / 465
出典[4]
2021年(令和3年)10月4日
第205臨時国会
内閣総理大臣指名選挙
過半数:123票(全245票中)
参議院
被指名者 投票1回目
票数
チェック 岸田文雄
141 / 245
枝野幸男
65 / 245
片山虎之助
15 / 245
玉木雄一郎
15 / 245
嘉田由紀子
2 / 245
渡辺喜美
2 / 245
伊藤孝恵
1 / 245
棄権
1 / 245
欠席
3 / 245
出典[5]

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。
※ 内閣官房副長官(政務)は副大臣に含む。
太字はいわゆる自民党五役
有隣会の所属議員は、他派閥と掛け持ちしている議員を含め衆参23名。
※ 慣例により形式的に派閥から離脱中の総理大臣、衆参議長、党幹部は派閥所属議員に含む。
名称 勢力 国務大臣 副大臣 政務官 補佐官 その他
細田派 96 4 6 6 0 総務会長参議院幹事長
無派閥 63 2 3 7 0 政務調査会長幹事長代行
麻生派 58 3 5 2 0 副総裁衆議院議長参議院議長幹事長
旧竹下派 51 5 3 1 0 参議院議員会長
公明党 57 1 3 3 0
二階派 47 2 2 6 0
岸田派 46 4 2 3 2 自由民主党総裁
有隣会 16 0 0 0 0 選挙対策委員長
石破派 15 0 1 0 0
石原派 10 0 1 0 0 国会対策委員長
民間 / 0 0 0 0
- / 21 26 28 2 /

内閣の動き[編集]

岸田首相は、この内閣を「新時代共創内閣」(しんじだいきょうそうないかく)と名付けた。

10月8日に、所信表明演説を行った[6]

直後の10月31日第49回衆議院議員総選挙の投開票が行われた。11月10日内閣総理大臣指名選挙の為の特別国会が召集され、日本国憲法第54条第1項の定めにより総辞職した。当内閣としての在任期間38日は、東久邇宮内閣の54日を下回り日本の憲政史上最も短いものとなった[7][注 1]

また、第49回衆議院議員総選挙において自由民主党幹事長である甘利明小選挙区で落選(比例代表にて復活当選)した責任を取って幹事長職を辞任したことにより、岸田首相は11月4日付で外務大臣の茂木敏充を後任の幹事長に任命、これに伴って茂木が外務大臣を辞任したため、岸田が第2次岸田内閣を組閣するまで外務大臣を兼務した[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 改造内閣を区別する場合、第2次田中角栄第2次改造内閣の29日が最短となる。

出典[編集]

  1. ^ 自公連立合意 外交安保で火種も 敵基地攻撃、人権外交”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2021年10月1日). 2021年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月4日閲覧。
  2. ^ 岸田政権誕生へ 国民を守り抜く首相たれ 信頼獲得へ政策遂行が重要だ”. 産経新聞社. 産経ニュース (2021年9月30日). 2021年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月3日閲覧。
  3. ^ 自民新総裁に岸田文雄氏 識者が分析した「勝因」と今後の政権”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2021年9月29日). 2021年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月3日閲覧。
  4. ^ 第205回国会 本会議 第1号(令和3年10月4日(月曜日))
  5. ^ 第205回国会2021年10月4日投票結果内閣総理大臣の指名
  6. ^ “新型コロナ、法改正で対応 岸田首相が初の所信表明演説”. 毎日新聞. (2021年10月8日). https://mainichi.jp/articles/20211008/k00/00m/010/117000c 2021年10月8日閲覧。 
  7. ^ 岸田新内閣は記念すべき100代目!歴代100内閣おさらい 伊藤博文から岸田文雄まで”. TBS NEWS (2021年10月4日). 2021年10月4日閲覧。
  8. ^ 茂木氏が自民党幹事長に就任 組閣まで首相が外相兼務”. 共同通信社 (2021年11月4日). 2021年11月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]