第2次田中角栄内閣 (第2次改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第2次田中角栄第2次改造内閣
Kakuei Tanaka Cabinet 19741111.jpg
皇居での認証式を終えたのち官邸で恒例の記念撮影に臨む閣僚。
内閣総理大臣 第65代 田中角栄
成立年月日 1974年(昭和49年)11月11日
終了年月日 同年12月9日
与党・支持基盤 自由民主党
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第2次田中角栄第2次改造内閣(だいにじたなかかくえいだいにじかいぞうないかく)は、田中角栄が第65代内閣総理大臣に任命され、1974年(昭和49年)11月11日から同年12月9日まで続いた日本の内閣である。

第2次田中角栄第1次改造内閣改造内閣である[注 1]

概要[編集]

内閣改造を行った直後に田中金脈問題が政治問題化したため、改造して15日後の同年11月26日に田中首相は退陣を表明した。改造して28日後の同年12月9日に内閣は総辞職。これは改造後の退陣表明・総辞職の最短記録である。

1974年(昭和49年)11月18日からのジェラルド・R・フォード米大統領の訪日日程を終えたのが、花道となった。

改造して29日間しか存続しなかったため、短命閣僚も出てきた。防衛庁長官(現:防衛大臣)に就任したばかりだった宇野宗佑は離任式で「国を守る防衛長官がどうしてくるくる代わるのか」と話した。また江藤智運輸相、鹿島俊雄郵政相及び大久保武雄労働相は、この内閣で初入閣したが、総辞職後に再入閣することがなかったため、わずか29日間しか閣僚を経験していない。

閣僚[編集]


政務次官[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 改造内閣を区別する場合、内閣制度発足後現在に至るまで本内閣が最短となる。区別しない場合は第1次岸田内閣が2022年現在、史上最短の内閣である(ただし岸田は第1次内閣総辞職後、総理に再任命されている。また内閣総理大臣としての在職日数は東久邇宮稔彦王の52日が最短となる。)

出典[編集]

外部リンク[編集]