第1次松方内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第1次松方内閣
4 MatsukataM(cropped).jpg
内閣総理大臣 第4代 松方正義
成立年月日 1891年明治24年)5月6日
終了年月日 1892年(明治25年)8月8日
与党・支持基盤 藩閥内閣
施行した選挙 第2回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1891年(明治24年)12月25日
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次松方内閣(だいいちじ まつかたないかく)は、大蔵大臣松方正義が第4代内閣総理大臣に任命され、1891年明治24年)5月6日から1892年(明治25年)8月8日まで続いた日本の内閣である。

衆議院を初めて解散した内閣である。

内閣の顔ぶれ・人事[編集]

国務大臣[編集]

1891年(明治24年)5月6日任命[1]。在職日数461日。

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 4 松方正義 4 MatsukataM(cropped).jpg 薩摩藩
伯爵
内務、大蔵大臣兼任
外務大臣 3 青木周蔵 Aoki Shūzō.jpg 長州藩
子爵
留任
1891年5月29日[注釈 1][2]
4 榎本武揚 Enomoto Takeaki.jpg 幕臣
海軍中将
子爵
1891年5月29日任[2]
内務大臣 2 西郷従道 Saigo Judo 1-1.jpg 薩摩藩
陸軍中将
伯爵
留任
1891年6月1日[注釈 1][3]
3 品川弥二郎 Shinagawa Yajiro.jpg 旧長州藩
子爵
初入閣
1891年6月1日任[3]
1892年3月11日[注釈 2][4]
4 副島種臣 Taneomi Soejima NLD portrait.jpg 肥前藩
伯爵
初入閣
1892年3月11日任[4]
1892年6月8日[注釈 2][5]
5 松方正義 4 MatsukataM(cropped).jpg 旧薩摩藩
伯爵
内閣総理大臣、
大蔵大臣兼任
1892年6月8日兼[5]
1892年7月14日免兼[6]
6 河野敏鎌 Togama Kōno.jpg 土佐藩 司法大臣兼任 1892年7月14日兼[6]
大蔵大臣 1 松方正義 4 MatsukataM(cropped).jpg 薩摩藩
伯爵
内閣総理大臣、
内務大臣兼任
留任
陸軍大臣 1 大山巌 Oyama Iwao.jpg 旧薩摩藩
陸軍中将
伯爵
留任
1891年5月17日[注釈 2][7]
2 高島鞆之助 Takashima Tomonosuke 1-1.jpg 旧薩摩藩
子爵
初入閣
1891年5月17日任[7]
海軍大臣 2 樺山資紀 Sukenori Kabayama cropped.jpg 旧薩摩藩
海軍中将
子爵
留任
司法大臣 1 山田顕義 Yamada akiyoshi 1.jpg 旧長州藩
陸軍中将
伯爵
留任
1891年6月1日免[注釈 3][3]
2 田中不二麿 田中不二麿 (1845-1909).jpg 尾張藩
子爵
初入閣
1891年6月1日任[3]
1892年6月23日[8]
3 河野敏鎌 Togama Kōno.jpg 旧土佐藩 内務、農商務大臣兼任 1892年6月23日兼[8]
文部大臣 3 芳川顕正 Akimasa Yoshikawa cropped.jpg 徳島藩 留任
1891年6月1日免[3]
4 大木喬任 Oki Takato.jpg 旧肥前藩
伯爵
1891年6月1日任[3]
農商務大臣 6 陸奥宗光 Mutsu Munemitsu.jpg 紀伊藩
衆議院
無所属
留任
1892年3月14日[注釈 2][9]
7 河野敏鎌 Togama Kōno.jpg 旧土佐藩 司法大臣兼任 初入閣
1892年3月14日任[9]
1892年7月14日[6]
8 佐野常民 Viscount Sano.PNG 旧肥前藩
子爵
初入閣
1892年7月14日任[6]
逓信大臣 2 後藤象二郎 Goto Shojiro.jpg 旧土佐藩
伯爵
留任
班列 - 大木喬任 Oki Takato.jpg 旧肥前藩
伯爵
枢密院議長兼任 留任
1891年6月1日まで[注釈 4]
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

