八木一郎 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

八木 一郎(やぎ いちろう、1901年7月23日 - 1990年2月25日)は、日本政治家参議院議員(4期)、衆議院議員(5期)。

経歴[編集]

愛知県豊橋市出身[1]東京高等蚕糸学校卒業。

1947年第23回衆議院議員総選挙愛知5区民主党から出馬し、初当選。5期務める。1957年第1次岸内閣農林政務次官を務める。1960年第29回衆議院議員総選挙で落選。

1963年の参議院に鞍替え出馬して、杉浦武雄死去に伴う第6回参議院議員通常選挙愛知県選挙区補欠選挙で初当選。4期務める。

1972年、勲一等瑞宝章受章。

1983年、第13回参議院議員通常選挙に出馬せず、政界引退。

1984年、勲一等旭日大綬章受章。1990年2月25日、死去。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 八木 一郎 (ヤギ イチロウ)”. コトバンク. 2018年12月12日閲覧。
議会
先代
大谷藤之助
日本の旗 参議院予算委員長
1976年 - 1977年
次代
小川半次
先代
松平勇雄
日本の旗 参議院外務委員長
1971年 - 1972年
次代
平島敏夫
先代
金丸冨夫
日本の旗 参議院商工委員長
1969年 - 1970年
次代
村上春蔵
先代
木村公平
日本の旗 衆議院内閣委員長
1951年 - 1952年
次代
船田中