第3次安倍内閣 (第2次改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第3次安倍第2次改造内閣
Abe Government 20160803 1.jpg
2016年(平成28年)8月3日
国務大臣任命式後の記念撮影
内閣総理大臣 第97代 安倍晋三
成立年月日 2016年平成28年)8月3日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
自公連立政権
日本のこころ閣外協力
第193回国会以降)
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第3次安倍第2次改造内閣(だいさんじあべだいにじかいぞうないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁安倍晋三が第97代内閣総理大臣に任命され、2016年平成28年)8月3日に成立した日本の内閣である。

自由民主党公明党による自公連立政権を形成する。また2017年(平成29年)の第193回国会以降、日本のこころ参議院で自由民主党との統一会派「自由民主党・こころ」を結成する。

内閣の顔ぶれ・人事について[編集]

第3次安倍内閣第1次改造内閣の閣僚19人のうち、8人が留任し、1人が横滑りした。前改造内閣と同様8人が初入閣である。平均年齢は60.8歳となり、前改造内閣を0.7歳上回った。最高齢者及び最年少者は前改造内閣と同人で、最高齢は麻生太郎で75歳、最年少は丸川珠代で45歳(いずれも発足時)。当選回数は、12回の麻生太郎が最多で、4回の稲田朋美が最少であった。なお、前改造同様、山東派、民間人の入閣はなかった[1][2]

また、同じ「山本」姓を持つ閣僚が3人誕生することとなった。それぞれ山本公一山本有二山本幸三であり、同じ姓であることに加え、氏名の末尾が「一」「二」「三」と順番になっていることでも注目された[3][注釈 1]

国務大臣[編集]

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣 Shinzō Abe April 2015.jpg 安倍晋三 衆議院
自由民主党
細田派
自由民主党総裁
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融担当)
Taro Aso cropped.jpg 麻生太郎 衆議院
自由民主党
麻生派
デフレ脱却担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第1位(副総理
留任
総務大臣
内閣府特命担当大臣
(マイナンバー制度)
Replace this image JA.svg 高市(山本)早苗 衆議院
自由民主党
(無派閥)
留任
法務大臣 Replace this image JA.svg 金田勝年 衆議院
自由民主党
額賀派
初入閣
外務大臣 Fumio Kishida cropped 2 John Kerry Fumio Kishida and Akitaka Saiki 20130414.jpg 岸田文雄 衆議院
自由民主党
岸田派
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位
留任
文部科学大臣 Replace this image JA.svg 松野博一 衆議院
自由民主党
(細田派)
教育再生担当 初入閣
厚生労働大臣 Yasuhisa Shiozaki cropped 3 Caroline Kennedy Penny Pritzker and Yasuhisa Shiozaki 20141020.jpg 塩崎恭久 衆議院
自由民主党
(無派閥)
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第5位
留任
農林水産大臣 Yamamoto Yuji 1-2.jpg 山本有二 衆議院
自由民主党
石破派
経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償・
廃炉等支援機構担当)
Hiroshige Seko.jpg 世耕弘成 参議院
自由民主党
(細田派)
産業競争力担当
ロシア経済分野協力担当
原子力経済被害担当
初入閣
国土交通大臣 Isii.jpg 石井啓一 衆議院
公明党
水循環政策担当 留任
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力防災担当)
Replace this image JA.svg 山本公一 衆議院
自由民主党
谷垣グループ
初入閣
防衛大臣 Tomomi Inada 20160622.jpg 稲田朋美 衆議院
自由民主党
(細田派)
内閣官房長官 Yoshihide Suga cropped 3 Joint Press Announcement of the Okinawa Consolidation Plan.jpg 菅義偉 衆議院
自由民主党
(無派閥)
沖縄基地負担軽減担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第2位
留任
復興大臣 Replace this image JA.svg 今村雅弘 衆議院
自由民主党
二階派
福島原発事故再生総括担当 初入閣
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全担当)
(防災担当)
Replace this image JA.svg 松本純 衆議院
自由民主党
(麻生派)
海洋政策・領土問題担当
国土強靱化担当
初入閣
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策担当)
(クールジャパン戦略担当)
(知的財産戦略担当)
(科学技術政策担当)
(宇宙政策担当)
Replace this image JA.svg 鶴保庸介 参議院
自由民主党
(二階派)
情報通信技術(IT)政策担当 初入閣
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策担当)
Nobuteru Ishihara cropped 3 Ishihara Nobuteru 2012.jpg 石原伸晃 衆議院
自由民主党
石原派
経済再生担当
社会保障一体改革担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第3位
留任
内閣府特命担当大臣
(少子化対策担当)
(男女共同参画担当)
Katsunobu Kato cropped 2 Shinzo Abe Mike Penning Katsunobu Kato and Keiichi Hayashi 20130616.jpg 加藤勝信 衆議院
自由民主党
(額賀派)
一億総活躍担当
働き方改革担当
女性活躍担当
再チャレンジ担当
拉致問題担当
留任
内閣府特命担当大臣
(地方創生担当)
(規制改革担当)
Kozo Yamamoto.jpg 山本幸三 衆議院
自由民主党
(岸田派)
まち・ひと・しごと創生担当
行政改革担当
国家公務員制度担当
初入閣
国務大臣 Marukawatamayo.png 丸川珠代 衆議院
自由民主党
(細田派)
東京オリンピック・ パラリンピック競技大会担当 横滑り