内閣書記官長・法制局長官[編集]

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣書記官長 3 周布公平 Sufu Kōhei.jpg 長州藩
貴族院
男爵
留任
1891年6月15日免[注釈 5][10]
4 平山成信 Hirayama Shigenobu.jpg 幕臣 1891年6月16日任[11]
法制局長官 2 井上毅 Inoue Kowashi.jpg 肥後藩 枢密顧問官兼任 事務引継
1891年5月8日免[12]
- (欠員) 1891年6月10日まで
3 尾崎三良 Ozaki Saburō.jpg 公家
三條家
1891年6月10日任[13]
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。

出身藩閥 国務大臣 その他
くげ公家 0 法制局長官
さつま薩摩藩 4 国務大臣のべ5
ちょうしゅう長州藩 2
とさ土佐藩 1
ひぜん肥前藩 1
ばくしん幕臣 0 内閣書記官長
その他の旧藩 2
10 国務大臣のべ11

内閣の動き[編集]

山縣有朋第1次山縣内閣)の後継総理として伊藤博文西郷従道山田顕義などの名前も挙げられたが、5月2日に松方正義に組閣の大命が下った。松方は、組閣にあたって前任者たちの全面協力無くしては引き受けられないと述べて全閣僚の留任を唱えて、総理就任の条件とした。そこで前内閣の閣僚が当面留任することになった。このため、民党からは「黒幕内閣」「二流内閣」と揶揄された。だが直後から辞意を表明する閣僚が続出し、更に大津事件が発生して責任を負って外務大臣司法大臣内務大臣などが辞意を表明するなどして、最終的には成立1か月に漸く海軍農商務逓信の3大臣以外は全て閣僚を差し替える人事が決定された。その結果、元勲級の閣僚が1人もいなくなり、薩長出身者が全閣僚の半数を割るなど、いつ倒れてもおかしくない状況になった。

かくして迎えた第2議会では、民党が前内閣が約束した「政費節減」の公約を果たさずに海軍予算の拡張を行おうとする政府を批判した。これに激怒した海軍大臣樺山資紀がいわゆる「蛮勇演説」を行って衆議院は空転、松方は12月25日に初めての衆議院解散を決断した。翌1892年2月15日第2回衆議院議員総選挙が行われたが、この際品川弥二郎内務大臣と白根専一同次官が中心となって大規模な選挙干渉を行って、民党関係者を中心に死者25名負傷者388名を出した。これに陸奥宗光農商務大臣が抗議して辞任(陸奥は解散以前は現職衆議院議員。今回は自身は出なかったが、弟分である岡崎邦輔(従弟)・星亨の推薦人であった)、品川も辞任した(後に親政府議員を結集して国民協会を結成する)。選挙後に召集された第三議会では民党による政府糾弾が行われ、親政府の筈の貴族院でさえも松方内閣との距離を置き始めた。更に内務省では選挙干渉の責任追及を行おうとした副島種臣新内務大臣が白根とこれを支持する安場保和船越衛地方官グループの策動で辞職に追い込まれた。6月に入ると、他の閣僚からも辞表提出者が相次ぎ、7月に白根・安場らの更迭が決定されると、同月27日には処分に消極的であった軍部大臣が揃って辞表を提出、これを見た松方は自らも辞表を提出したのである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 大津事件の引責辞任。
  2. ^ a b c d 同日付で枢密顧問官に就任。
  3. ^ 病気療養のため辞任。しかし実情は大津事件で犯人を死刑に処せとの明治天皇の指示に副えなかった引責辞任。
  4. ^ 文相に横滑り。
  5. ^ 同日付で兵庫県知事に就任。

出典[編集]

外部リンク[編集]