郵政大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本
郵政大臣
ゆうせいだいじん
Postal Mark (Japan).svg
郵便徽章
担当官庁 郵政省
初代 小澤佐重喜
創設 1949年昭和24年)6月1日
廃止 2001年平成13年)1月6日
テンプレートを表示

郵政大臣(ゆうせいだいじん)は、2001年平成13年)1月6日中央省庁再編前まで、日本の中央省庁として存在した郵政省の長である。国務大臣をもって充てられた。

歴代の郵政大臣[編集]

  • 辞令のある再任は代として数え、辞令のない留任は数えない。
  • 太字は後に内閣総理大臣となった人物
  • 臨時代理は大臣を欠いた場合のみ記載し、海外出張等の一時不在代理は記載しない。
  • 兼務等欄に記載の「内閣総理大臣」は、臨時代理でなく正規に郵政大臣として兼務したことを示す。
  • 田中角栄が郵政族のドンとして君臨し、田中派の牙城であったため、自民党政権下においては大半が田中派及び竹下派が占めていた。
  • 2001年(平成13年)1月6日の中央省庁再編により、郵政省は自治省及び総務庁と統合して総務省となったことで、以後は総務大臣がこの職掌を引き継いでいる。
郵政大臣 内閣 就任日 備考
01 小沢佐重喜 第3次吉田内閣 1949年(昭和24年)6月1日 電気通信大臣を兼任
02 田村文吉 第3次吉田内閣第1次改造内閣 1950年(昭和25年)6月28日 電気通信大臣を兼任
03 佐藤栄作 第3次吉田内閣第2次改造内閣 1951年(昭和26年)7月4日 電気通信大臣を兼任 〜1952年(昭和27年)8月1日まで
第3次吉田内閣第3次改造内閣
04 高瀬荘太郎 第4次吉田内閣 1952年(昭和27年)10月30日
05 塚田十一郎 第5次吉田内閣 1953年(昭和28年)5月21日 行政管理庁長官・自治庁長官を兼任
06 武知勇記 第1次鳩山一郎内閣 1954年(昭和29年)12月10日
07 松田竹千代 第2次鳩山一郎内閣 1955年(昭和30年)3月19日
08 村上勇 第3次鳩山一郎内閣 1955年(昭和30年)11月22日
0 石橋湛山 石橋内閣 1956年(昭和31年)12月23日 内閣総理大臣による臨時代理
09 1956年(昭和31年)12月23日 内閣総理大臣による兼任
10 平井太郎 1956年(昭和31年)12月27日
11 第1次岸内閣 1957年(昭和32年)2月25日
12 田中角栄 第1次岸内閣改造内閣 1957年(昭和32年)7月10日
13 寺尾豊 第2次岸内閣 1958年(昭和33年)6月12日
14 植竹春彦 第2次岸内閣改造内閣 1959年(昭和34年)6月18日
15 鈴木善幸 第1次池田内閣 1960年(昭和35年)7月19日
16 小金義照 第2次池田内閣 1960年(昭和35年)12月8日
17 迫水久常 第2次池田内閣第1次改造内閣 1961年(昭和36年)7月18日
18 手島栄 第2次池田内閣第2次改造内閣 1962年(昭和37年)7月18日
19 小沢久太郎 1963年(昭和38年)1月8日
20 古池信三 第2次池田内閣第3次改造内閣 1963年(昭和38年)7月18日
21 第3次池田内閣 1963年(昭和38年)12月9日
22 徳安実蔵 第3次池田内閣改造内閣 1964年(昭和39年)7月18日
23 第1次佐藤内閣 1964年(昭和39年)11月9日
24 郡祐一 第1次佐藤内閣第1次改造内閣 1965年(昭和40年)6月3日
25 新谷寅三郎 第1次佐藤内閣第2次改造内閣 1966年(昭和41年)8月1日
26 小林武治 第1次佐藤内閣第3次改造内閣 1966年(昭和41年)12月3日
