堀内光一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほりうち こういちろう
堀内 光一郎
生誕 (1960-09-17) 1960年9月17日(61歳)
日本の旗 日本 山梨県
出身校慶應義塾大学経済学部
職業実業家
配偶者堀内詔子

堀内 光一郎(ほりうち こういちろう、1960年昭和35年〉9月17日 - )は、日本実業家

富士急行株式会社代表取締役社長山梨中央銀行監査役テレビ山梨会長、山梨経済同友会副代表幹事、富士吉田商工会議所会頭[1]、社団法人日本バス協会前会長、富士五湖観光連盟会長、慶應義塾大学理事・評議員、山種美術館理事、日本スケート連盟理事、日本民営鉄道協会理事、根津美術館評議員、山階鳥類研究所評議員、身延山久遠寺信徒総代、軽井沢会監事、日本ホテル協会監事、恩賜財団母子愛育会愛育病院運営母体)評議員、名誉ソムリエ等を歴任。

経歴[編集]

家族・親族[編集]

系譜[編集]

  • 清和源氏甲斐源氏逸見氏堀内家の嫡流[2]。武田家家臣の子孫とその来歴について書かれた『甲陽重家録』によれば、逸見光長の四世孫の堀内長宗が建長のはじめに鎌倉街道金川筋上黒駒に移住し、武田家に臣従したという。
  • 身延山久遠寺の記録には、鎌倉期の1282年(弘安5年)9月11日(旧暦)、病を得て湯治に向かうため身延山を下りた日蓮が上黒駒の堀内長家宅に宿泊した、とある[3]。このように日蓮宗と関わりが深く、身延山久遠寺の信徒総代を良平から光一郎まで代々勤めている。
  • 上述のように先祖は鎌倉時代から代々甲斐守護大名の武田氏に仕え、武田信玄の元では、佐渡守(堀内政俊)、若狭守(堀内政豊)を拝任[2]川中島での戦功を称され宝刀を授与されたり、堀内政豊は三枚橋城の城将に任ぜられた[4]。なお、宝刀並びに鎧、陣笠などは当家に今も保管されているという[2]
  • 甲斐国志にも堀内家の記録が残されており、江戸時代には上黒駒周辺の名主を務めた、と書かれている。
    • 帰農した堀内政豊が上黒駒に移住してきた長宗と同じ藤右衛門を名乗るようになり、以降当主は代々”藤右衛門”の名を承継した。

親族[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林中
 
小林喬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内詔子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
林博太郎
 
林友春
 
絢子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内基光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
辻政信
 
英子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内光一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内良平
 
 
 
堀内一雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内光雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しげ
 
 
 
初子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内藤右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内義男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
きう
 
 
堀内喜太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内正夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内宗平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内宗孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内伝重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内藤政養
 
房子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 堀内光一郎 - 山梨県
  2. ^ a b c 山寺和夫 『甲陽重家録』株式会社西東京、昭和49年。 
  3. ^ 塩田道夫 『富士を拓く』堀内良平伝刊行委員会、1994年。 NCID BN11349951 
  4. ^ 日本の城探訪 三枚橋城/沼津城”. castlejp.web.fc2.com. 2021年4月5日閲覧。
  5. ^ 田中董策 (第8版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2020年10月25日閲覧。
  6. ^ 閨閥学 (2018年7月2日). “植村家(植村甲午郎・植村泰忠・植村澄三郎の家系図・子孫)” (日本語). 閨閥学. 2020年7月20日閲覧。
  7. ^ 閨閥学 (2019年7月15日). “古屋家(松屋社長・古屋勝彦・古屋浩吉・古屋徳兵衛の家系図)” (日本語). 閨閥学. 2020年7月20日閲覧。
  8. ^ 閨閥学 (2019年3月30日). “服部家(セイコー社長・服部真二・服部純一・服部礼次郎の家系図)” (日本語). 閨閥学. 2020年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]