内閣官房副長官・内閣法制局長官[編集]

職名 氏名 所属等
内閣官房副長官 萩生田光一 衆議院自由民主党細田派)/内閣人事局
野上浩太郎 参議院/自由民主党(細田派)
杉田和博 内閣危機管理監
内閣法制局長官 横畠裕介 前内閣法制次長

副大臣[編集]

職名 氏名 所属
復興副大臣 橘慶一郎 衆議院自由民主党(無派閥)
復興副大臣 長沢広明 参議院公明党
内閣府副大臣 石原宏高 衆議院/自由民主党(石原派
内閣府副大臣 越智隆雄 衆議院/自由民主党(細田派
内閣府副大臣 松本洋平 衆議院/自由民主党(二階派
総務副大臣 原田憲治 衆議院/自由民主党(額賀派
総務副大臣
兼内閣府副大臣
赤間二郎 衆議院/自由民主党(麻生派
法務副大臣
兼内閣府副大臣
盛山正仁 衆議院/自由民主党(岸田派
外務副大臣 薗浦健太郎 衆議院/自由民主党(麻生派)
外務副大臣 岸信夫 衆議院/自由民主党(細田派)
財務副大臣 大塚拓 衆議院/自由民主党(細田派)
財務副大臣 木原稔 衆議院/自由民主党(額賀派)
文部科学副大臣 義家弘介 衆議院/自由民主党(細田派)
文部科学副大臣
兼内閣府副大臣
水落敏栄 参議院/自由民主党(岸田派)
厚生労働副大臣 橋本岳 衆議院/自由民主党(額賀派)
厚生労働副大臣 古屋範子 衆議院/公明党
農林水産副大臣 齋藤健 衆議院/自由民主党(石破派
農林水産副大臣 礒崎陽輔 参議院/自由民主党(細田派)
経済産業副大臣 松村祥史 参議院/自由民主党(額賀派)
経済産業副大臣
兼内閣府副大臣
高木陽介 衆議院/公明党
国土交通副大臣 田中良生 衆議院/自由民主党(無派閥)
国土交通副大臣
兼内閣府副大臣
兼復興副大臣
末松信介 参議院/自由民主党(細田派)
環境副大臣 関芳弘 衆議院/自由民主党(細田派)
環境副大臣
兼内閣府副大臣
伊藤忠彦 衆議院/自由民主党(二階派)
防衛副大臣
兼内閣府副大臣
若宮健嗣 衆議院/自由民主党(額賀派)

大臣政務官[編集]