27 第2次佐藤内閣 1967年(昭和42年)2月17日
第2次佐藤内閣第1次改造内閣
28 河本敏夫 第2次佐藤内閣第2次改造内閣 1968年(昭和43年)11月30日
29 井出一太郎 第3次佐藤内閣 1970年(昭和45年)1月14日
30 広瀬正雄 第3次佐藤内閣改造内閣 1971年(昭和46年)7月5日
0 田中角栄 第1次田中角栄内閣 1972年(昭和47年)7月7日 内閣総理大臣による臨時代理
31 三池信 1972年(昭和47年)7月12日
32 久野忠治 第2次田中角栄内閣 1972年(昭和47年)12月22日
33 原田憲 第2次田中角栄内閣第1次改造内閣 1973年(昭和48年)11月25日
34 鹿島俊雄 第2次田中角栄内閣第2次改造内閣 1974年(昭和49年)11月11日
35 村上勇 三木内閣 1974年(昭和49年)12月9日
36 福田篤泰 三木改造内閣 1976年(昭和51年)9月15日
37 小宮山重四郎 福田赳夫内閣 1976年(昭和51年)12月14日
38 服部安司 福田赳夫改造内閣 1977年(昭和52年)11月28日
39 白浜仁吉 第1次大平内閣 1978年(昭和53年)12月7日
40 大西正男 第2次大平内閣 1979年(昭和54年)11月9日
41 山内一郎 鈴木善幸内閣 1980年(昭和55年)7月17日
42 箕輪登 鈴木善幸改造内閣 1981年(昭和56年)11月30日
43 檜垣徳太郎 第1次中曽根内閣 1982年(昭和57年)11月27日
44 奥田敬和 第2次中曽根内閣 1983年(昭和58年)12月27日
45 左藤恵 第2次中曽根内閣第1次改造内閣 1984年(昭和59年)11月1日
46 佐藤文生 第2次中曽根内閣第2次改造内閣 1985年(昭和60年)12月28日
47 唐沢俊二郎 第3次中曽根内閣 1986年(昭和61年)7月22日
48 中山正暉 竹下内閣 1987年(昭和62年)11月6日
49 片岡清一 竹下改造内閣 1988年(昭和63年)12月27日
50 村岡兼造 宇野内閣 1989年(平成元年)6月3日
51 大石千八 第1次海部内閣 1989年(平成元年)8月10日
52 深谷隆司 第2次海部内閣 1990年(平成2年)2月28日
53 関谷勝嗣 第2次海部内閣改造内閣 1990年(平成2年)12月29日
54 渡辺秀央 宮沢内閣 1991年(平成3年)11月5日
55 小泉純一郎 宮沢改造内閣 1992年(平成4年)12月12日
56 宮沢喜一 1993年(平成5年)7月20日 内閣総理大臣による兼任
57 神崎武法 細川内閣 1993年(平成5年)8月9日
0 羽田孜 羽田内閣 1994年(平成6年)4月28日 内閣総理大臣による臨時代理
58 日笠勝之 1994年(平成6年)4月28日
59 大出俊 村山内閣 1994年(平成6年)6月30日
60 井上一成 村山改造内閣 1995年(平成7年)8月8日
61 日野市朗 第1次橋本内閣 1996年(平成8年)1月11日
62 堀之内久男 第2次橋本内閣 1996年(平成8年)11月7日
63 自見庄三郎 第2次橋本改造内閣 1997年(平成9年)9月11日
64 野田聖子 小渕内閣 1998年(平成10年)7月30日
小渕内閣第1次改造内閣
65 前島英三郎
(八代英太)
小渕内閣第2次改造内閣 1999年(平成11年)10月5日
66 第1次森内閣 2000年(平成12年)4月5日
67 平林鴻三 第2次森内閣 2000年(平成12年)7月4日
68 片山虎之助 第2次森内閣改造内閣(中央省庁再編前) 2000年(平12年)12月5日 自治大臣・総務庁長官を兼任
郵政省・自治省・総務庁を統合して総務省を設置 2001年(平成13年)1月6日 総務大臣が職掌を継承

関連項目[編集]