石橋内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石橋内閣
Ishibashi cabinet.jpg
内閣総理大臣 第55代 石橋湛山
成立年月日 1956年(昭和31年)12月23日
終了年月日 1957年(昭和32年)2月25日
テンプレートを表示

石橋内閣(いしばしないかく)は、石橋湛山が第55代内閣総理大臣に任命され、1956年(昭和31年)12月23日から1957年(昭和32年)2月25日まで続いた日本の内閣である。

閣僚の人選が遅れたため、任命まで一時的に石橋が臨時代理の形で全ての閣僚を兼任した。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

1957年(昭和32年)1月30日任命。

その他[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第26回国会での内閣総理大臣施政方針演説は、岸信介外務大臣が代行した。

外部リンク[編集]