職名 氏名 所属
内閣府大臣政務官 武村展英 衆議院自由民主党(無派閥)
内閣府大臣政務官 豊田俊郎 参議院/自由民主党(麻生派
内閣府大臣政務官
復興大臣政務官
務台俊介
2017年(平成29年)3月10日辞任
衆議院/自由民主党(麻生派)
内閣府大臣政務官
復興大臣政務官
長坂康正
2017年(平成29年)3月10日就任
衆議院/自由民主党(麻生派)
総務大臣政務官 金子恵美 衆議院/自由民主党(二階派
総務大臣政務官 冨樫博之 衆議院/自由民主党(石破派
総務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
島田三郎 参議院/自由民主党(無派閥)
法務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
井野俊郎 衆議院/自由民主党(額賀派
外務大臣政務官 小田原潔 衆議院/自由民主党(細田派
外務大臣政務官 武井俊輔 衆議院/自由民主党(岸田派
外務大臣政務官 滝沢求 参議院/自由民主党(山東派
財務大臣政務官 杉久武 参議院/公明党
財務大臣政務官 三木亨 参議院/自由民主党(二階派)
文部科学大臣政務官 樋口尚也 衆議院/公明党
文部科学大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官
田野瀬太道 衆議院/自由民主党(石原派
厚生労働大臣政務官 堀内詔子 衆議院/自由民主党(岸田派)
厚生労働大臣政務官 馬場成志 参議院/自由民主党(岸田派)
農林水産大臣政務官 細田健一 衆議院/自由民主党(細田派)
農林水産大臣政務官 矢倉克夫 参議院/公明党
経済産業大臣政務官 中川俊直 衆議院/自由民主党(無派閥)
経済産業大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官
井原巧 参議院/自由民主党(細田派)
国土交通大臣政務官 藤井比早之 衆議院/自由民主党(無派閥)
国土交通大臣政務官 大野泰正 参議院/自由民主党(細田派)
国土交通大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
根本幸典 衆議院/自由民主党(細田派)
環境大臣政務官 比嘉奈津美 衆議院/自由民主党(額賀派)
環境大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
井林辰憲 衆議院/自由民主党(麻生派)
防衛大臣政務官 小林鷹之 衆議院/自由民主党(二階派)
防衛大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
宮澤博行 衆議院/自由民主党(細田派)
  • 2016年(平成28年)8月5日任命[6][7]

内閣総理大臣補佐官[編集]

職名 氏名 所属等
内閣総理大臣補佐官
(ふるさとづくり推進及び文化外交担当)
河井克行 衆議院
自由民主党(無派閥)
内閣総理大臣補佐官
(国家安全保障に関する重要政策及び選挙制度担当)
柴山昌彦 衆議院
自由民主党(細田派
内閣総理大臣補佐官
(教育再生、少子化、その他国政の重要課題担当)
衛藤晟一 参議院
自由民主党(二階派
内閣総理大臣補佐官
(政策企画担当)
長谷川榮一 民間
内閣広報官
内閣総理大臣補佐官
(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地方創生並びに健康・医療に関する成長戦略担当)
和泉洋人 民間
内閣官房参与

全員が第3次安倍第1次改造内閣からの再任。

勢力早見表[編集]

名称 勢力 国務大臣 官房副長官 副大臣 政務官 補佐官 その他
細田派 98 5 2 7 5 1 参議院議長総務会長、幹事長代行、 参議院議員会長
無派閥 75 3 0 2 4 1
公明党 60 1 0 3 2 0
額賀派 51 2 0 5 2 0 政務調査会長国会対策委員長、参議院幹事長
岸田派 40 2 0 2 2 0
麻生派 39 2 0 2 3 0
二階派 38 2 0 2 3 1 幹事長選挙対策委員長
谷垣団 31 1 0 0 0 0
石破派 20 1 0 1 1 0
石原派 15 1 0 1 1 0
山東派 12 0 0 0 1 0 衆議院議長副総裁

[注釈 2]

内閣の動き[編集]

発足時[編集]

