平井太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平井 太郎
ひらい たろう
生年月日 1905年7月17日
出生地 香川県木田郡田中村(現・三木町
没年月日 (1973-12-04) 1973年12月4日(68歳没)
出身校 明治大学専門部商科[1]
前職 香川県観光協会会長
所属政党 自由党→)
自由民主党
親族 長女の夫:平井卓志 元参議院議員
孫:平井卓也 衆議院議員
孫:平井龍司 四国新聞社 代表取締役

在任期間 1958年6月16日 - 1962年7月7日
議長 松野鶴平

日本の旗 第10-11代 郵政大臣
内閣 石橋内閣
第1次岸内閣
在任期間 1956年12月27日 - 1957年7月10日

選挙区 (全国区→)
香川県地方区
当選回数 4回
在任期間 1950年5月2日 - 1973年12月4日
テンプレートを表示

平井 太郎(ひらい たろう、1905年7月17日 - 1973年12月4日)は、日本の政治家、実業家参議院議員(4期連続当選)。

経歴[編集]

香川県木田郡田中村(現・三木町)出身。1928年、明治大学専門部商科卒業[1]。実家の建設業を継いだ後、香川県高松商工会議所会頭・四国商工会議所連合会会長・香川県観光協会会長等を歴任。

1950年第2回参議院議員通常選挙全国区自由党から立候補し初当選。1953年、自由党参議院幹事長1953年、ラジオ四国(後にラジオ香川に商号変更。現・西日本放送)を創設し、代表取締役社長に就任。のちに西日本放送会長となった。このほか四国新聞社社長・瀬戸内航空社長・四国電力取締役等を歴任。

1955年保守合同により自由民主党参議院議員となる。1956年第4回参議院議員通常選挙では香川県選挙区に転じて再選1956年から1957年まで石橋内閣及び第1次岸内閣郵政大臣を務める。1958年から1962年 参議院副議長。参議院では自民党参議院幹事長・自民党参議院議員会長も務めた。

1973年、参議院議員4期目在職中に死去。香川県木田郡三木町名誉町民。2004年、香川県の歴史や文化に貢献した人物として「讃岐の百人」に選定される。

人物[編集]

地元では第二次世界大戦後の香川県の産業界を牽引した人物の一人として著名である。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第2回参議院議員通常選挙 1950年6月4日 全国区 自由党 247,185 ' 21/? - -
第4回参議院議員通常選挙 1956年7月8日 香川県地方区 自由民主党 211,738 56.5 2/1 - -
第6回参議院議員通常選挙 1962年7月1日 香川県地方区 自由民主党 242,921 58.8 1/3 - -
第8回参議院議員通常選挙 1968年7月7日 香川県地方区 自由民主党 260,202 61.8 1/5 - -
当選回数4回 (参議院議員4)

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『明治大学校友会員名簿』661頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『明治大学校友会員名簿』(明治大学校友会本部、1935年)
  • 『政界・官庁人事録 1997年版』(東洋経済新報社
  • 『財界家系譜大観 第一版』(常盤書院


議会
先代:
寺尾豊
日本の旗 参議院副議長
第7・8代:1958年 - 1962年
次代:
重政庸徳
公職
先代:
村上勇
日本の旗 郵政大臣
第10・11代:1956年 - 1957年
次代:
田中角栄
党職
先代:
青木一男
自由民主党参院議員会長
第7代:1966年 - 1968年
次代:
郡祐一