竹中修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竹中 修一(たけなか しゅういち、1918年4月20日 - 1997年7月31日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(5期)。青森県出身。経世会所属であった。

経歴[編集]

青森県青森市出身。弘前高等学校を経て、東北帝国大学法文学部卒。青森ガス社長を経て、1967年の第31回衆議院議員総選挙青森1区(4人区)に無所属で立候補するが、落選。1972年の第33回衆議院議員総選挙で自由民主党から立候補し、初当選。以後5期務める。1977年の福田赳夫内閣 (改造)では防衛政務次官。1979年の第2次大平内閣では建設政務次官。1990年の第39回衆議院議員総選挙で落選し、政界引退。この選挙では、自由民主党は、青森1区に4人擁立した。同年、勲二等旭日重光章を受章。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、新進党公認候補の工藤隆一とは親戚関係ではあったが、自由民主党の津島雄二の選対本部長を務めた[1]。翌1997年死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]


議会
先代:
石川要三
日本の旗 衆議院内閣委員長
1987年 - 1988年
次代:
玉生孝久