2016年(平成28年)8月3日、第3次安倍第2次改造内閣発足後の記者会見で、安倍は最優先課題を「経済」とした上で、アベノミクスの継続を宣言し、国内総生産戦後最高600兆円達成、希望出生率1.8の実現、介護離職ゼロを、3つの「的」と位置づけた。また、「一億総活躍」のために、長時間労働是正や、同一労働同一賃金の実現、最低賃金の引き上げなど働き方改革を課題として挙げた[8]

内政[編集]

「天皇陛下のお言葉」[編集]

8月8日、今上天皇は「次第に進む身体の衰えを考慮する時、象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。」「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じる。」などと、国民に向けて自身の「生前退位(皇太子への譲位)」の意向がにじんだ10分間程度のビデオメッセージを出した[9]。これも受けて政府内では、9月23日に内閣官房を事務局とする「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議[10]」の複数回による開催を決定した。

IR(統合型リゾート)推進法案[編集]

12月6日、カジノを中心とした統合型リゾート推進法案(カジノ法案)が衆議院本会議で可決、参議院に送付された。また14日には参議院本会議で統合型リゾート推進法案の修正案が自民党・日本維新会などの賛成多数で可決。前日に開催された参議院内閣委員会で法案が修正されたため、同日衆議院へ再送付された。

TPP関連法案[編集]

12月10日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案及び関連法案が衆議院本会議で採決され、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。しかし、アメリカトランプ大統領は選挙戦以来TPP離脱の方針を掲げており、2017年1月23日にはTPP離脱の大統領令に署名した。これにより国内では批准手続きはほぼ完了しているにも関わらずTPPの発効は絶望的となった。

安全保障[編集]

尖閣諸島周辺における中国船問題[編集]

8月6日、中国海警局の船6隻が沖縄県尖閣諸島周辺の接続水域(領海の外側)に入り、中国の漁船およそ230隻がその周辺を航行した[11]

外交[編集]

11月18日(日本時間)、安倍晋三首相はアメリカ大統領選挙で勝利したドナルド・トランプ次期大統領と異例の就任前の会談を行い、「信頼できる相手と確信した」などと述べた。なお、この会談は概ね高い評価を得た。

12月15日、安倍晋三首相とロシアウラジミール・プーチン大統領が安倍首相の地元である山口県で日露首脳会談を開催。翌16日にも、首相官邸で同会談を開催した。

12月27日、安倍晋三首相はアメリカバラク・オバマ大統領と共に日米開戦(太平洋戦争大東亜戦争)の発端地となったハワイ真珠湾を訪問し、真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊した。同訪問には、岸田文雄外務大臣、稲田朋美防衛大臣、萩生田光一内閣官房副長官、衛藤晟一内閣総理大臣補佐官、参議院自民党日ハワイ友好議員連盟の吉田博美会長、松山政司幹事長、堀井巌事務局長、キャロライン・ケネディ駐日米国大使、ハワイ州知事デービッド・イゲ、ジェリー・マルティネス在日米軍司令官他が同行した。

2017年1月9日、韓国釜山にある日本総領事館前への慰安婦像設置に対抗し、日本政府長嶺安政駐韓大使の一時帰国や、総領事館員の釜山市の行事参加の見送り、日韓スワップ協定再開の協議中断など複数の強行的な措置を取った。

2017年2月10日から2月11日にかけて、アメリカホワイトハウス日米首脳会談を開催。2日目にはフロリダ州にある、トランプ大統領が所有する別荘のゴルフ場でゴルフを2人で行った。この安倍首相の訪米では厚遇ぶりが注目され、「ゴルフ外交」とも言われた。

注釈[編集]

  1. ^ なお、総務大臣の高市早苗も戸籍名は山本早苗(旧姓:高市)のため、彼女も含めると、山本姓の閣僚は計4名となる
  2. ^ 2016年(平成28年)8月現在。なお谷垣グループには他派閥との掛け持ちをしている議員が8名所属している。ただし、いずれも政府の役職等には就いていない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

政策
出来事

外部リンク[編集]