第3次桂内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第3次桂内閣
Tarō Katsura cropped.jpg
内閣総理大臣 第15代 桂太郎
成立年月日 1912年大正元年)12月21日
終了年月日 1913年(大正2年)2月20日
与党・支持基盤官僚内閣
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第3次桂内閣(だいさんじ かつらないかく)は、元老内大臣侍従長桂太郎が第15代内閣総理大臣に任命され、1912年大正元年)12月21日から1913年(大正2年)2月20日まで続いた日本の内閣である。

在任期間は62日間で、東久邇宮内閣(54日間)に次いで史上第2位の短命内閣であるが、第1次第2次を含めた場合、歴代内閣史上最長の在任期間である。

内閣の顔ぶれ・人事[編集]

国務大臣[編集]

1912年(大正元年)12月21日任命[1]。在職日数62日(第1次、2次、3次通算2,886日)。

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 15 桂太郎 Tarō Katsura cropped.jpg 陸軍大将
公爵
外務大臣兼任
外務大臣  17 桂太郎 Tarō Katsura cropped.jpg 陸軍大将
公爵
内閣総理大臣兼任 1913年1月29日免兼[2]
18 加藤高明 Takaaki Kato.jpg 外務省
男爵
1913年1月29日任[2]
内務大臣 24 大浦兼武 大浦兼武 肖像写真.jpg 貴族院
無所属
茶話会
陸軍中尉
子爵
大蔵大臣 15 若槻禮次郎 Reijiro Wakatsuki posing cropped.jpg 大蔵省 初入閣
陸軍大臣 10 木越安綱 Kigoshi Yasutsuna.jpg 陸軍中将
陸士旧1期
男爵
初入閣
海軍大臣 6 斎藤実 Makoto Saito.jpg 海軍大将
海兵6期
男爵
留任
司法大臣 17 松室致 Matsumuro Itasu.jpg 司法省 初入閣
文部大臣 23 柴田家門 Kamon Shibata cropped.jpg 貴族院
無所属
(茶話会)
初入閣
農商務大臣 23 仲小路廉 Nakashouji Ren.jpg 貴族院
無所属
初入閣
逓信大臣 20 後藤新平 Shimpei Gotō.jpg 内務省
男爵
鉄道院総裁拓殖局総裁
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

内閣書記官長・法制局長官[編集]

1912年(大正元年)12月21日任命[3]

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣書記官長 17 江木翼 Tasuku egi.jpg 内務省
法制局長官 14 一木喜徳郎 Kitokuro Ichiki cropped Kitokuro Ichiki Dai Nippon Hotokusha.jpg 貴族院
無所属
内閣恩給局長
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。

出身 国務大臣 その他
きぞくいん貴族院[注釈 1] 3 法制局長官
ぐんぶ軍部 3 国務大臣のべ4
かんりょう官僚 3 内閣書記官長
その他 0
9 国務大臣のべ10

内閣の動き[編集]

これまで「桂園時代」と呼ばれて桂太郎西園寺公望が交替して政権を担当しており、順番からすれば桂が推挙される筈であったが、この頃、桂と山縣有朋の確執が深刻化し、4ヶ月前の大正天皇践祚を機に内大臣侍従長に祭り上げられていた。そのため、元老の中から松方正義が推されたが78歳であることを理由に辞退し、山本権兵衛平田東助も組閣の自信がないとして辞退した。このため、山縣もやむなく桂を再度推挙することとした。桂は山縣には依存せず、自前の官僚勢力による組閣を行い、斎藤実海軍大臣を優詔をもって留任させた。だが、桂が構想した反立憲政友会各党の合同による「桂新党」構想を山縣は認める気は無く、一方政局の暗部を知らない国民は桂が前の在任の時のように政権復帰の野心があり、西園寺前内閣の崩壊も彼の策動とみなした。

かくして「憲政擁護・門閥打破」を掲げた憲政擁護運動が始まり、これに対抗して桂は山縣の反対を無視して新党構想を掲げて伊藤博文の立憲政友会結成の例に倣おうとした。だが、尾崎行雄内閣不信任案趣旨説明演説を機に桂が帝国議会停会を命じたことから議事堂は群衆に囲まれる。大正天皇の詔書を立憲政友会に下して内閣に協力させようとしたが、総裁の西園寺の説得にも関わらず党議によって拒絶される。結局桂は停会の延長を命じたところ、議事堂を囲む群集は激昂して東京市内は大混乱に陥った。衆議院議長大岡育造の説得を受けた桂は内閣総辞職を決断した(大正政変)。

直後に桂は病に倒れて死去、新党立憲同志会の船出を見ることも無かった。一方、一連の混乱の発端であった山縣の地位は揺らぐことが無かった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大浦兼武は警視庁警部として抜刀隊を率いた功で陸軍中尉に任じられたため、正式な軍人ではない。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]