第4次吉田内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第4次吉田内閣
The 4th cabinet of Yoshida Shigeru.JPG
内閣総理大臣 第50代 吉田茂
成立年月日 1952年(昭和27年)10月30日
終了年月日 1953年(昭和28年)5月21日
与党・支持基盤 自由党
施行した選挙 第26回衆議院議員総選挙
第3回参議院議員通常選挙
衆議院解散 1953年(昭和28年)3月14日
バカヤロー解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第4次吉田内閣(だいよじよしだないかく)は、吉田茂が第50代内閣総理大臣に任命され、1952年(昭和27年)10月30日から1953年(昭和28年)5月21日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

第4次内閣は大日本帝国憲法下での1900年明治33年)に伊藤博文明治天皇からの大命降下を受けて組閣した第4次伊藤内閣以来であり[1]日本国憲法下では初めてであった。また、この後第4次内閣を組閣した内閣は長らく存在しなかったが、65年後の2017年平成29年)に安倍晋三が第195回国会で首班指名を経て第4次安倍内閣を組閣した[1]

現在バカヤロー解散として知られる吉田の発言があったのが、この内閣の時である。第25回衆議院議員総選挙の結果発足した内閣だが、この発言によりわずか7か月足らずで解散となった。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

1952年(昭和27年)11月10日任命。

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]